現在も30万人住むアメリカ先住民族、アンテロープキャニオンとナバホ族

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はアメリカにあるアンテロープキャニオンと、ナバホ族をご紹介します。

アメリカにあるアンテロープキャニオンってこんなところ

ナバホ族が今でも大切に守る人気観光地アンテロープキャニオン

アリゾナ州のベージ近郊にある、先住民ナバホ族の土地にある幅の狭い渓谷。
アメリカ南西部では最も写真家や観光客が集まる人気の観光地です。
現在もここはナバホ族が約30万人住む住居区域であり、彼らの管理する公園で、重要な観光資源となっています。

現在も勝手に入ることはできず、数社がツアーを催行しているのでパウエル博物館で希望時間に応じてツアーを紹介してもらい訪れることが可能です。
また、直接現地に行ってガイドを頼むことも可能です。
(??25~30 キャッシュのみ)

ここの地形は独特で鉄砲水が起きやすい場所でもあり、鉄砲水が起こったら「一巻の終わり」と、非常に危険なので入場規制されているという理由もあるようです。
それでは、大人気のアンテロープキャニオンとナバホ族についてご紹介したいと思います。







アンテロープキャニオンの始まり

このアンテロープキャニオンは2つの岩層からなっています。
意外に観光しやすいと人気のアッパー・アンテロープ・キャニオンとロアー・アンテロープ・キャニオンの2つがあります。

1931年にナバホ族の少女が、この壮麗で流れるように美しい巨大な大地の割れ目を発見しました。
これが、現在ロアー・パンテロープ・キャニオンと呼ばれている場所でした。
まもなくしてアッパーと呼ばれる巨大な山の裂け目を見つけました。
この発見がこの人気観光地の始まりです。

何百年もの月日をかけて地層が形成され、鉄砲水が主ですが風成りの浸食も関係しています。
周辺一帯は砂漠気候のため年間を通じて乾燥しています。
モンスーンの時期にはスコールが起こり、その雨水が鉄砲水となって一気に押し寄せます。
この自然現象は毎年キャニオンの様子を変化させ、年によっては通り抜けられないほど狭くなったり、10人もの人が入れるくらいに大きくなったり、神秘的な景観を見せてくれます。

迫害と抹殺の歴史の中で生き抜いたナバホ族の苦悩

ナバホとはテワ・プエブロ族の言葉で、「涸れ谷の耕作地」という意味。
保留地は、アリゾナ州北東部からニューメキシコ州西部、ユタとコロラドの4つの神聖な山々の境界にまたがる砂漠地帯で、アメリカでも最大の保留地を持っているのです。

この地域の特徴としては、スペイン、メキシコなどを相手に奪略襲撃を繰り返し、1846年には合衆国の白人入植者も加わりました。
アパッチ族やナバホ族の頭皮一枚につき10ドルの報奨金をつけて撲滅を図ったのです。
合衆国は西部への植民地化の拡大のために、年金(食料や物資)の支給と引き換えに和平条約に成功。
しかし、南北戦争が激化し約束が反故になり、その結果インディアン戦争が起こりました。
1849年にナバホ族の戦士ナーボナが米軍に殺され関係はさらに悪化。

次のページでは『アッパー・アンテロープ・キャニオンの魅力』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語