世界一の迷宮都市の名は伊達じゃない!フェズ(モロッコの迷宮都市)

フェズ・エル・ジェディドにはメラーと呼ばれる旧ユダヤ人街があります。
キリスト教徒の国土回復運動によりイベリア半島のイスラム教徒は南へと引き上げましたが、ユダヤ教徒も共に移動し、フェズに定住したのです。
白漆喰で石造りの家はイスラムのものとは違い、木製バルコニーがついていてかわいい雰囲気もあります。

王家断絶の危機から生まれた名君

788年にモロッコに開かれたイスラム王朝イドリース朝の始祖イドリース1世は、戦いに敗れてメッカからこの地へ逃げてきました。
そして、この地域に多く住むベルベル人の協力を取り付け、王朝を開いたのです。

ベルベル人とは、北アフリカの広範囲に住んでいたコーカソイド系(白人系)のイスラム教徒です。

ところがイドリース1世は暗殺されてしまい、王家断絶の危機となります。
しかし、王のベルベル人の妾は妊娠しており、側近たちは彼女を守り抜いて、めでたく男の子が生まれました。

この男子が、フェズに王都を移したイドリース2世となるのです。
王は英明を持って知られ、イドリース朝は黄金時代を迎えました。







壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
フェズ(モロッコの迷宮都市)への渡航をぜひご検討ください。
photo by iStock