スイスの動脈にして世界遺産、レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はスイスの「レーティシュ鉄道」をご紹介します。

スイスの「レーティシュ鉄道」ってこんなところ

レーティシュ鉄道とは

紀元前3000年頃この地に住んでいた先住民ラエティア族の名に由来するレーティシュ鉄道は、スイス東部のグラウビュンデン州を中心に400㎞の鉄道網を持つスイス最大の私鉄で、100年以上の歴史を誇ります。
経済・観光の両面で大きな役割を果たし、地域に欠かせない存在です。

沿線には世界有数のリゾート地サンモリッツやダヴォスがありますが、特にサンモリッツは冬季オリンピックが開催されたことでも知られていますね。

その中でも、アルプスの雄大な景観を楽しめることでも有名なのが、世界遺産に登録されたアルブラ線とベルニナ線です。
主にスイスを走る路線ですが、終点のティラーノはイタリアになります。

アルブラ線

トゥージス-サンモリッツを走る全長67㎞のアルブラ線は、1898年に着工し1904年に開通しました。

急峻なアルプスを鉄道で越え、かつ景観も守るために、石橋やトンネル、カーブを多用するという工夫が成されています。







必見の名所は、高さ65mの渓谷にそびえる石造りのラントヴァッサー橋です。
目がくらむような高さですが、ぜひ車窓から覗いてみたいものですね。
写真におさめるべき絶景ですよ。

ここを通る氷河特急は、橋やトンネルを通過するため時速34㎞ほどでしか走りません。
そのため、世界一遅い急行と呼ばれています。
また、パノラマカーとなっているベルニナ・エクスプレスも人気の列車ですよ。

ベルニナ線

サンモリッツ-ティラーノを走るベルニナ線は、全長61㎞の鉄道です。
1910年に開通しましたが、元々はレーティシュ鉄道とは別の鉄道で、第2次大戦による経済状態の悪化に伴い1944年に合併しました。

ベルニナ線の特徴は、歯車式ではなく一般のレールだけで1800m以上の高低差を克服したことです。
ヘアピンカーブや円を描くように橋を架けるオープンループを多用し、ぐるぐる回りながら進みます。

車窓の景観は欧州車窓展望ベスト10に選ばれたこともあり、氷河や森などの美しいアルプスの景観が広がっています。
ちなみに、途中のオスピツィオ・ベルニナ駅(2253m)は、ヨーロッパ最高所の駅として有名です。
次のページでは『アルプスを克服した鉄道技術』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

スイスの記事を見る

スイス観光で行きたい「歴史の旅」。自然の要塞に眠る絶景、文化、建築物を一巡り
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
スイスのお土産ならコレ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
スイスの国コードはなぜ「CH」なのか?スイスの壮大な歴史を追う
スイス料理といえばこれ!食文化豊かなスイスの郷土料理10選
世界の七不思議に選ばれている建造物7選
スイスのレマン湖畔に浮かぶアルプス街道の要地!建築の宝石「シヨン城」の歴史
アルプスの少女ハイジの世界を! 山梨県北杜市でスイスを疑似体験
スイス最古のカトリック教区があった街・シオンの観光スポット
リフレッシュもできてアクティブにもなれる!!スイス・シルヴァプラーナの魅力。
名作家が”静寂古雅の町”と称した中世の古都「スイス・シャフハウゼン」で見ておきたい観光スポット4選