絶景と歴史地区が隣接する「マカオ」のポルトガル統治時代からこれまで

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「マカオ歴史地区」をご紹介します。


マカオ歴史地区ってこんなところ

マカオ歴史地区ってこんなところ

Historic Centre of Macauの住所・アクセスや営業時間など

名称 Historic Centre of Macau
住所 澳門旧城区歴史城区
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 無料 
参考サイト http://www.macauheritage.net/wh/mhfileE.asp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Historic Centre of Macauのスポットページ

マカオ歴史地区とは?

マカオ歴史地区とは?
世界有数のカジノを有する都市として有名な中国のマカオは、16世紀半ばから1999年までポルトガル統治下にありました。
その際に建てられた建造物や広場のうち、30ヶ所が「マカオ歴史地区」として世界遺産に登録されています。
明代に東西貿易の中継地として、かつ東アジアでのキリスト教布教拠点としてポルトガル領となったマカオには、ポルトガル人などの外国人が城壁内に住宅や公共建築を造りました。
そして彼らは街を「神の名の街」と呼んだのです。

1999年に中国に返還されると、香港と同様に独自の法律と自治権を有する特別行政都市となりました。
東洋と西洋が融合した街は、中国本国とは違う趣があります。

マカオの象徴:聖ポール天主堂跡とセナド広場

マカオの象徴:聖ポール天主堂跡とセナド広場
マカオ歴史地区の中でも最も象徴的な建物が、17世紀に造られた聖ポール天主堂の跡です。
1835年の火災により、今はファサードと呼ばれる正面部分と地下納骨堂のみが残されています。
建設には本国から追放された日本人キリシタンも関わっており、漢字や菊の彫刻がファサードに残されています。
納骨堂にも遺骨が納められているそうです。
幾つかある広場の中ではセナド広場が有名です。
波模様の石畳(カルサーダス)が美しく、中心に噴水があり人々が集います。
多く建造物にも近く、ポルトガルの青いタイル「アズレージョ」が残るマカオ地方自治局「民政総署」やヨーロッパ風の白亜の建物「仁慈堂」などが面しています。

キリスト教布教の中心地として:大堂

キリスト教布教の中心地として:大堂
マカオのカトリック教会の中心である大堂(カテドラル)は、17世紀に造られました。

昔はここから海を眺め、船乗りの妻は夫の帰りを待ったそうです。
そのため「望人寺(人待ち寺)」と呼ばれました。

次のページでは『貴重な中国風の建物:鄭家屋敷と媽閣廟』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

マカオの記事を見る

【マカオの歴史】ヨーロピアンな香り漂うマカオの歴史は、やっぱり摩訶不思議!
マカオ観光に行ったら絶対見たい観光スポット10選
食べ歩きしがら世界遺産巡り♪「マカオ歴史地区」のおすすめ観光スポット&グルメ
【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ
【旅行体験記】香港、マカオの熱気に包まれて…オープントップバスに揺られ夜と昼の顔を満喫
洋・中が織りなす不思議な街並みのマカオ「タイパ村」で見るマニアック・チャイナ