サンタクロースは実在した!クリスマスマーケットの歴史を追ってわかったこと

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「クリスマスマーケットの歴史」をご紹介します。

クリスマスを華やかに彩るクリスマスマーケットって?

クリスマスを華やかに彩るクリスマスマーケットって?

image by iStockphoto / 49958416

クリスマスマーケットはクリスマスに関する屋台がたくさん並ぶ市場です。
この時期になると、街が魔法にかかったようにパーッと華やかに彩られクリスマス一色に染まります。
美しく飾られた屋台にはクリスマス飾りやお菓子、その地方の名産品を扱うお店が並び、多くの人々で賑わう素敵なイベントです。
グリューワイン(赤ワインベースのホットカクテル)やホットチョコレートで体を温めながら巡るひとときはとっても楽しいですよ。

クリスマスマーケットの発祥地といわれるドイツでは、2500以上ものクリスマスマーケットが開かれているそうです。
ドイツから始まったクリスマスマーケットは、ヨーロッパ各都市に広がり、アメリカを経て今や全世界に広がっています。
通常は11月末から12月24日の午前中までの約1ヶ月間に渡るアドヴェント期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に開かれます。
今回は、寒い冬に人々を楽しませてきたクリスマスマーケットの歴史について少しだけ触れてみたいと思います。

クリスマスマーケットってどうやって始まったの?

クリスマスマーケットってどうやって始まったの?

image by iStockphoto / 47173088

クリスマスはキリストの誕生を祝うお祭りです。
この文化はヨーロッパで生まれ、ドイツを中心に世界中に広がりました。
ヨーロッパの街には、中世から日曜日に礼拝が行われる教会前の広場で開かれた市が始まりです。
日頃は日用品や生鮮食料品まで色々揃え、クリスマスが近づくとクリスマスのための品々が並ぶようになり、いつしか一定の期間をクリスマスマーケットと呼ぶようになりました。
世界最古のクリスマスマーケットはドレスデンやフランクフルトといわれていますが、どこが古いかは不明です。

世界一有名なニュルンベルクやミュンヘン、ウィーンなどは、14世紀には既にクリスマス市があっとされています。
実は、記録に残らないような小さな町でもクリスマスマーケットは行われていました。
それだけドイツをはじめとするヨーロッパの人々には大切なものだったのです。
クリスマスって本を正すと聖キリストの誕生を祝うお祭りです。
因みに名前の語源は「クリスト」=キリスト・「マス」=ミサという意味です。

クリスマスマーケットが始まったころってどんな時代だった?

クリスマスマーケットが始まったころってどんな時代だった?

image by iStockphoto / 49958558

ドイツは962年にザクセン王朝のカールが神聖ローマ帝国の皇帝となって以来たくさんの小国が帝国の一員となり発展した国です。
一部の小国は支配されることを嫌い、独立を望んでいました。
これらの街に市を開く権利が与えられ、年に2~3回ほど都市の中心となる広場で大きな市を開いたのです。
その中の一つが年末に開かれる冬の市で、これが後にクリスマスマーケットへと発展していきました。

小さな町で行われるクリスマーケットのほとんどの都市が、皇帝直属の地位に置かれた帝国自由都市だったんです。
帝国自由都市のクリスマスマーケットで代表的なものは、ドイツで最も美しいクリスマスマーケットといわれるローテンブルクやニュルンベルク、ブレーメンの音楽隊で有名なブレーメンも帝国自由都市でした。

ニュルンベルクのクリスマスマーケット

ニュルンベルクのクリスマスマーケット

image by iStockphoto / 51571288

世界最大のシュトゥットガルトや世界最古のドデスデンに並ぶ世界三大クリスマスマーケットの一つで、世界一有名と称されているのがこのニュルンベルクの市です。
14世紀には大々的に12月の市が開催されていました。
1628年には正式なクリスマス市になり、1697年に現在のようなクリストキンドゥレスマルクトになりました。
城壁に囲まれた旧市街地では、まるで中世にタイムトリップしたようなクリスマス気分を味わえます。

ドイツでは子供たちにプレゼントを運ぶのはサンタさんではありません。
クリストキントというクリスマスの妖精なんですよ。
この「クリストキント」が2年に一回地元の女性から選ばれており、クリスマスマーケット開催中は、開会宣言を始めいろんなところで活躍している姿を見ることができます。
赤と白の縞模様で統一された屋根などがドイツの多くの街で見本とされたようです。
古い歴史を持つクリスマスマーケットの良さを体感してみてはいかがでしょう。







ギルドたちが権力を持っていた市

ギルドたちが権力を持っていた市

image by iStockphoto / 25950090

クリスマスマーケットはドイツ語ではヴァイナハツ・マルクトと呼ばれています。
広場の中心にはクリスマスタワーと呼ばれるピラミッドが造られ、グリューワインなどを販売しています。
その周囲の広場や通りに屋台が並び、キラキラと輝くイルミネーションが一段とムードを盛り上げてくれます。
広場にはメリーゴーランドや観覧車なども設置され子供たちも大はしゃぎです。

12月の市でクリスマス飾りが売られるようになったのは、実は中世以降のこと。
この市場で力を持っていたのはギルドと呼ばれる手工業の組合だったのです。
年に一度の大イベント“クリスマス”を利用しない手はないと、銅や木製の手工芸品を大量に造り、マーケットで売るようになりました。
実はクリスマスツリーの飾り付けを始めたのも、西南ドイツの手工業組合の家だったと伝わっています。
可愛らしい飾りをいっぱいお店に並べていたんでしょう。
子供たちの喜ぶ顔が目に浮かぶようですね!

近世になってドイツの東北部では、木製品やガラスのツリー飾りが大量に生産されマーケットで売られるようになりました。
19世紀後半には貴族の館でクリスマスツリーが立てられるようになったのです。
ツリー飾りが流行ると共にマーケットはますます繁栄しています。

クリスマスツリーの歴史とフランス

クリスマスツリーの歴史とフランス

image by iStockphoto / 81351129

クリスマスツリーの始まりは、マルティン・ルターが新しく宗派を作った時で、クリスマスのシンボルだったクリッペの代わりに、カトリックが嫌ったクリスマスツリーを新しい宗教のメインに据えたというものです。
ルターはツリーにロウソクを灯すことも考案しました。
先程はクリスマスツリーが飾られ始めたのがドイツとご紹介しましたが、クリスマスツリーを世界に発信したのもドイツです。
ドイツの王侯貴族によってヨーロッパ各地へと広がりました。

クリスマスイルミネーションが美しいフランスにクリスマスツリーが伝わったのは、ブファルツ選帝候の娘リザロッテが、ルイ14世の弟「オルレアン公爵」のもとに嫁いでからです。
1710年にフランスの宮廷で初めて、ツリーを飾りました。
フランスのクリスマスマーケットといえば、やっぱり、ストラスブールでしょう。
フランス最古のクリスマスマーケットで“これぞヨーロッパのクリスマスマーケット”という雰囲気に浸ることが出来ます。

白い髭を生やしたサンタクロースは実在の人物

白い髭を生やしたサンタクロースは実在の人物

image by iStockphoto / 95263405

トナカイが引く橇に乗ってやってくるサンタクロースは実在する人物なのです。
モデルになったのは、トルコのミュラという町のニコラウスという名前の司教さん。
かつて、トルコをローマ帝国が支配していたころの話で、ここはキリスト教の町だったのです。
彼はとても慈悲深く、子供を救ったり海を鎮めたりと生前の功績が認められ聖人となっています。
貧しい家の姉妹を助けるために家の煙突から金貨を投げ入れ、それが暖炉の近くにあった靴下にたまたま入ったという伝説が残っています。
ここからプレゼントを長靴や靴下にプレゼントを入れるという風習が始まったようです。

今までフィンランドがサンタクロース発祥と思っていましたが実は違ったのです。
歴史って辿ってみると面白いものですね!1927年フィンランド政府はラップランドをサンタクロースの故郷と指定しました。
これにはサンタクロースの橇を引いたトナカイがラップランドのトナカイだったとの言い伝えによるものです。
1984年には国家事業としてサンタクロース村を建設し、現在は一年中サンタクロースに出会える村として超人気の観光スポットとなっています。

日本でもクリスマスマーケットは行われていますね。
北海道のミュンヘン・クリスマス市in Sapporoや六本木ヒルズ、赤レンガ倉庫、ハウステンボス、日比谷公園などが有名で全国各地でも開催されています。
カップルや友達同士で出かけてクリスマス気分を盛り上げてくださいね。

次のページでは『クリスマスマーケットに出かけてみませんか?』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」