荒れ地から最強の城へ、そしていまは皇居!江戸城の歴史

皆さん、皇居に足を運んでみたことはおありですか?天皇陛下がお住まいの、あの場所です。では、そこがどうして天皇の住居になったのか、それ以前の歴史などについてはどうでしょう。そういえば、江戸城って将軍が住んでいたんじゃないのかな…と思われた方、正解です。しかし、江戸城というお城の基礎をつくったのは将軍ではないんです。どうも長い歴史がありそうですが、今回は江戸城の歴史についてゆっくりご紹介していきましょう!

江戸城ってどんなところ?

江戸城ってどんなところ?

image by PIXTA / 24709304

現在の皇居がある場所(東京都千代田区)に、江戸城は15世紀半ばに建てられました。
東京駅を出て少し歩くと、ビル街とは明らかに違う光景が見えてくるはずです。
緑が多く、東京のど真ん中にあるには少し雰囲気の違う場所ですよね。

江戸時代には「江城」、「千代田城」とも呼ばれていたそうです。

元々は15世紀に建てられた城を、徳川家康が本拠地とし、やがて江戸幕府の中心として改修したものでした。
とても巨大な城で、東西5.5㎞、南北4㎞、周囲14㎞と日本最大のものだったのです。
外堀を含めた面積でざっくりと言うと、都営大江戸線の路線図で輪っかになっている部分がだいたい収まってしまうくらいの大きさだというのですから、すごいですよね。

明治時代になると、天皇が京都から東京へと移ったために江戸城は天皇の住居となり、以後は皇居として多くの観光客を集めるようになりました。

今では周りをランニングする人も多く、ジョガーにとってはある意味憧れの場所でもあります。

では、そんな江戸城が造られてから今に至るまでの歴史を見ていきましょう。

江戸の始まりは、江戸氏

江戸城があった場所付近には、平安時代末期から鎌倉時代まで江戸氏という武士が本拠地を置いていました。
もちろん、江戸城の名前の由来はここからになります。
その江戸氏の館がちょうど江戸城の中心部分だった本丸のあたりにあったそうですよ。

しかし、江戸氏は15世紀になると力を弱め、違う勢力がやってきます。
当時関東地方に勢力があったのが扇谷(おうぎがやつ)上杉氏でした。
と言っても、この扇谷上杉氏はよく知られている戦国武将・上杉謙信とは近い関係ではなく、分家のような存在です。
とはいえ、とても強い勢力でした。

その扇谷上杉氏の家臣だった太田道灌(おおたどうかん)こそ、江戸城を造った張本人です。
康正3(1457)年のことでした。

きっかけは、関東一帯で扇谷上杉氏をはじめとした多くの勢力が戦いを続けていたためでした。

道灌は有能な武将でしたが、有能すぎたために間もなく暗殺されてしまいます。
そして城は扇谷上杉氏のものになりましたが、そこは戦国時代のならわし。
新しい勢力が出てきて、城は彼らの手を離れます。
次の主は、北条早雲(ほうじょうそううん)を筆頭とした北条氏でした。

しかし北条氏も衰えるときが来ます。
豊臣秀吉が天下統一のためにこの地に攻め込み、北条氏は滅びます。
そして江戸城も開城となったのでした。

そしてやっと徳川家康の出番です。
家康の本拠地はもともと駿府(静岡県)でしたが、秀吉に命じられて渋々この地にやって来ました。
その時はひどい荒れ様だったそうですが、家康は根気よく城を修復し、日本一大きな城を造り上げていくことになるのです。

家康の苦労が実を結んだ徳川の時代

家康の苦労が実を結んだ徳川の時代

image by PIXTA / 15050719

荒れ果てた江戸城を見た家康一行は落胆しましたが、文句を言っている暇はありませんでした。
与えられた場所で再び力をつけていかなければならなかったからです。

家康はさっそく江戸城の改修に取り掛かり、次々と建物を増築していきました。
加えて城下町の整備にも力を入れ、徐々に江戸城と城下町は当代第一の城へと変貌していくことになるのです。
それに伴って、家康の力もどんどん大きくなっていきました。
何といっても、目の上のたんこぶでもあった豊臣秀吉が亡くなり、彼が取って代わるのを邪魔する者はもういなくなっていたのです。

そして、彼はついに江戸幕府を開き、将軍の地位にのぼりつめました。

そこで家康は考えます。

「江戸城をもっと大きくしたいが、自分でやるのもなあ。
よし、それなら諸国の大名にやらせればいい!ワシの力を見せつけることにもなるし、大名の力を弱めることもできるぞ」

ということで始まったのが、天下普請(てんかぶしん)でした。
諸国の大名に命令して土木工事をさせたのですが、道路や河川の工事の他、メインの目的は徳川の城を造らせることだったのです。
大名たちはぼやきながらも、時の権力者に反抗はできないと一生懸命に工事に取り組みました。

江戸城の増築工事は、この天下普請によって行われました。
大まかに言うと3回の工事があり、慶長8(1603)年から寛永13(1636)年まで続いたのです。
それが完了し、江戸城は政権の中枢にふさわしい立派な城となったのでした。

明治以降の江戸城

江戸城は日本の中心として栄えましたが、やがて明治維新の風が吹いてきます。
これまでの歴史が繰り返してきたとおり、栄えた政権はいつか終わりを迎えます。
大政奉還が実現し、将軍は政権を返上することとなりました。
そして明治元(1868)年、江戸城は明治政府に明け渡しとなり、名前を東京城(とうけいじょう)と変えたのです。

その翌年には、京都から天皇が移り、皇城(こうじょう)と呼ばれるようになりました。

ただ、大正12(1923)年に起こった関東大震災の大きな被害は免れませんでした。
加えて、昭和20(1945)年には太平洋戦争中の空襲によって大手門が焼失してしまうなど、江戸城(このことは宮城と呼ばれた)にとっては辛い日々が続きます。

しかし戦争が終わり、皇居と呼ばれるようになったかつての江戸城は、国民のよりどころとなって今に続いているのです。







江戸城に欠かせない人物!築城主・太田道灌

江戸城に欠かせない人物!築城主・太田道灌

image by PIXTA / 12056639

15世紀に江戸城を造った人物が太田道灌だということについては少し触れましたが、では、この太田道灌、どんな人物だったのでしょうか。
今は戦国時代がブームなので多くの武将が知られていますが、彼は戦国時代からはちょっと外れているので、知名度としては多少低いかもしれません。
しかし、とても能力のある人物だったんですよ。
さて、どんな人だったのでしょうか。

太田道灌は、永享4(1432)年に生まれました。
室町幕府で言うと第6代将軍のころ、だいたい3代の義満と8代の義政の間くらいのことですね。
本名は資長(すけなが)と言いました。
道灌と言うのは後に出家してからの名前ですが、ここでは道灌で統一します。

道灌は幼い頃から頭脳明晰な少年でした。
鎌倉五山(かまくらござん)という、お寺の中でもトップ5の格付けとなる名門のお寺で学び、関東の最高学府・足利学校でも学びました。
有名エリート大や東大で学んだようなものです。
あまりに頭が良すぎて、道灌の父が「こんなに頭ばかり切れては将来が不安になる」と考えたほどだったそうですよ。

波乱含みの情勢と道灌の立場

ここで当時の関東の情勢について少しご説明します。

関東には、室町幕府の出先機関として鎌倉公方(かまくらくぼう)という役職が置かれていました。
そして、それを補佐するNo.2として関東管領(かんとうかんれい)という役職もいたのです。
道灌が仕えたのは、関東管領を務めた上杉氏のひとつ・扇谷上杉氏でした。

ところが、この2つが対立するようになってしまい、始終戦ってばかりいたのがこの時代なのです。
そのため、道灌もその戦乱に巻き込まれていくこととなりました。

康正2(1456)年、若き道灌は家督を継ぎます。
関東は相変わらず戦乱の真っ只中で、気を抜く暇などありませんでした。
そして、多くの敵に対抗するためには新たな拠点として城を築く必要があったのです。

そこで道灌が建てることになったのが、江戸城でした。

戦乱の中での江戸城建設

戦乱の中での江戸城建設

image by PIXTA / 20292660

道灌が江戸城を建てたのには、いくつか変わった逸話が残されています。

ひとつは、夢のお告げで城を建てたというものでした。

そしてもう一つは、道灌の船に九城(コノシロ)という魚が飛び込んできたということからだったそうです。
「コノシロ=この城、つまりここに城を建てよ」ということだと道灌が解釈し、江戸城建設の後押しとなったといいます。

ちょっとこじつけっぽい気もしますよね。
しかしその理由には当時の状況もあって、江戸城付近にまだ居座っていた江戸氏を追い出すための口実だったとも言われているんです。
いずれにせよ、道灌は主のためにここに城を建てなければならなかったんですね。

というわけで道灌は江戸城建設に取り掛かり、翌年には引っ越してきたというのですから、その仕事の速さにも驚きます。
有能な人物は仕事が早いんです。

加えて、城を守るためとしてたくさんの神社を周りに呼びました。
今もこのあたりにその時に呼ばれた神社が続いているんですよ。

さて、関東で続いていた戦乱に話を戻しましょう。
相変わらずおさまる気配もなく続いていた戦ですが、さらに悪いことに、京都では応仁の乱が起こってしまいました。
応仁の乱とは当時最大規模の内乱で、京都が焼け野原となった上に全国に飛び火し、日本国内がそれはもう大混乱となってしまったのです。

そんな中で、道灌は主の扇谷上杉氏のために戦い続けました。
30を超える戦を生き延び、やがて彼は関東で約30年も続いていたこの戦乱に終止符を打ったのです。
文明14(1482)年のことでした。

次のページでは『道灌暗殺!』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

国内
東京
歴史

関連記事を見る

国内の記事を見る

初めての松本観光。地元民がすすめる観光スポットからアートにグルメにショッピング・話題のニュースポットまで。
新宿デートにぴったりの個室レストランはここ!予約推奨&記念日対応OKな個室レストランランキングTOP29
神戸・三宮デートでディナーするならここ!記念日ディナーもバッチリ&予約推奨レストランランキングTOP30
丸の内ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP9
名古屋ディナーならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5
神戸・三宮デートでランチするならここ!記念日ランチもバッチリな予約推奨レストランランキングTOP30
銀座デートにぴったりの個室レストランはここ!予約推奨&記念日対応OKな個室レストランランキングTOP30
東京のうまい店はどこ?皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP30
渋谷の夜ご飯ならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP16
渋谷デートで和食ならここ!予約推奨&記念日対応OKな和食レストランランキングTOP5
仙台のランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP12
横浜中華街デートでいきたい中華料理はここ!予約推奨&記念日対応OKなレストランランキングTOP5