歴史とともにたどる歴代天皇、初代から現在まで128人を一挙紹介

日本の歴史を見守ってきた歴代天皇。その総数は128人となり、途絶えることなく現在まで続いています。さて、128人もの天皇、全員ご存知ですか?おだやかに生きられた天皇もおられれば、波瀾万丈の人生を送られた天皇もおられます。ここでは、日本最古の神武天皇から現在の今上天皇まで、歴史の流れとともに歴代天皇をたどっていきます。時に簡潔に、時に深く掘り下げつつ、すべての天皇をご紹介しますよ。






神の時代から人の時代へ~飛鳥時代以前の天皇~

神の時代から人の時代へ~飛鳥時代以前の天皇~

image by PIXTA / 20063720

実在したのかが曖昧な天皇

初代天皇である神武(じんむ)天皇から第25代天皇である武烈(ぶれつ)天皇までは、実在だったのか伝説もしくは架空の天皇なのかがたびたび議論されています。大きく4つの説があり、神武天皇以降全員が実在する天皇であるとする説、そして、第10代崇神(すじん)天皇以降が実在、第15代応神(おうじん)天皇以降が実在、第26代継体(けいたい)天皇以降が実在とする説です。

神武天皇から武烈天皇までが実在の天皇ではないとされるのは大きな理由があります。一つに古事記と日本書紀を史実に基づく歴史書ではないとする考え方が一般的だからです。そのため、第25代武烈天皇まではあくまで伝説上の天皇であったとされがちなのですね。

ただし、現在最も有力な説は第10代崇神天皇以降が実在であるというものです。これは、初代神武天皇と第10代崇神天皇が同一人物であるという考え方に基づいています。死後に送られた諡号(しごう)が同じであった、など共通する点が多いことからです。そして、初代神武天皇からあとの、第2代綏靖(すいぜい)天皇、第3代安寧(あんねい)天皇、第4代懿徳(いとく)天皇、第5代孝昭(こうしょう)天皇、第6代孝安(こうあん)天皇、第7代孝霊(こうれい)天皇、第8代孝元(こうげん)天皇、第9代開化(かいか)天皇までは、実在しない、すなわち欠けた8代として欠史八代と呼ばれています。

第1代神武(じんむ)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:神武天皇元年1月1日 – 同76年3月11日実在したか不明だが、10代と同一人物であるとする説が有力
第2代綏靖(すいぜい)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:綏靖天皇元年1月8日 – 同33年5月10日実在したか不明。欠史八代と呼ばれる
第3代安寧(あんねい)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:綏靖天皇33年7月15日 – 安寧天皇38年12月6日実在したか不明。欠史八代と呼ばれる
第4代懿徳(いとく)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:懿徳天皇元年2月4日 – 同34年9月8日実在したか不明。欠史八代と呼ばれる
第5代孝昭(こうしょう)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:孝昭天皇元年1月9日 – 同83年8月5日実在したか不明。欠史八代と呼ばれる
第6代孝安(こうあん)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:孝安天皇元年1月7日 – 同102年1月9日実在したか不明。欠史八代と呼ばれる
第7代孝霊(こうれい)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:孝霊天皇元年1月12日 – 同76年2月8日実在したか不明。欠史八代と呼ばれる
第8代孝元(こうげん)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:孝元天皇元年1月14日 – 同57年9月2日実在したか不明。欠史八代と呼ばれる
第9代開化(かいか)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:孝元天皇57年11月12日 – 開化天皇60年4月9日実在したか不明。欠史八代と呼ばれる

大和政権最初の天皇、そしてだれもが知っている古墳を墓に持つ天皇

3世紀から4世紀に即位していたとされるのが第10代崇神天皇です。前項でもお話ししましたが、初代神武天皇と同一人物と考えられ、日本において実在する最初の天皇という説が有力とされています。日本各地にそれぞれ王朝があり、独自の政治が行われていた大和政権初期でしたが、崇神天皇の時代に初めて全国が統一される形になったという説が有力です。まだまだ統治の行き届かない日本全域に人を遣わし、さまざまな地域の農業を発展させ、人々の暮らしが豊かになるよう努めたすばらしい天皇であったと記録されています。

崇神天皇以降、第11代垂仁(すいにん)天皇、第12代景行(けいこう)天皇、第13代成務(せいむ)天皇、第14代仲哀(ちゅうあい)天皇、第15代応神天皇へと続いていきます。この第15代応神天皇から実在する天皇とする説もあります。

続いて天皇となったのが、第16代仁徳(にんとく)天皇です。この仁徳天皇、天皇としてというよりもお墓となった古墳が非常に有名なので、みなさんもご存じなのでは?誰もが社会や歴史の教科書・参考書で一度は目にする前方後円墳、そのもっとも有名なものが、この仁徳天皇の陵。現在の大阪府堺市にある大仙陵古墳で、地元の人々には「仁徳さん」という名で親しまれています。

仁徳天皇の前代である応神天皇までは奈良県に都を置いていましたが、応神天皇もしくは仁徳天皇のときより大阪府中央区に難波宮が置かれたとされています。どちらの天皇が遷都したのかは、はっきりとした記録が残されていません。仁徳天皇は難波宮から近い河内平野の水害を治めるため、堤防を作ったり、大きな水路を作り上げたとされています。ほかにも近畿地方のさまざまな地域の水に関する土木工事を多く取り扱われたようです。

第10代崇神(すじん)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:崇神天皇元年1月13日 – 同68年12月5日実在したか不明だが、10代以降は実在した説が有力
第11代垂仁(すいにん)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:垂仁天皇元年1月2日 – 同99年7月14日実在したか不明
第12代景行(けいこう)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:景行天皇元年7月11日 – 同60年11月7日実在したか不明
第13代成務(せいむ)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:成務天皇元年1月5日 – 同60年6月11日実在したか不明
第14代仲哀(ちゅうあい)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:仲哀天皇元年1月11日 – 同9年2月6日実在したか不明
第15代応神(おうじん)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:応神天皇元年1月1日 – 同41年2月15日実在したか不明。15代以降実在したとする説もあり。
第16代仁徳(にんとく)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:仁徳天皇元年1月3日 – 同87年1月16日実在したか不明。教科書にでてくる前方後円墳として有名

初めて有力王族からの出自となった天皇

第16代仁徳天皇以降、第17代履中(りちゅう)天皇、第18代反正(はんぜい)天皇、第19代允恭(いんぎょう)天皇、第20代安康(あんこう)天皇と続きます。続く第21代雄略(ゆうりゃく)天皇に関しては、考古学を根拠として実在を証明できる最初の天皇と考えられています。埼玉県行田市にある稲荷山古墳から出土した考古品の中に、雄略天皇の諡号と考えれられる文字が記されていたからです。

続いて第22代清寧(せいねい)天皇、第23代顕宗(けんぞう)天皇、第24代仁賢(にんけん)天皇、第25代武烈(ぶれつ)天皇まで、子息もしくは兄弟に天皇が受け継がれていきます。しかし、第25代武烈天皇には、後継ぎとなる子どもや兄弟がおらず、武烈天皇自身も後継ぎをだれにするのか決めずに崩御してしまったため、第26代の天皇はすぐに決まりませんでした。

そこで、第26代天皇として白羽の矢が立ったのが、第15代応神天皇の5代あとで遠縁にあたる継体(けいたい)天皇でした。この継体天皇後遠縁から天皇を迎えるということはなく、現在の天皇家の礎は継体天皇であるという考え方もあります。第26代継体天皇の後、第27代安閑(あんかん)天皇、第28代宣化(せんか)天皇、第29代欽明(きんめい)天皇、第30代敏達(びだつ)天皇、第31代用明(ようめい)天皇まで古墳時代と呼ばれる時代が続きます。







第17代履中(りちゅう)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:履中天皇元年2月1日 – 同6年3月15日実在したか不明
第18代反正(はんぜい)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:反正天皇元年1月2日 – 同5年1月23日実在したか不明
第19代允恭(いんぎょう)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:允恭天皇元年12月 – 同42年1月14日実在したか不明
第20代安康(あんこう)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:允恭天皇42年12月14日 – 安康天皇3年8月9日実在したか不明
第21代雄略(ゆうりゃく)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:安康天皇3年11月13日 – 雄略天皇23年8月7日実在したか不明だが、考古学を根拠として実在を証明できる最初の天皇
第22代清寧(せいねい)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:清寧天皇元年1月15日 – 同5年1月16日実在したか不明。21代から子息もしくは兄弟に天皇が受け継がれる
第23代顕宗(けんぞう)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:顕宗天皇元年1月1日 – 同3年4月25日実在したか不明。21代から子息もしくは兄弟に天皇が受け継がれる
第24代仁賢(にんけん)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:仁賢天皇元年1月5日 – 同11年8月8日実在したか不明。21代から子息もしくは兄弟に天皇が受け継がれる
第25代武烈(ぶれつ)天皇在籍:西暦不明。日本書紀によると:仁賢天皇11年12月 – 武烈天皇8年12月8日実在したか不明。21代から子息もしくは兄弟に天皇が受け継がれる
第26代継体(けいたい)天皇在籍:507年 2月4日~531年 2月7日25代目に後継ぎがなく、第15代応神天皇の5代あとで遠縁だった継体(けいたい)天皇に白羽の矢が立つ
第27代安閑(あんかん)天皇在籍:531年 2月7日 ~ 535年 12月17日古墳時代と呼ばれる時代。
第28代宣化(せんか)天皇在籍:535年 12月~539年 2月10日古墳時代と呼ばれる時代。
第29代欽明(きんめい)天皇在籍:539年 12月5日 ~ 571年 4月15日古墳時代と呼ばれる時代。
第30代敏達(びだつ)天皇在籍:572年 4月3日 ~ 585年 8月15日古墳時代と呼ばれる時代。
第31代用明(ようめい)天皇在籍:585年 9月5日 ~ 587年 4月9日古墳時代と呼ばれる時代。

優れた女性天皇が多くいた時代~飛鳥から奈良時代~

優れた女性天皇が多くいた時代~飛鳥から奈良時代~

image by PIXTA / 21306069

公正な判断で統治した日本最初の女性天皇

飛鳥時代に入り、第32代崇峻(すしゅん)天皇が即位していましたが、当時権力を持ち大臣の座についていた蘇我馬子(そがのうまこ)により暗殺されてしまいます。長い日本と天皇の歴史の中で、天皇が臣下の命令により暗殺されるのはこの崇峻天皇だけであるとされています。

その後第33代天皇に即位したのが、推古(すいこ)天皇です。日本で初めての女性天皇とされており、甥である厩戸皇子を皇太子としてそばに置いていたことでもよく知られています。この厩戸皇子が私たちもよく知っている聖徳太子。推古天皇と言うと、そばに仕え、十七条の憲法や冠位十二階など、さまざまな制度を整えた聖徳太子に注目が集まりがちですが、聖徳太子がそれだけの力を発揮できたのは、推古天皇の治世であったからと言えます。

当時、天皇の外戚に当たる権力者が政治に口出しすることも少なくなく、何かと便宜を図ることも多かった時代ですが、推古天皇は身内だからとひいきせず、公平にするのが国のトップである自分の姿勢であるとしていたのです。そのような推古天皇の時代であったからこそ、それほど力があったわけではない聖徳太子が自分の意見を通し、制度を整えることができたと言えます。

第32代崇峻(すしゅん)天皇在籍:587年 8月2日 ~ 592年 11月3日臣下の命令により暗殺された唯一の天皇とされる
第33代推古(すいこ)天皇在籍:592年 12月8日 ~ 628年 3月7日日本で初めての女性天皇

飛鳥時代から奈良時代にかけての天皇は三分の一が女性

飛鳥時代から奈良時代にかけては、日本の歴史において、女性天皇が最も多かった時代です。18人の天皇が即位したこの間、そのうちの8人が女性天皇でありました。中には再任という形で2回天皇となった方まで。順に名前をあげていきますと、第33代推古天皇、第35代皇極(こうぎょく)天皇、第37代斉明(さいめい)天皇、第41代持統(じとう)天皇、第43代元明(げんめい)天皇、第44代元正(げんしょう)天皇、第46代孝謙(こうけん)天皇、第48代称徳(しょうとく)天皇です。

このうち、第35代皇極天皇と第37代斉明天皇、第46代孝謙天皇と第48代称徳天皇は、重祚となっています。重祚(ちょうそ)とは一度即位した天皇が退位後に再び即位することです。第35代皇極天皇は、日本で初めて重祚した天皇でした。それまでの天皇は現在の日本と同じで亡くなるまで天皇であり続けるのが通常でありました。ですから、皇極天皇は日本で初めて位を譲った、すなわち生前譲位した天皇でもあるのです。

それぞれ即位の理由はさまざまでしたが、我が子に天皇を継がせるため、夫の政治を受け継ぐため、世を良くするためなど、確固たる意志を持って即位していたようですね。この時代の女性がパワフルであった様子がうかがえます。

次のページでは『改革や歴史に残る大きな建造物も作られた時代』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?