中国にある世界一長い城壁!月から見える唯一の建造物?万里の長城の歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光を楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「万里の長城」をご紹介します。

世界最長の古代建造物万里の長城とは?

世界最長の古代建造物万里の長城とは?

image by iStockphoto / 56223426

北京郊外にある万里の長城は、海から聳え山を越え砂漠を走る巨大竜といわれる、人類が造った最大の建造物です。
長さが一万華里あることから「万里の長城」という名前が付けられました。
現在では全長約50000kmに及び、長い歴史をかけて造られました。
各時代の技術レベルの違いや建築方法・形、地理条件の違いなどを比べて歩くのも万里の長城での観光の醍醐味です。

2600年もの歴史を誇るこの万里の長城は、日中戦争などの戦場としても使われました。
最初に建てられたものは荒廃してしまい、現在残っているものは主に明時代のものです。
秦や漢の時代は土や日干し煉瓦でつくられているため、激しく風化しています。
しかし、明時代の煉瓦は焼成煉瓦が使われ、より堅固で破損が少ないのも特徴です。
この中国屈指の観光地!万里の長城は1987年に世界遺産に登録されています。

人類が生んだ万里の長城の始まり

人類が生んだ万里の長城の始まり

image by iStockphoto / 82991015

長城の建設はB.C.7~6世紀の春秋時代に始まりました。
これは西方から異民族が侵入してくるのを恐れたためだといわれています。
楚、斉、魏、趙、燕、秦などが互いに争い、どんどん防護壁が増えていきました。
この王朝全てが大規模な長城を建設しています。

最古の長城は楚国(今の河南省南陽市)で、北境の防衛のために造られました。
これは『春秋左氏伝』や『史記』などで方城と呼んでいます。
次に南の泌陽県など戦争中も長城を造り続けました。
この長さは3.4kmに渡るものでした。
現在も、内郷県、西峡県、方城県に遺跡が残っています。

始皇帝による中国統一時の万里の長城

始皇帝による中国統一時の万里の長城

image by iStockphoto / 1190606

B.C.221年に秦の始皇帝(在位B.C.221~B.C.210年)が6国を倒し、中国の歴史上はじめて統一王朝を興しました。
中国を統一したといっても、全ての敵を撲滅できたわけではなく、匈奴や東胡などの遊牧国家との争いは続いていました。
戦国七雄が争っていたころ、匈奴が東胡と月氏と牽制しあっていました。
そのため、お互いに勢力を強めていたのです。

自国内の維持と安全のためB.C.214年に始皇帝は万里の長城の建造命令を出しました。
もともと繋がっていなかった燕、趙、秦の長城部分に新しく城壁を築いたのです。
これにより、現在の甘粛省臨洮県から遼東までが連続し、強固な城壁になりました。
この時に一万華里となり「万里の長城」が完成したのです。
始皇帝の命によって造られた城壁は、現在も大部分が残っています。

万里の長城を作るために、軍と農民数百万人を動員しました。
しかし、この万里の長城を作る作業は過酷なもので、数多くの死者を出しています。
このことから万里の長城は「世界最大の墓」と呼ばれています。
楚の項羽、劉邦などが秦を滅ぼし、秦の時代が終わりました。

漢の時代の万里の長城

漢の時代の万里の長城

image by iStockphoto / 78739021

漢の時代になっても初期のころは国力が非常に弱く、北方で君臨する匈奴を抑えるために貢物などをして懐柔政策をとっていました。

前漢の7代皇帝武帝(在位B.C.141~87年)の頃に、勢力を保っていた宿敵匈奴に対し、反撃戦争を画策しました。
何度か失敗を繰り返しましたが、最終的には勝利し匈奴は漠北に追い払われています。
これにより、武帝は北方に長城を建設し黄河を越えさらに西にある、河西走廊沿いに城壁を造り敦煌以西に達しました。
これが有名な前漢の長城です。
更に、B.C.121年に匈奴を攻め落とし、匈奴の渾邪王は降伏しました。







明の時代の万里の長城

明の時代の万里の長城

image by iStockphoto / 52710612

1368年に太祖高皇帝(洪武帝在位1368-1398年)が明を建国しました。
明の長城は渤海に突き出す老竜島の山海関から西は甘粛省の嘉峪関までの3000kmに渡って横たわっています。
現在、観光地として人気の長城はこの明の時代に造られたものです。
洪武初年から崇禎末年まで約270年間、長城の建設を停止することなく造り続けられました。
要所ごとに砦や関所、烽火台などが完備され、軍事施設や幹線道路としての役割を果たしています。
この時代の長城は、軍事防御を第一の目的として造られたようです。

これまでの長城とは建築材料も異なっています。
土と石、それとレンガの3種類を主として造られました。
大部分が煉瓦で造られているのが特徴です。
明の長城は、崩れ落ちてしまっているものも多いですが、保存状態のよいところも残されています。

明時代に新しい万里の長城が造られた理由

明時代に新しい万里の長城が造られた理由

image by iStockphoto / 99182221

永楽帝の時代には明の領土は現在ある長城を越えて北に広がっていました。
そのため軍事拠点は人里離れた奥地に設置されています。
これによりお互いの連絡を狼煙によって行うことが多く、随所に烽火台が造られていたようです。
モンゴル系の武将たちの不満が日増しに強くなり、1449年に土木の変が起こります。
この変でモンゴル系の支配者エセン・タイシが明の皇帝を捕虜としました。
これは中国史上最も珍しい事例として伝わっています。

明は朝廷の対応が良かったことなどで危機を免れましたが、北方を責めることを辞め方針を変更せざるをえませんでした。
この結果、明は先ほど説明した新しい長城を作ることになったのです。
このルートを決めたのは、明の政治家余子俊でした。
いくつかの案が出されたのですが、西北国境の安定のため長城建設が決定されたのです。
陝西省の長城を皮切りに、明代の新しい万里の長城の建設が始まりました。

明代の万里の長城の活躍

明代の万里の長城の活躍

image by iStockphoto / 93602235

モンゴルと明の交易を拡大させたいと明の軍事的思想の変更を要求される動きもありましたが、逆に長城建設は更に加速しました。
モンゴルを支配したアルタン・ハーン(在位1551-1582年)の死後モンゴルは勢力が弱まりました。
しかし、これで、安泰の世が訪れたわけではありませんでした。
明代末期に強敵となって現れたのが満州人(後金)です。

1619年に後金(後の清)が明の朝鮮後金討伐軍を破った戦いです。
この後味を占めた、後金軍は更に長城の東端にある、山海関を攻めました。
しかし、名将袁崇煥によって阻止されました。
2度に渡って攻めてきた後金を2度とも撃退にしたことで、「明の守護神」として彼の活躍を讃えました。
これにより、長城を抜けないと悟った後金軍はこれ以降明への攻撃が出来なくなり、後金軍の南下は止まりました。
強固な長城を作ってよかったと喜んだことでしょう。

その後、満州人の策略にはまり袁崇煥が殺されてしまい、彼の後任が明を滅ぼし後金に降伏してしまいます。
ここから清の時代が始まりました。

次のページでは『万里の長城の退役』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握