デンマークの歴史を見届けてきた「クロンボー城」が壮観!

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はデンマーク「クロンボー城」をご紹介します。






デンマーク「クロンボー城」ってこんなところ

デンマーク「クロンボー城」ってこんなところ

Kronborg Castleの住所・アクセスや営業時間など

名称 Kronborg Castle
住所 Kronborg 2C, 3000 Helsingør
営業時間・開場時間 10:00-17:30
利用料金や入場料 90DKK
参考サイト http://kongeligeslotte.dk/en/palaces-and-gardens/kronborg-castle.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Kronborg Castleのスポットページ

「ハムレット」の舞台、クロンボー城

「ハムレット」の舞台、クロンボー城
デンマークのシェラン島北東部、ヘルシンゲルにある古城クロンボー城は、首都コペンハーゲンから列車で1時間ほどの所です。
駅からも建物が良く見えるので、迷うことはないでしょう。
ちなみに、「ボー」自体にデンマーク語で「城」という意味があるので、デンマークの人たちは単にクロンボーと呼ぶそうですよ。
エーレスンド海峡を臨む岬に立つ城塞からは、対岸にスウェーデンが見えます。
船が行き来しているので、簡単にスウェーデン観光にも行けるのが魅力です。

クロンボー城はシェークスピアの四大悲劇のひとつ「ハムレット」の舞台となりました。
「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」という台詞が有名な戯曲ですね。







クロンボー城の歴史

クロンボー城の歴史
1420年代、デンマークを強国へ押し上げたデンマーク・スウェーデン・ノルウェー間のカルマル同盟の盟主エーリク7世の時代にクロンボー城の前身となる砦が造られました。
エーレスンド海峡を通行する船から税を徴収する目的があったのです。
しかし1585年、フレゼリク2世が砦を大改造します。
要塞機能を強化し、王宮としても使えるようにして生まれ変わらせ、この頃からクロンボー城と呼ばれるようになりました。
赤レンガ造りの重厚さと、ルネサンスの影響が色濃く見えます。

1629年に火災で焼失後、再建されます。
しかしスウェーデンの侵略に遭い、デンマーク返還後もしばらく放置されたため、改修して現在の姿となりました。

華麗さと重厚さの共存

華麗さと重厚さの共存
クロンボー城はまず城塞機能を重要視されたため、周囲に濠が設けられました。
多角形の複雑な形をし、まるで函館の五稜郭のような見た目をしています。

海峡に向けて砲台がずらりと並んでおり、常に敵国を意識した情勢だったことがわかりますね。

関連記事を見る

デンマークの記事を見る

「レゴブロック」を生み出した世界的メーカー「レゴ」が歩んできた歴史とは?
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
デンマーク旅行なら「チボリ公園」は外せない!料金や営業時間、見どころは?
コペンハーゲン観光なら「ラウンドタワー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
デンマーク旅行なら「レゴランド」は外せない!行き方、お土産、見どころは?
デンマーク観光といえばここ!「コペンハーゲン」で行くべき絶景スポット10選
オペラハウスに、カラフルな港町ニューハウン…デンマーク・コペンハーゲン観光の見どころ・スポットまとめ
RPGに出てきそうな清廉なお城、デンマーク、フレデリクスボー城の魅力に迫る
チボリ公園に、人魚姫の像…デンマーク・コペンハーゲンの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ
あなたがきっと知らないデンマークの絶景ビーチ。不思議な現象が起きる最果ての地、スカーゲン・ビーチ
大自然の神秘…デンマークで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景
女子旅で必見!デザイン大国デンマーク・コペンハーゲンで見つけた「kawaii10選」