大奥の始まりはこの人が理由だった!徳川家光の人生に迫る

徳川家康が開いた江戸幕府は、3代目の家光の頃からだんだんと安定し、戦国時代は徐々に過去のものとなっていきました。ところで、家光はどんな将軍だったかご存知でしょうか。鎖国体制の完成や参勤交代を定めたというのは学校の授業でも習うお話ですが、彼の存在が江戸城の「大奥」の始まりだったんですよ。さて、なぜ家光が大奥の始まりに関わることとなったのでしょう。それには、徳川家光という人物をよく知ることがいちばんの近道。意外にも人間性あふれる彼の生涯をご紹介します。

両親の愛に飢えた幼少期

両親の愛に飢えた幼少期

image by PIXTA / 2271703

慶長9(1604)年、家光は徳川秀忠とお江の方との間に生まれました。
二男でしたが長男が早逝していたため、嫡男となっています。

父・秀忠は徳川家康の三男で、後に江戸幕府2代将軍となります。
母・お江は織田信長の姪であり、母はお市の方、姉に淀殿がおり、血筋としては申し分ないものでした。

家光は幼名を祖父・家康と同じ竹千代(たけちよ)といい、とても大事に育てられていきました。
しかし、養育は当時の慣例に従いもっぱら乳母が行ったため、彼の母親役は春日局(かすがのつぼね)がつとめていました。

幼い頃の竹千代は病弱で、吃音もあったと伝わっています。
一方、2歳下の弟・国松(くにまつ)は利発な性格だったため、両親の愛情は弟に偏りがちでした。
特に母のお江は国松を寵愛したといいます。
そのため、世継ぎが定まらないうちは、側近たちですら国松が世継ぎとなると見込み、そちらにばかり接近したため、竹千代は非常な疎外感や孤独感を味わっていました。
兄弟といえども競争相手にもなるわけですし、できる弟がいると辛いものですよね。

一説には、お江の叔父である織田信長を、春日局の父の主君である明智光秀が本能寺の変で討ったことをお江が恨んでいたため、春日局が養育する竹千代までよく思わなかったとも言われています。
さすがにそこまでは…と思いますが、どうでしょうか。

ただ、春日局の父が世の中的には逆臣だったため、単純にそのことをお江が嫌っていたとも言われているんですよ。
なかなか、戦国の世のことは難しいです。

春日局と祖父・家康の力で世継ぎの座へ

春日局と祖父・家康の力で世継ぎの座へ

image by PIXTA / 15050718

元来、病弱で大人しめの性格だった竹千代が、このままでは本当に世継ぎの座から追い落とされてしまうと感じ、危機感を強めたのは春日局でした。
一から育てた竹千代に深い愛情を持っていた彼女は、一説には伊勢神宮への伊勢参りと称して江戸を出て、駿府(静岡県)にいる竹千代の祖父・家康の元を訪れて竹千代を世継ぎにと訴えたといいます。

将軍の座を譲ったとはいえ、大御所(おおごしょ)と呼ばれて絶大な権力を誇っていた家康は、ここで世継ぎ問題の解決に乗り出しました。
春日局の訴えが功を奏したかどうかは明白ではありませんが、彼は「長幼の序」を引き合いに出して、竹千代を世継ぎとすることを定めたのでした。

長幼の序とは、古代中国から受け継がれてきた思想である儒教の考えのひとつで、年長者と年少者との間の秩序のことです。
年上は年下を大事にし、年下は年上を尊敬するということですね。

竹千代が年長なのだから、国松はそれに従うべきということだったわけです。

少しゴタゴタしましたが、これで竹千代は次期世継ぎの座を手に入れ、元和6(1620)年に元服して家光と名乗るようになりました。
家光の「家」は祖父・家康の一文字をとったもので、以後、徳川宗家の嫡男にはこの字が使われるようになっていくのです。

ちなみにこの時に弟の国松も元服し、忠長(ただなが)と名乗りました。

幼い頃から比べられたこの兄弟の関係はやがて亀裂を生じていくことになるのですが、それについてはもう少しおいておきましょう。

将軍就任!「生まれながらの将軍」の誕生

元和9(1623)年、家光は20歳のときに父から将軍職を譲られ、正式に3代将軍となりました。
とはいっても、父・秀忠は大御所として権勢を持っていたため、当面は二元政治のような形となっています。

将軍になると同時に、家光は妻を迎えました。
公家の名門・鷹司家(たかつかさけ)の娘・孝子です。
公家の娘が武家へ輿入れするのは、当時は異例中の異例でしたが、残念なことに2人の仲は良くなく(険悪と言っても良かったよう)、事実上離婚状態のまま一生を終えることとなってしまいました。

家光が将軍の座に就いたときのエピソードがあります。

居並ぶ諸大名たちを前に、家光は「私は生まれながらの将軍だ」と宣言したというのです。

内容はこうでした。

「祖父(家康)は皆の力を借りて天下取りを果たし、父(秀忠)は皆の同僚という立場を経て将軍となった。
しかし自分は生まれながらにして将軍であるのだから、皆は臣下に過ぎない。
不満があるなら相手をするから、領地へ戻ってよく考えると良い」と。

言葉だけ聞いていたら、相当尊大でカチンと来ますよね。

しかし実際、家光は後にも先にも将軍の正妻である御台所(みだいどころ)が生んだ唯一の将軍でした。
そして、当時まだ安定したとは言い難かった幕府の権威を、ある程度のハッタリを利かせて誇示したわけなんです。
百戦錬磨の諸大名からしても、若造にすぎない将軍がここまでの強気に出れば、ある程度はたじろいだのでした。

加えて、強力な援護射撃がこの時にあったのです。

東北の雄・伊達政宗(だてまさむね)が家光の言葉に応じて進み出ると、「誰もそのように思うような輩はおりませぬ」と、諸大名の代表として宣言したのでした。

これに関しては家光と政宗が打った芝居だったのではないかという説もあります。
しかし、家光は政宗を「伊達の親父殿」と呼んで慕い、彼が病に倒れたときもわざわざ見舞いに訪れたほど親密でした。

家光の政治その1:将軍トップの体制固め

家光の政治その1:将軍トップの体制固め

image by PIXTA / 25202538

家光が将軍となってからの幕府の政治はどうだったのでしょうか。

まず、それまであいまいだった幕府の役職を、老中・若年寄・奉行といった形に制定し、将軍を頂点とした体制づくりに取り組みました。
何といっても、「生まれながらの将軍」と自分で言ったわけですから、まずは将軍の権力を絶対的なものにしなくてはなりませんよね。

ちなみに、奉行というと時代劇なんかによく登場しますよね。
大岡越前や遠山の金さんなどは町奉行という役職です。
他には寺社奉行や勘定奉行がありました。

家光が制定しなければ、現在の私たちが見ている時代劇に彼らは登場していないかもしれません。

家光の政治その2:参勤交代を定める

家光の政治その2:参勤交代を定める

image by PIXTA / 16134898

家光が行った政治のうちで最も有名なものは、武家諸法度を改訂して諸大名に参勤交代を義務化したことでした。

武家諸法度とは、元々は慶長20(1615)年、大坂の陣の直後に家光の父・秀忠が発布したものです。

大名や旗本などの武家に対する統制を定めた法律で、武士の心得のほか、城の築城や婚姻、家臣の待遇についてなど多岐にわたっていました。

その武家諸法度に家光がさらにアレンジを加え、参勤交代を付け加えたのです。

では、参勤交代についてご説明しましょう。

参勤交代とは、諸大名に対して1年おきに自分の領地から江戸に出仕させる義務です。
それに当たっては、正室と世継ぎの男子は江戸の大名屋敷に通年滞在させておかなくてはなりませんでした。
まあ、人質のような意味合いもあったのでしょう。

領地から江戸までの往復費用や滞在費用はすべて大名の自己負担だったため、どこの大名家も費用の捻出には苦労していたようですよ。

いちばん遠い薩摩藩(鹿児島県)は、参勤交代に2ヶ月ちょっとかかったそうです。
しかも期日厳守で、1日遅れるごとに損失は数千万から数億にまでなったそうですから、とんでもなく負担だったわけですね。

参勤交代によって、家光は将軍と大名が主従関係にあることを強く示しました。

大名たちにとっては財政に大ダメージでしたが、一方で、彼らが逗留する各地の宿場町は発展しましたし、橋や道路などのインフラも整備され、相当の経済効果をもたらしました。
また、多くの人々が江戸と領地を行き来することで、江戸の華やかな文化が地方に波及することとなったのです。

家光の政治その3:弟を含む大名の改易

家光の時代には多くの大名家が改易(領地没収のうえ取り潰し)となりました。
外様が40家、譜代・親藩が27家に上ったと記録されています。
外様とは徳川家に従ったのが関ヶ原の戦い以後、譜代はそれ以前、親藩は親戚に当たります。

中でも有名なのは、家臣団の統率をしきれなかったとして肥後熊本藩の加藤忠広を改易したことでしょうか。

加藤忠広は、熊本城を築城した加藤清正の息子に当たります。
有力な家柄でしたから、彼が改易されたことは諸大名にとっても衝撃的であり、将軍・家光の権力を思い知った瞬間でもあったでしょう。

また、弟・忠長についてもひと騒動ありました。

将軍の座を巡って火花を散らした間柄の忠長は、新たに駿河を領地に加えられて「駿河大納言」と呼ばれるようになりましたが、側近がそれについて祝辞を述べると、「これくらいの領地を持つのは当たり前のことで、何がめでたいのだ!」と答えたと伝わっています。
兄との競争・同格意識がまだあったのかもしれませんね。

やがて寵愛してくれた母・お江が亡くなると、忠長には家臣を突然手討ちにするなどの奇行が目立つようになります。
また、父・秀忠に「大坂城か、100万石を自分に下さい」などと突拍子もないことを言い出したりしました。
そのため怒りを買って蟄居とさせられたのです。

そして父も亡くなると、忠長の身柄は高崎へ移されその地で謹慎となり、ついには幕命によって自刃させられたのでした。

家光は何もしなかったわけではなく、使者を出して更正を促し、一時は忠長も同意したのですが、行状は結局改まらなかったというわけです。

将軍家の息子たちとして生まれていなければ、こういうことにはならなかったかもしれませんよね。

家光の政治その4:鎖国体制の完成

家光の政治その4:鎖国体制の完成

image by PIXTA / 20638703

もうひとつ、家光の時代には日本にとって大きな出来事がありました。
それが、鎖国体制の完成です。

鎖国とは、幕府が日本の貿易や外交権利を独占し、日本人の出入国を制限した政策のことですね。
これで、日本は外国からほぼ断絶することになったわけです。

元々、キリスト教の排除が目的でもありました。
というのも、寛永14(1637)年に長崎で起きたキリスト教徒たちによる大規模な一揆「島原の乱」があったからです。
この鎮圧に幕府は大いに手こずり、何とか乱を収めた後にまずポルトガルとの断交に踏み切りました。

そして寛永18(1641)年、オランダ商館を長崎の出島に移転させ、鎖国体制を完成させるに至ったのです。

幕府の体制固めに力を尽くした家光

幕府の体制固めに力を尽くした家光

image by PIXTA / 5795425

慶安3(1650)年、家光は病のために嫡男・家綱(いえつな)に将軍職を譲り、その翌年に亡くなります。
48歳でした。

家光の治世は、国の内情と幕府の基盤を安定させなくてはならない時代でした。
徐々に固まってきた足元でしたが、寛永19(1642)年の寛永の大飢饉や、中国で明が滅亡し清が立国したことで外交関係の建て直しを迫られるなど、波乱含みだったのです。

ようやく安定してきた幕府をぐらつかせてはなりません。
だからこそ、家光は強気な政治をしたのかもしれませんね。

もちろん、有能な側近たちに恵まれたことも実にラッキーだったのです。
彼らは「六人衆」と呼ばれ、先に述べた小姓から重職へ出世した堀田正盛や阿部重次の他、島原の乱を収め「知恵伊豆」と呼ばれた松平信綱(まつだいらのぶつな)など、幕府の頭脳そのものと言える錚々たる顔ぶれでした。
彼らがいれば、家光は百人力以上の力を得た気持ちだったと思います。

では、これ以降は家光のひととなりについていろいろ見ていきたいと思います。

実は女子より男子が好きだった

家光というとこれを避けて通れないというトピックがありまして、若かりし頃はまったく女性に興味がなかったんです。

戦国時代、男色は一般的なことでしたが、それでもみな結婚して世継ぎをもうけていました。

ところが家光は女性に興味がなく、加えて正室とは超がつくほどの不仲でした。
そして、寵愛するのは美形の小姓ばかりという話で…。

寵愛した小姓がほかの同僚とたわむれているのに嫉妬して手討ちにしてしまったり、病気療養中に妻との間に子をもうけたお気に入りの部下を改易してしまったりと、なかなか本気モードで嫉妬深かった一面があったんです。

一方、寵愛した小姓が、やがて有能な側近となった例もありました。
後の右腕となる堀田正盛(ほったまさもり)や阿部重次(あべしげつぐ)などがそうで、彼らは家光が没した際に殉死しています。

そんなわけで、家光には30歳を過ぎても子ができませんでした。

これに危機感を抱いたのが乳母の春日局で、とにかく家光の好みそうな美女をたくさん連れてきました。
一説には男装させて家光に近づけたとも言われています。
実はこれが大奥の始まりとされているんですよ。

春日局の作戦がようやく功を奏し、家光は女性にも興味を持つようになり、子供が生まれました。
それが4代将軍・家綱、後の甲府藩主にして6代将軍の父となる綱重(つなしげ)、5代将軍・綱吉(つなよし)らです。
春日局も胸をなで下ろしたことでしょうね。

やっと世継ぎにも恵まれた家光、彼は両親の愛情には飢えていましたが、他の肉親とのつながりがありました。
今度はそれを紹介していきましょう。

祖父・家康への尊敬(というより崇拝)

祖父・家康への尊敬(というより崇拝)

image by PIXTA / 22697101

家光が世継ぎになれるかどうかというところで、家康の一言で次期将軍に決まったというエピソードをご紹介しました。
幼名が同じ竹千代だったということもあった上に、このことに非常に感激して深く恩を感じていた家光は、祖父を終生尊敬し続けたのです。

夢に見たと言っては何度も家康の肖像画を書かせたり、「二世権現、二世将軍」、「生きるも死ぬるも何事もみな大権現様しだいに」といったメモを自分のお守り袋の中に入れたりしていたそうなんですよ。
権現とは家康のことを指しているので、家光がどれだけ家康を崇拝していたかわかりますね。

栃木県日光市に、世界遺産のひとつでもある日光東照宮があります。
これを現在の豪華な姿に修築したのも、家光なんですよ。

しかも、家光は東照宮への参拝を10回も行っていますが、これは飛び抜けた数字です。

将軍や大御所、将軍家の嫡子による参拝はトータルでも19回しか行われていません。
つまり、19回のうち10回は家光によるものなんですよ。
しかも参拝には大変なお金もかかりましたし、家光は家康のためならお金に糸目をつけなかったことがわかりますね。

そして、家光は家康の側に葬られています。
日光東照宮に隣接する輪王寺(りんのうじ)の大猷院(たいゆういん)が彼の墓所であり、遺言として「祖父をしのぐようなものであってはならない」ということで、とても静かで落ち着いた雰囲気に包まれています。







切腹させた弟以外にももうひとり弟がいた!

切腹させた弟以外にももうひとり弟がいた!

image by PIXTA / 24765834

家光には、世継ぎの座を争い、やがて切腹を申し付けた弟・忠長がいましたが、実はもうひとり、弟がいたんです。

彼の名は保科正之(ほしなまさゆき)。
父・秀忠が侍女との間にもうけた7歳下の弟ですが、わけあって保科家で育てられていました。

家光との初対面は、正之が18歳になってからだったそうです。
家光が城下へ出かけ、ある寺で休憩をとっていたところ、そこの僧侶から正之のことを聞かされたのでした。

正之はとても真面目で有能な人物で、家光に尽くしました。
家光も弟を信頼し取り立てて、福島の会津藩主にまで昇進させています。

家光は死の床で、正之に「徳川宗家を頼む」と言い残しました。
そして正之は会津藩の家訓に「会津藩は将軍を守るべし」と定めます。
その精神は歴代藩主に受け継がれ、幕末に新選組などを統率した藩主・松平容保(まつだいらかたもり)は、一貫して幕府を守り続けました。

ところで、なぜ正之が保科姓を名乗り続けたかと言うと、自分を育ててくれた保科家への恩義があったからなんだそうです。
本当は、徳川家の親戚が名乗る松平姓を許されたのですが、彼自身は保科姓で通したんですよ。
こういう恩を忘れないところも真面目なところも、とても魅力的な人物ですよね。
家光にとっては、姓は違えど信頼できる大事な弟だったのでした。

女性は嫌いだったけれど姉は大好き

家光が最初は女性ぎらいだったことには触れましたが、彼は姉をとても大事にしていました。
豊臣秀頼に嫁ぎ、大坂の陣で助け出された千姫です。

千姫は、豊臣家の滅亡後は本多忠刻(ほんだただとき)と再婚して幸せに暮らしていましたが、夫と息子を早くに亡くしてしまうという不運な女性でした。

そんな彼女が江戸に戻ってきたのは、家光のすすめだったといいます。
連れ帰って来た娘が嫁いでしまっても、家光は嫁ぎ先との交流ができるようにと気を配ったそうですよ。

また、家光は側室が生んだ綱重の養育を千姫に託しています。
こういうことからも、千姫が家光から慕われ、信頼抜群だったことがわかりますね。

千姫は、美しいだけでなく性格もとても素晴らしい女性でした。
秀頼が側室との間にもうけた娘を大坂から連れ帰り、守り育て上げたのです。
ふつうの感覚ではなかなかできないことですよね。
そんなところも、家光が彼女を慕う理由のひとつだったことでしょう。

春日局、波乱の若き日

春日局、波乱の若き日

image by PIXTA / 9462443

徳川家光を語る上で、家康以上に欠かせない存在の女性。
それが、乳母だった春日局です。
彼女なくしては、彼は大人になることさえままならなかったかもしれません。

春日局の本名は福(ふく)といい、本能寺の変で織田信長を討った明智光秀の重臣・斎藤利三(さいとうとしみつ)の娘として生まれました。

幼い頃はそれこそ姫君ともいえる生活を送っていましたが、本能寺の変の後に光秀が山崎の戦いで羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に敗れると、父・利三も捕らえられて処刑され、一転、逆臣の娘となってしまいました。

その後、母方の実家・稲葉氏へ引き取られ、やがて親戚筋の公家のもとで養育されますが、そこに落ち着くまでは行き先を転々としており、大変な苦労を味わったようです。

その後、伯父の養女となり、縁者の稲葉正成(いなばまさなり)の後妻となりました。
稲葉正成は、関ヶ原の戦いで勝敗を分けた小早川秀秋(こばやかわひであき)の家来で、裏切りの段取りをつけた人物です。

ところが、夫・正成は主と対立して謹慎処分となり、やがてその主・秀秋が亡くなってしまったため小早川家が断絶となり、仕える場所も失って浪人となってしまいました。

夫は無職であった上に、その頃は乳飲み子を抱えていた福ですが、この状況に指してきた光が、将軍家の乳母募集だったのです。

我が子以上の存在・家光の乳母として

我が子以上の存在・家光の乳母として

image by PIXTA / 20292660

実際には、将軍家の乳母募集の立札を見て応募したとか、知人のつてで乳母となったとか、様々な説がありますが、福は将軍家の嫡男・竹千代の乳母として採用されました。
その際、乳母として江戸城に上がるために、夫とは離婚したとされています。

福は、逆臣とはいえ名門豪族・斎藤氏の娘であり、夫の関ヶ原の戦いにおける功績も大きく、何よりも彼女自身が公家仕込みの教養を持っていたため、乳母に採用されたようですよ。
世継ぎの母代りとなって養育するわけですから、並大抵の女性では無理な役目だったのでしょうね。

福は家光にたっぷりの愛情を注ぎました。
しかし、前述のように家光は病弱であったためか両親の愛が薄く、幼い頃にはそれを悩んで自殺未遂までしたと言われています。
利発な弟と自分を比べ、さらに引っ込み思案になってしまったのかもしれません。

しかし、福は諦めませんでした。
竹千代を何としてでも世継ぎにするべく、わざわざ家康に訴え出たという逸話もあるほどです。
その効果もあってか、竹千代はめでたく次期将軍の座を約束されたのでした。

こんな逸話もあります。

幼い竹千代は病弱でしたが、食も細かったそうです。
そのため、福は「七色飯」という7種類のご飯をいつも用意させ、好きなものをとにかく選ばせてたくさん食べられるようにしたんですよ。
七色飯とは、白飯や赤飯、麦や粟などに加え、調理法も少しずつ変えて用意した7種類のご飯だったそうです。

実の母でなくてもここまでしてくれるなんて、もう、母以上の存在ですね。

大奥創設、「春日局」となる

竹千代は元服して家光となり、将軍となりましたが、福の悩みの種は彼が女性に興味を示さないことでした。

家光の性格の紹介の部分で触れたように、福は家光好みの女性を連れてきて、「大奥」をつくりあげたのです。
そのためには、尼僧を還俗させたり、古着屋のような身分の低い娘を連れて来たりなど、手を尽くしました。
その努力の甲斐あって、家光は子供に恵まれたわけです。

その後、福は天皇に嫁いでいた家光の妹に会う用事があった際、武家の娘のままでは宮中に上がることができないために、「春日局」という名を朝廷から賜りました。

ここで初めて、彼女は春日局と呼ばれるようになります。
一介の武将の娘がここまで来るとは、誰が想像できたでしょうか。

やがて福は病にかかり、死の床に伏します。
家光が見舞って薬を飲むように頼んでも、頑として飲まなかったという逸話も伝わっています。
これは、家光が天然痘にかかった時に、「生涯薬を飲まない」と福が願掛けしたためでした。
そしてそのまま64歳で亡くなりました。

将軍の乳母として絶大な権力をふるった彼女は、悪女としてのイメージも強く残されています。
しかし、これだけ身命を家光に捧げた女性はいませんし、彼女の息子や親類たちはすべて有能で、家光の治世固めに一役以上買ったのでした。
それを考えると、春日局という女性なしでは、家光は生きてこられなかったのではと思いますね。

太平の江戸時代の基礎を築いた徳川家光

不遇の幼少期を経て将軍となった徳川家光。
次々と打ち出した強気な政策は、いまだ不安定だった江戸幕府と自分の足元をしっかりと固めるためだったのです。
大奥の始まりに大きく関係した彼の嗜好ですが、やはり幼少期の母親の愛情の欠落にあったのかもしれません。
しかし彼には春日局をはじめ、有能な家臣や他の肉親がいました。
ただの将軍としてだけでなく、ひとりの人間として見てみると、家光の人生は実に興味深いものだと思いませんか?彼の墓所・大猷院や崇拝した祖父・家康を祀る日光東照宮など、合わせて訪れてみるとより興味をそそられると思いますよ。
photo by PIXTA