観光する前に知りたい!神秘のパワースポット「清明神社」の歴史と見どころ

「安倍晴明」。一度は名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?平安時代の有名な陰陽師です。この安倍晴明をお祀りした神社が京都の一条戻橋にある「清明神社」です。最近は、神社で御朱印を書いてもらうことがブームになっていますが、この清明神社の御朱印帳はとってもクールで有名!今回は、清明神社の歴史と安倍晴明の謎に迫っていきたいと思います。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

清明神社とは

清明神社の歴史

清明神社の歴史

image by PIXTA / 912121

晴明神社は、京都市上京区京都市晴明町にある神社です。
平安時代の有名な陰陽師であった安倍晴明を祀っています。
一条戻橋のたもとにあったと言われる安倍晴明の屋敷跡に鎮座しています。

1005年に安倍晴明が亡くなると、当時の天皇であった一条天皇は、安倍清明の遺業を賛えて、1007年(寛弘4年)に安倍晴明の屋敷跡に神社を創建したのが始まりと言われています。
当時の清明神社の境内は、とても広大で東は堀川通り・西は黒門通り・北は元誓願寺通り・南は中立売通りまで続いていたと言われています。
しかし、応仁の乱をはじめとする度重なる戦火や豊臣秀吉が行った都市整備などにより次第に規模は縮小し、清明神社の社殿も荒れていきました。
幕末以後、清明神社の氏子らが中心となって社殿・境内の整備が行われ、1950年(昭和25年)に堀川通に面するように境内社地が拡張されました。

平成になると、「陰陽師・安倍清明」は小説や映画などで注目を浴びるようになり、この清明神社には、全国から参拝者が訪れるようになりました。
2005年(平成17年)には、祭神である安倍清明の没後1000年となったことから、安倍晴明千年祭が開催されました。
また、こちらの宮司さんの占いは、当たると大変有名で全国から多くの相談者の方が来ていることでも知られています。

祭神 安倍晴明

安倍晴明とは、平安時代の稀代の陰陽師。
最近では、夢枕獏氏による小説『陰陽師』やそれをもとにした映画で人気の狂言師野村萬斎氏が安倍晴明を演じたり、フィギュアで羽生結弦氏がフリーの演目で安倍晴明に扮したことからも高い人気が伺えます。

安倍晴明は、鎌倉時代から明治時代の初めまで占い・天文・時・暦の編纂を担当する部署であった陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。
921年(延喜21年)に、摂津国阿倍野(現在の大阪市阿倍野区)に生まれたと言われています。
生地については、奈良県桜井市安倍とする言い伝えもありますが真偽はわかっていません。
幼少の頃については確かな記録が残っていませんが、陰陽師である賀茂忠行(かものただゆき)・保憲(やすのり)父子に陰陽道を学んで、天文道を伝授されたという説が有力です。

948年(天暦2年)に平安時代の官職の一つであった大舎人になります。
960年(天徳4年)に40歳で陰陽寮に所属して、天文博士から天文道を学ぶ学生である天文得業生となります。
少し遅い出世でしたが、50歳前後に陰陽寮に設置された教官である天文博士に任ぜられます。
977年(貞元2年)に賀茂保憲が亡くなった頃から陰陽道内で頭角を現してくることになります。

979年(天元2年)には、59歳で安倍晴明は当時の皇太子であった師貞親王の命で那智山の天狗を封ずる儀式を行ったり、この師貞親王(後の花山天皇)の信頼を得たようで、当時の記録にはしばしば安倍晴明が占いや陰陽道の儀式を行った様子が残っています。
その後も、一条天皇や栄華を誇った藤原道長の信頼を集めるようになり、藤原道長の日記『御堂関白記』などに安倍晴明の記録が残されています。
そのほかにも『小右記』によると、一条天皇が急な病に侵された際には、安倍晴明が禊(みそぎ)をおこなうと病はたちまちに回復し、安倍晴明は正五位上に昇進。
また、『御堂関白記』によると、1004年(寛弘元年)には、深刻な干ばつが続いたため安倍晴明が、雨乞いの五龍祭という儀式を行ったところ、直に雨が降りはじめたなど、様々な伝説や伝承が残っています。

稀代の陰陽師として名声を極めた安倍晴明は、天文道で養った計算能力を活かして、中央財政の収支計算(歳入・歳出・予算・決算)などを行う主計寮に異動します。
その後、左京権大夫・穀倉院別当・播磨守などといった官職を歴任して、位階は従四位下まで昇りました。
安倍晴明の2人の息子・安倍吉昌と安倍吉平は、天文博士・陰陽助に任ぜられ、安倍一族はは安倍晴明一代の間に師であった加茂忠行の賀茂一族と並ぶ陰陽道の家としての地位を確立したのです。

安倍晴明は、6代もの天皇に仕え、当時の天文暦学から独特の“陰陽道”を確立させ確固たる地位を築き上げた偉大な陰陽師だったのですね。

珍しい神紋!晴明桔梗印

珍しい神紋!晴明桔梗印

image by PIXTA / 24015070

五芒星は、陰陽道では魔除けの呪符として古くから伝わっています。
清明神社の神紋はこの五芒星で「晴明桔梗印」と呼ばれています。
通常の神社では、鳥居の額には、神社名や祭神名が掲げることが多いのですが、清明神社では金色に輝く神紋である「晴明桔梗」が掲げられており、とても珍しいと言われています。

安倍晴明は、陰陽五行・天文に陰陽師として精通していました。
陰陽道では、この五芒星、星形は魔除けの呪符として伝えられています。
陰陽道の基本概念と言われている陰陽五行説。
すなわち陰陽五行の思想とは、自然界は木(もく)・火(か)・土(ど)・金(ごん)・水(すい)の5つの要素で成り立っているというもので、この5つの要素が循環することによって万物が生成され自然界が構成されていると考えです。
この木・火・土・金・水の5つの元素の働きの相克を五芒星は表したものであり、五芒星はあらゆる魔除けの呪符とされ重宝されました。
晴明神社では本殿を始め、この紋をいたるところで見ることができます。
天地五行(木・火・土・金・水)を形どっており、宇宙万物の除災、清浄をあらわしているとされています。
境内の至る所に見かけることができるので、行かれる方は、隠れ清明桔梗印をぜひ探してみて下さいね。

ご利益

晴明神社のご利益は、「魔除け」・「厄除け」。
祭神である安倍晴明は、生前より陰陽師として天皇・貴族・庶民に至るまで、広くその悩みや苦しみを取り払うことで大きな信頼を得ていたと言われています。
その信頼は、神様となって現在でも変わることはないのでしょう。
人々の悩みや苦しみを取り払うことで大きな信頼を得てきた安倍晴明だからこそ、日々の生活の中で抱え込んでしまう「魔」や「厄」を取り除いてくれるはずです。
また、病気も病魔と考えて、病気平癒の御利益もあると言われています。

お守り・お札

お守り・お札

image by PIXTA / 253938

様々な災難から身を守ってくれるお札うやお守りですが、清明神社にも沢山のお守りとお札があります。
一般的なものは

・神札(おふだ)…心願成就・家内安全(神棚や居間に祀るのが一般的。)

・方除札(ほうよけふだ)…家を邪気から守る(玄関や鬼門に祀るのが一般的。)

・火除札(ひよけふだ)…家を火災から守る(台所や火気を使用する場所に祀るのが一般的。)

・御守り(おまもり)…身体健全、安産のお守りでもっとも一般的。

・向上守(こうじょうまもり)…壁をなかなかを突破できない学生・営業職の方におすすめ。
天地五行のうちの土の粘りと火の勢いで学力、営業力が右肩上がりにアップすると言われています。
絵柄も矢印が右肩に上がっているユニークなものになっています。

・陰陽守(いんようまもり)…縁結びや夫婦和合のお守り。
太極図が描かれています。

・交通守(こうつうまもり)…交通安全のお守り。
車やバイク、通学カバンにつけることができます。
上部がホック式になっていて自転車等にも簡単につけることが可能。
清明桔梗印でとてもおしゃれです。

・厄除守(やくよけまもり)…厄年の方に、最適の厄除けのお守り。
絵柄は、昔から魔をよける果実といわれる桃が描かれています。

・勝守(かつまもり)…スポーツ・資格試験・就職試験などあらゆる競争相手、そして己に勝つために最適なお守り。
清明桔梗印と「勝」の一文字があしらわれています。

・みずかがり守…陰陽道では、水は黒色に配置されています。
ペンダントになっており、黒色(水)の桔梗印を首からかけることにより、集中力向上・災除けのお守りとなります。
パワースポットで有名な晴明井をモチーフに作られた御守です。

・清め砂…家宅地面やマンションベランダなどに盛ることにより、成育の気を得ることができます。

などがあります。

特に清明神社で人気なものは、

・御朱印帳(ごしゅいんちょう)…清明神社の御朱印帳はとてもクールで人気です。
オリジナルの御朱印帳。
黒に近い紺地に金糸で晴明桔梗があしらわれています。
この御朱印帳の表紙は西陣織。
最初のページには、清明神社のご朱印が予め印字されており、祭神である安倍晴明公から数えて34代目にあたる土御門晴雄(つちみかどはれたけ)の揮毫(毛筆で書いた文字)です。

・桔梗守(ききょうまもり)…期間限定のお守り。
誠の心を育むと言われています。
清明神社の境内に桔梗の花が咲く時期のみ授与されるお守りです。
例年、6月頃から9月頃までの期間に授与されます。
桔梗の刺繍があしらわれた可愛らしいお守りです。

・ききょう土鈴…桔梗の花をあしらったかわいらしい土鈴。
古来より土鈴は魔除けの鈴の意味があり、このききょう土鈴は清明神社で一つずつ手作りされています。
桔梗守同様に期間限定。
なくなり次第終了の土鈴なので、欲しい方は一度、清明神社に問い合わせしてみて下さいね。

・七夕守…こちらも期間限定のお守りです。
諸芸上達や諸願成就のご利益があります。
綺麗なブルーに天の川と晴明桔梗が描かれています。
おみくじ付きの楽しいお守りで、毎年6月上旬より授与が開始され8月に授受が終了となるそうです。
詳しくは清明神社に問い合わせしてみて下さいね。

・もみじ守…心の安寧を得ると言われているお守り。
美しい紅葉の季節限定のお守りです。
もみじの花言葉にある自制・遠慮が示すように、心の安寧を得られるようにと授与されます。
例年11月中旬から12月中旬に授与されています。
綺麗な桃色に紅葉の刺繍があしらわれています。

沢山のお守りやお札がありますね。
お札は、神棚があれば神棚に納めるのが一番良いですが、なければ、生活の中心となるリビングなどの場所に、南向きか東向きにおまつりすると良いそうです。
また、ご利益に特別な期限はありませんが、一年を目安にして、古いお札を出来たら授受した神社へ、遠い場合は近くの神社にお納めして、また、新しいものを授与されると良いとのこと。
お守りも沢山持ち歩いて神様同士喧嘩しないか心配になりますが、日本は、八百万(やおよろず)の神々の国といわれているくらい沢山の神様が存在します。
神様同士が喧嘩することはないそうですので、様々なお守りを一緒に持ち歩いても大丈夫だそうですよ。

清明神社の見どころ

一の鳥居(いちのとりい)

一の鳥居(いちのとりい)

image by PIXTA / 2594677

昭和37年に建てられた堀川通沿いにあるのが一の鳥です。
額に掲げられた金色に輝く神紋である「晴明桔梗」が特徴的。
鳥居の額には、一般的には神社名やお祀りしている祭神の名前を掲げることが多いのですが、清明神社の鳥居には神紋が掲げられているので、全国的にも珍しいです。
晴明桔梗印は、祭神である安倍晴明が創られた陰陽道に用いられる祈祷呪符のひとつと言われています。

旧・一條戻橋(きゅういちじょうもどりばし)

旧・一條戻橋(きゅういちじょうもどりばし)

image by PIXTA / 5426416

清明神社の一の鳥居をくぐると、左側に旧・一條戻橋があります。
本来の一条戻り橋は、1995年(平成7年)に新しく架け替えられており、晴明神社から南へ約100メートルのところにある堀川に架かっています。
一条戻り橋と安倍晴明は縁が深く、陰陽師であった安倍晴明は、この橋で蘆屋道満に殺害された父である安倍保名を呪法を駆使して蘇生させたと伝えられています。
また、安倍晴明は、常に身の回りの世話をさせる精霊の一種である式神という十二神将を使ってたと言われ、この式神の風貌が恐ろしく安倍晴明の妻が恐れたため、この一条戻橋の橋の下に式神を呪し置いて、必要な時に召喚したと言われています。

また、源頼光の四天王の一人と言われる「渡辺綱」が、一条戻り橋で美しい女性に「夜更けが怖いから送って欲しい」と頼まれたので、その女性を馬に乗せたところ、たちまちその女性は鬼と化した。
渡辺綱は、その鬼を退治しようとしたが鬼は愛宕山に急ぎ逃げ帰った。
渡辺綱はその鬼の腕を切り落としたが、その腕の処置に困ったので安倍晴明に相談したという『鬼女伝説』でも有名な橋です。
また、現在の京都でも「戻る」という名がついたこの橋を嫌って、嫁入りや葬式の列はこの一条戻り橋に近づかないのが習わしとなっています。
清明神社では、先代の一条戻り橋で使われていた欄干の親柱を境内に移して、昔の風情をそのままに安倍晴明に縁の深い「旧・一條戻橋」を境内に再現しています。

晴明井(せいめいい)

晴明井(せいめいい)

image by PIXTA / 2816209

二の鳥居をくぐってすぐ右手に清明井があります。
ここは、安倍晴明の念力によって湧いた井戸と言われています。
病気平癒の効果があるとされており、水の湧き出るところは、その歳の恵方を向いていて、吉祥の水が得られると有名です。
恵方は毎年変わるので、立春の日にその向きを変えます。
有名な千利休が茶会において、この清明井から汲んだ水を沸かして、それを茶の湯として利用していたとも言われており、豊臣秀吉もその茶を服されたと伝えられてます。

最近、この井戸はパワースポットとして大変人気で有名。
この井戸を携帯の待ち受け画面にすると、病気平癒の効果があると言われており、写真を撮る人々の姿が多く見受けられます。
この水は実際に飲むことができ、普通に飲んでみるとちょっと苦みが残り、飲み難さがあります。
しかし、一度沸かしてから、白湯として飲むと凄く甘味が出ると評判です。







本殿・末社・齋稲荷社(ほんでん・まっしゃ・いつきいなりしゃ)

本殿・末社・齋稲荷社(ほんでん・まっしゃ・いつきいなりしゃ)

image by PIXTA / 3016999

境内のもっとも奥に、本殿があります。
本殿は1905年(明治38年)に再建されたもので、至る所に晴明桔梗があしらわれ厳粛で厳かな雰囲気に包まれています。
祭神は安倍晴明と稲の精霊が神格化された五穀・食物を司る倉稲魂命(うがのみたまのみこと)です。

本殿北側には、お稲荷さまと天満社・地主社が祀られるお社である齋稲荷社があります。
齋(いつき)とは、このお稲荷さまが、鴨神社(下鴨神社・上賀茂神社)に仕える斎王が篭る齋院御所にあったことに由来します。
安倍晴明自身が、お稲荷さんの化身とも言われていたり、安倍晴明の母である葛の葉(くずのは)がお稲荷さんの眷属・神使とされる狐の化身だったとも言われており、安倍晴明とお稲荷さんは深い縁があります。

厄除桃(やくよけもも)

厄除桃(やくよけもも)

image by PIXTA / 8243080

晴明神社には、「厄除桃」と呼ばれる大きな桃の像があり、多くの人が撫でていきます。
桃は、古来から陰陽道では、魔除け・厄除けの果物とされています。
『古事記』・『日本書紀』などの書物にも桃が魔物を追い払う様が描かれています。
「厄除桃」その名の通り、自身の厄を変わりに受け取ってくれるそうです。
この桃を撫でて 自身の厄をこの桃に移せば清々しい気持ちになることができるのではないでしょうか?

まだまだある清明神社の楽しみ方

晴明祭(せいめいさい)

晴明祭(せいめいさい)

image by PIXTA / 8243077

晴明祭は、晴明神社の中で最も重要な祭儀です。
祭神である安倍晴明が年に一度、この地に舞い降りてくると伝承されているお祭。
2日にかけて行われます。

宵宮祭(秋分日の前夜)

例祭の前夜の午後7時より宵宮祭があります。
「湯立神楽」が奉納されます。
湯立神楽とは、大きな釜に湯を沸かし、清めの御塩と供物の御米そして御神酒を注ぎます。
そしてその熱湯に巫女が笹を浸し勢いよく左右に振って湯滴を飛ばす神楽です。
この湯滴を浴びることで、邪気祓いや無病息災のご利益が得られるといわれており、無病息災を願うたくさんの人々がこの熱いお湯を競うように浴びます。
また、その後は地元の子どもたちが列をなして「ちびっこお迎え堤灯行列」が行われます。

例祭(秋分日)

一年でもっとも重要な祭儀がはじまります。
氏子奉賛会や講社員が多数参列して、献茶や献花等がおこなわれ、清明神社の鳥居前には、露店が出てこの日は大変賑わいます。

神幸祭(秋分日)

例祭の午後から祭儀です。
神輿が担がれます。
少年鼓笛隊を先頭に神輿は、午後1時に本社を出発。
堀川通を中心にして、西は智恵光院通・北は寺ノ内通・南は下長者通の間を氏子町内をくまなく練り歩きます。
少年鼓笛隊、菊鉾、扇鉾、獅子、御神宝、飾馬をはじめ晴風稚児、八乙女、四神稚児など約500名ほどの人々が装いも美しく供奉します。
とても大規模なお祭りなので、ご興味がある方はぜひ行ってみて下さいね。

清明神社で姓名判断!

清明神社は、姓名判断でも大変人気が高いのをご存知でしたか?

この姓名判断は、最近のブームではなく昔から行っており、以前からとても人気とのことです。
そして、とても当たると評判。

清明神社の本殿に向かって右側に人生相談を行う社務所があります。
立て札があり宮司さんが占ってくれます。
月曜日〜土曜日の9時から16時まで行っているそうで、予約制ではなく先着順。
15分程度で料金は3000円〜5000円。
宮司さんの予定で実際の占いの時間や曜日は変更になることもあるので、問い合わせしてから伺った方が良いかも知れません。
曖昧な言葉ではなく、ズバッと言い当ててくれるそうですよ。
占いの際には、鑑定書をいただけます。
とても人気で2時間待ちの日もあるそうなので、時間に余裕を持って訪れたいですね。

清明神社で名付け!

清明神社で名付け!

image by PIXTA / 3189208

清明神社は、名付けでも有名です。
清明=姓名!日本人は語呂合わせが好きなのかもしれません。
特に京都で生まれた方は、清明神社で名前を付けて頂くことが多いそうです。
生まれた後にしか鑑定できない、また芸名などは断られる可能性があると言われています。

名付けは、「名前鑑定」と言われており、

・両親の名前

・生まれた子供の性別

・生まれた子供の誕生時間

・生まれた子供の兄弟、姉妹の名前

・名前に入れたい漢字や読み(希望がある場合のみ)

が必要になります。
先に述べた姓名判断と同じように社務所にて宮司さんが占ってくださり、「人生一代之運命鑑定書」を頂けます。
そこには、何通りからの候補の名前が書かれており、説明と運気を教えてもらえます。
鑑定料は5000円。
お子さんの名前で悩んでいる方は相談されると良いかも知れませんね。
京都では、清明神社で名付けをしてもらう方は本当の多いそうですよ。

清明神社へのアクセス方法

・所在地…〒602-8222京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)

・参拝時間…9:00〜18:00(無休)

・参拝料…なし(姓名判断や名前鑑定は別途掛かりますのでご注意下さいね。)

・駐車場…当神社の南隣にある駐車場(有料・コインパーキング)

・問い合わせ…社務所075-441-6460 (9:00~18:00)

・市バス…京都駅より [9]番「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩約2分、阪急烏丸駅または地下鉄四条駅より [12]番「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩約2分、京阪三条駅より [59] 番「堀川今出川」下車 徒歩約2分

・地下鉄…今出川駅より徒歩約12分

・タクシー…京都駅から清明神社へ約20分

陰陽道の神秘パワーが溢れる清明神社

いかがでしたでしょうか?清明神社の成り立ちから、祭神である安倍晴明。
そして、最近ブームの御朱印や境内の見どころなどを詳しくご紹介していきました。
陰陽師を祭神とする珍しい神社ですが、そこには数々の人気パワースポットが存在しています。
また、この清明神社の御朱印帳はとても人気がああります。
そして、宮司さんによる「占い」は当たる!と大変好評です。
ぜひ、京都に行かれる際は、清明神社のパワースポットで神秘の力を得て、宮司さんに悩みを相談するなど、心身のリフレッシュをされてはいかがでしょうか?
photo by PIXTA