今も生き続ける「伝説」を残した英雄ナポレオン皇帝の歴史

ナポレオンというと、フランスの高級ブランデーの名前にもなっていますね。ナポレオンの人気はいまだに衰えをみせませんが、ナポレオンはもともとコルシカ島の出身で、本来のフランス人ではありません。ですから、フランスの政治の実権を握っても、フランス王にはなれません。そこで考えたのが、「フランス国民によって選ばれた皇帝」。ナポレオンは、戦争の天才でもありますが、ヨーロッパの政治体制を再編成した功績も大かったのですよ。セント・ヘレナ島に流刑になりそこで死んだナポレオンですが、死後200年になろうとする現在もナポレオンの「伝説」は生きています。いや、生きていたときからすでに「伝説」を残していたナポレオン。さあ、その「伝説」のルーツをたどってみることにしましょう。

コルシカ島に生まれたナポレオンはパリ士官学校を卒業

コルシカ島に生まれたナポレオンはパリ士官学校を卒業

image by iStockphoto

ナポレオンは1768年8月15日にコルシカ島で生まれました

地中海に浮かぶコルシカ島とサルデーニャ島。
現在、北のコルシカ島はフランス、南のサルデーニャ島はイタリアですが、もともとは地中海貿易でヴェネツィアと争った自由都市ジェノヴァが支配していたのですよ。
しかし、拡大政策をとりつづけてきたフランス王国はコルシカ島をジェノヴァから奪い、1768年に占領。
コルシカ島はフランス領になったのですが、そのちょうど3ヶ月後の8月15日に、コルシカ島の有力貴族ボナパルト家にナポレオンが誕生。
8月15日というのは、日本では「終戦記念日」ですが、カトリックでは「聖母マリアの被昇天の祝日」なのですよ。

ボナパルト家はもともとはイタリアの出身と言われていて、そもそも「ブオナパルテ」というイタリア語の名前。
ですからナポレオンは、「ナポレオーネ・ブオナパルテ」として生まれ育つところ、その直前に「フランス人」になったというわけです。
この時点ではまだ誰も、この赤ん坊が将来フランス皇帝になるとは想像していませんね。
ナポレオンには1歳年上の兄ジュゼッペ(フランス語ではジョゼフ)がいますが、この名前はキリスト教の聖人であるヨセフからきています。
子どもには聖人の名前をつけるのがふつうなのですが、ナポレオンという名前はいったいどこからとってきたのか。
さすがに伝説の英雄ということでしょうか。

パリ士官学校を卒業して砲兵将校になりました

コルシカの貴族とはいってもボナパルト家は、本国フランスでは取るに足らない存在。
その家に生まれた男の子は軍人になる道を選ぶしかありませんね。
1751年、科学技術にも精通した有能な軍人を養成するためにパリに士官学校が設立されましたが、この士官学校に入学するための初年次教育のための兵学校がその後12校新設。
1779年、ナポレオンは9歳のときにブリエンヌ兵学校に入学したのですが、コルシカ島の出身ということもあって、孤独な学校生活だったということですね。
「いじめ」もあったかもしれませんね。

1784年10月には無事にパリ士官学校に進学。
しかし、父親が急死したこともあって、わずか1年半で卒業して砲兵将校となり、ラ・フェール砲兵連隊に着任。
駐屯地ではとくに何もすることがないので、読書にふけったのですよ。
なかでも、フランスの啓蒙思想家として有名なルソーの思想には深く共感したのでした。
また、コルシカ島の独立を支持したレナールには熱狂し、自らも手記のなかで、フランスのコルシカ島占領を批判。
1786年には休暇をとってコルシカ島に帰ったのですが、パリの士官学校を卒業したナポレオンは、コルシカ島ではまさに「英雄」として歓迎されたのですね。

フランス革命が起こってナポレオンの人生も変化しました

フランス革命が起こってナポレオンの人生も変化しました

image by iStockphoto

「八月十日の革命」でフランスは共和国になりました

1789年7月14日、当時は牢獄だったバスティーユが市民たちによって襲撃され、フランス革命が始まりましたね。
8月に軍の将校たちは、新体制に忠誠を誓うことを宣誓したのです。
ナポレオン自身はフランス革命を支持していたのですが、故郷のことが気になり軍に休暇願を提出して、1789年9月から1791年1月までコルシカ島に滞在。
アンシャン・レジームと呼ばれる革命前の旧体制時代の支配層はフランス領のままでいることを主張したのですが、住民は革命派と王党派に別れて対立。
一方本土では、1789年11月の憲法制定国民議会がコルシカ島を「コルシカ県」と決定。

フランスに戻ったナポレオンは、1791年9月にまたコルシカ島に帰ってきたのですが、そのときはコルシカ島の反フランス感情が激しくなっていたのですね。
そして1792年、ナポレオンが副隊長を務める国民衛兵と群衆とのあいだで衝突が起こったのですよ。
その責任をとってナポレオンはフランスに帰還。
フランス陸軍に復帰したのですが、国王ルイ16世一家のいたチュイルリー宮殿をパリの民衆が襲撃。
これを「八月十日の革命」と呼んでいますが、9月21日には王権を廃して共和政府樹立の宣言がされたのです。







ナポレオンの最初の実戦体験は失敗でした

大量殺戮事件を起こしたパリの民衆に対して、ナポレオンは怒りの感情を隠しきれませんでしたが、10月にはまたコルシカ島に帰還。
翌1793年2月、コルシカ島の南にあるサルデーニャ島への遠征軍の砲兵将校として、ナポレオンははじめての実戦を経験したのですよ。
フランス共和国は、ピエモンテ=サルデーニャ王国と戦争をしていたのですが、その矛先はサルデーニャ島に向けられたのでした。
ナポレオンは、サルデーニャ島周辺の小さな島の攻略をしていたのですが、そのとき水兵たちが反乱を起こし、ナポレオンが加わっていた遠征軍は撤退。
戦いに負けたわけではないのに退却しなくてはならないことがあるという、実戦の苦い体験ですね。

実はこの遠征軍はコルシカ島の独立を画策するパオリに率いられていたのですが、そのことをナポレオンのすぐ下の弟リュシアンが告発。
1793年4月にパオリはパリに呼び戻されたのでしたが、独立を支持する島民たちはボナパルト家を襲撃したのですよ。
このためボナパルト一家はコルシカ島を脱出してトゥーロンへ逃亡。
1794年には、イギリスと同盟したパオリによってイギリス・コルシカ連合王国が誕生しましたが、1796年にコルシカ島はまたフランスに占領されてしまいます。
故郷を失ったナポレオンでしたが、1799年のエジプト遠征のときに立ち寄ったのを最後に、ナポレオンは二度ともうコルシカ島には足を踏み入れなかったのですよ。
「コルシカ人」ではなく「フランス人」になる以外に、ナポレオンの進むべき道はありませんね。

フランス革命は大きな転機を迎えていました

フランス革命は大きな転機を迎えていました

image by iStockphoto

ジャコバン派のロベスピエールのもとで将軍になりました

フランス革命というのは、1789年に起こった一度きりの事件などではありません。
1792年に王権が廃されて共和国になったフランスでしたが、この共和国はのちにジロンド派と呼ばれるブルジョワによって支配されていたのですね。
革命はその後さらに進行して、1793年5月にまた「革命」が起こり、ジャコバン派が権力を掌握。
ルイ16世はその年の1月にすでに処刑されていたのですが、王妃マリー=アントワネットはロベスピエールに率いられたこのジャコバン派によって10月に処刑されたのですよ。

9月にナポレオンはトゥローンで砲兵隊司令官に任命され、イギリス軍をトゥローンから追い払ったのですね。
水兵に反乱された苦い体験を生かして、今度は自分の乗っていた騎馬が死に、自分も脚に傷を負いながらも敵と戦う姿を見せて、自分が率いる兵士たちの士気を上げたのでした。
その戦功により、ナポレオンは24歳で准将に昇格。
軍人として順調な出世コースに乗ったかと思うと、ジャコバン派による恐怖政治が、1794年7月27日のテルミドールのクーデターで終了。
ロベスピエールもギロチンで処刑され、ナポレオンもその一味とみなされてしまったのですよ。

次のページでは『6歳年上のジョゼフィーヌと結婚しました』を掲載!
次のページを読む >>