手作業でトンネルを開通させた「ゼメリング鉄道」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はオーストリアの「ゼメリング鉄道」をご紹介します。


オーストリアの「ゼメリング鉄道」ってこんなところ

オーストリアの「ゼメリング鉄道」ってこんなところ

グロッグニッツ駅から途中ゼメリング駅を経由し、ミュルツツーシュラーク駅に至る。
世界初の山岳鉄道として知られるが、他山岳鉄道同様、走行時の地勢の険しさや高低差も特筆に値する。
ヨーロッパで最初に国際標準軌を採用した鉄道であり、鉄道自体も今なお稼働している。
走行距離は全長41.825キロ、高低差は460メートルになる。
建設期間は1848年から1854年までの6年間である。
(by Wikipedia

センメリング鉄道の住所・アクセスや営業時間など

名称 センメリング鉄道
住所 2680 Berndorf, Austria
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.austria.info/jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

センメリング鉄道のスポットページ

ゼメリング鉄道とは?

ゼメリング鉄道とは?
オーストリアの首都ウィーンの南西、アルプスのゼメリング峠を通る世界初の山岳鉄道がゼメリング鉄道です。
グログニッツ‐ミュルツツーシュラーク間の約42㎞を走り、その線路はいたりあのヴェネツィアやクロアチアのザグレブまでつながっています。

鉄道ができるまでは馬車での往来でしたが、アルプスを越えるのは大変でした。
そこで鉄道を通そうということになったのです。
建設期間は1848年から1854年までの6年間だったそうです。

しかし、勾配やカーブをどうするかが問題でした。
そこで、設計者のカール・リッター・フォン・ゲーガは機関車の開発と共に最新技術を導入しました。
そしてアルプスの自然と調和する線路の敷設を行ったのです。
この点が世界遺産登録の上で高く評価されました。

ゼメリング鉄道の恩恵

ゼメリング鉄道の恩恵
ゲーガたちの苦労により1854年に開通したゼメリング鉄道は、42㎞の間にトンネル14ヶ所、高架橋16ヶ所、石橋100ヶ所、鉄橋11ヶ所が造られました。

日本はまだ黒船来航の頃ですから、それを考えると驚異的なことですね。
とはいえ当時はまだダイナマイトも発明されておらず、トンネルはすべて手作業で掘られました。
馬車での通行すら大変な場所で作業を行ったわけですから、本当に頭が下がります。

ゼメリング鉄道が開通すると、ウィーンと地中海世界が結ばれることになりました。
これは物の流れにも大きな影響を与え、文化が生まれました。
港からコーヒーが運ばれ、ウィーンのカフェ文化が花開くきっかけとなったのです。

ゼメリング鉄道の出発地:グログニッツ

ゼメリング鉄道の出発地:グログニッツ
ウィーンの南約75㎞の地点にある、人口約5600人ほどのグログニッツは、ゆったりとした時間が流れる穏やかな町です。

周辺を「ウィーン子の山」と呼ばれるラックスやシュネーベルクといった山々に囲まれており、古くからウィーン近郊の人々に親しまれています。

次のページでは『ウィーンの軽井沢:ゼメリング』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

オーストリアの記事を見る

歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
パプスブルク家の悲しみの皇妃!「バイエルンのバラ」と称された、最後の皇妃エリザベートの物語
西洋音楽史上で最も偉大な音楽家「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の生涯・エピソード
初めてのウィーンを旅行するなら必見!ハプスブルク家の足跡を巡るスポット7選
しきたりも人も大嫌い!だけど絶世の美女・皇妃エリザベート
オーストリア「インスブルック」観光で是非とも見たい歴史的スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
オーストリア観光なら次はここ!「クラーゲンフルト」で見たい絶景10選
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった