信長の夢と野望!幻の城「安土城」はこうして生まれた

安土城といえば、戦国時代に織田信長が天下統一のための拠点として築いた城。”安土桃山時代”という時代の名称に用いられるほど、その後の日本の城のあり方に多大な影響を与えた名城と言われています。前代未聞、黄金の瓦で覆われた五層七重の巨大城郭。日本の城の歴史を大きく変え、石垣城郭の始祖と言われながら、未だ謎のベールに包まれている安土城。天下統一に動いていた信長が城に託した、もうひとつの”野望”にせまります。

天下人の城・安土城

言わずと知れた信長の城

言わずと知れた信長の城

image by PIXTA / 14383830

「安土城とは織田信長の城である」

歴史にはそれほど詳しくないが、それくらいは知っている。
そういう方も多いでしょう。
安土城とは、織田信長が1576年(天正4年)に現在の滋賀県近江八幡市安土町にある安土山という山に、当時の技術の粋を集め、数千人の労働力を投入して作らせた巨大な平山城です。
平山城とは日本の城の分類のひとつで、平野の中にある山や丘を利用して作られたものの総称。
安土山は琵琶湖のほとりにある標高198mの小高いで周囲は平坦。
山城の好条件を満たしていると言える山です。
現在は、安土城址として城址は国の特別史跡に指定されていて、日々、多くの観光客が、信長が愛でた景色を見ようと山頂を目指しています。

しかし、山頂に残っているのは石垣と礎石だけ。
天守閣はおろか、建物は何一つ残っていません。
実は安土城は、築城からわずか3年、本能寺の変の直後に焼失、豊臣秀吉が天下統一を推し進める過程で廃城となってしまい、詳しい資料や文献もほとんど残っていないのです。

そのため、日本の城のあり方を変えた名城と言われながらも、その実態はいまだ多くの謎に包まれています。
そんなところがまた、安土城の魅力なのかもしれません。

謎多き幻の城

謎多き幻の城

image by PIXTA / 15690591

安土城は築城からわずか3年の1579年(天正7年)に天主(信長は天守のことをこう呼んでいたそうです)が完成しました。
信長はそれまで拠点としていた岐阜城と織田家の家督を長男に譲って安土城に移り住んでいます。

当時の城はあくまでも戦いのためのもので防衛が主な目的。
居住するためのものではありませんでした。
しかし信長は安土城の天主に住み、山の中に家臣たちの屋敷も建てさせています。
このような造りの城は、非常に珍しいものでした。

また、城は総石垣で、山全体に無数の石が積まれています。
どうやってこのような石垣を築きあげたのか。
現存する石垣の中にも、重機を用いても難しいだろうと思われるほどの大きさの石がそこここに見られます。
人力だけで、山の上までどうやって運び込んだのか。
石など運んでいる最中に敵襲があったら?総石垣は強固な城になりますが、築城に時間がかかり無防備になりがちです。
信長はどうしてそれにおよんだのか。

天主完成から3年後の1582年(天正10年)、本能寺の変が起き、信長は天下統一の志半ばにして死んでしまいます。
安土城は信長を討った明智光秀が城主となりますが、光秀も豊臣秀吉に敗れ、その後しばらくの間信長の息子である信雄(のぶかつ)や孫の秀信などが住んでいましたが、1585年(天正13年)に廃城されたと伝わっています。
その後は豊臣の天下。
そして徳川の時代となり政治の中心は東へと移っていきます。

時代は混迷を極めていました。
本能寺の変についても多くの謎があると言われています。
とにかく、数年の間に国中が大きく動きました。
そんな中、安土城は突如として姿を現し、瞬く間に消えていったのです。
安土城の天守閣が焼けた理由には諸説あり、これも安土城の謎のひとつとされています。

屋根は黄金?天主は八角形?

屋根は黄金?天主は八角形?

image by PIXTA / 2373448

たくさんの謎に包まれたミステリアスな城ですが、最大の謎は城の形状でしょう。
安土城は有名な城ですが、天主の具体像については、まだよくわかっていないのです。

「えっ?上の部分が八角形の、あの城でしょう?」

そう。
よく知られている安土城は、最上階が金色、その下に朱色の八角堂を備えた形をしています。
復元図やプラモデルをご覧になったことがある方も多いでしょう。
現在の安土城跡の最寄り駅、JR琵琶湖線安土駅近くにある「安土町城郭資料館」に、20分の1スケールの安土城復元模型が展示されていて、模型とわかっていても、その迫力には圧倒されます。
こんなものが突然山肌に現れたら?周辺の領民たちはさぞ驚いたことでしょう。

黄金や朱の美しさもさることながら、特筆すべきはやはり、天主の八角形の部分。
八角円堂という、奈良の法隆寺夢殿などにみられる八角形の美しい造形は、覇王信長のイメージにぴったり。
しかし、本当にこんな形をしていたのでしょうか。

こうした安土城の復元図は、信長の家臣であった太田牛一の『信長公記』(しんちょうこうき / のぶながこうき)や、宣教師ルイス・フロイスが残した『日本史』の記述を元にしています。
安土城のことを記した、数少ない貴重な文献。
安土城についての資料は数多くありますが、元をたどるとこの2つの資料いずれかにたどり着くのです。

政務で使われていれば城の形状についての資料もたくさん残っていたかもしれません。
しかし安土城は築城後数年で焼け落ちてしまっています。
その際、資料もみんな焼けてしまったか、あるいは、防衛機密の観点から工事の際に用いた図面などは、築城後に処分したのかもしれません。

残された貴重な資料の中に、天主の上のほうが八角であったことを示す記述があるとのことで、ここから安土城のイメージが作られていったと考えられています。
しかし、明確な図が残されているわけではなく、八角円堂の痕跡が遺構として発見されたわけでもありません。
城の上の方にあのような複雑なデザインを施すのは、相当な技術を要したはず。
そのようなことが可能だったのか?”八角”とはどのような形を指すのか?今なお研究が続けられています。







安土山を選んだ理由は?

信長は尾張の国(現在の愛知県)の武将。
現在の愛知県には織田家ゆかりの城がいくつも残されています。
信長の活動の地盤は愛知県であったと考えるのが自然ですが、信長の城として広く定着している安土城は滋賀県に建てられました。
信長はなぜ、お膝元の愛知ではなく滋賀に城を築いたのでしょう。

安土城を建て始めた1576年というと信長は43歳。
天下統一へ王手をかけた時期です。
前の年に長篠の戦いで武田の軍勢を破り、北や東方面の脅威がなくなったことで、信長の目は西方面へ向けられたと思われます。
そうなると、活動拠点は愛知や岐阜より西、京都に近いところの方がよかったのでしょう。
信長は天下布武(信長の天下統一事業)を掲げ、より精力的な活動を続けていました。
西方面へ睨みをきかせるためにも、安土山は良い場所だったのかもしれません。

現在の安土山は琵琶湖から数㎞離れていますが、築城当時は三方を琵琶湖の内湖に囲まれていて、城からすぐ、琵琶湖に出ることができました。

内湖とは、琵琶湖から切り離されるようにしてできた湖のことで、昔は琵琶湖の周りにはたくさんの内湖があったのです(内湖は水深が浅いため、戦中戦後に耕作地確保のため干拓された)。
安土城は山城でありながらすぐ琵琶湖に出ることができる、水運を活かした城でした。

琵琶湖に近いということは、水路でそのまま、京都へ出ることができます。
信長は安土城築城の数年前から、家臣たちに琵琶湖のほとりに坂本城や大溝城などいくつか城を築かせており、それらを結んで天下布武を成し遂げようとしていたことが伺えます。

琵琶湖の水運と京都への利便性、東西を結ぶ場所として近江が重要な場所であったこと、家臣たちが築いた城を結ぶ水路と陸路の要の地であること。
これらの理由から、信長が安土山を選んだのだと考えられています。

安土城築城までの道のり

信長の城遍歴(1)

信長の城遍歴(1)

image by PIXTA / 14243077

戦国武将には必ず領地があり、領地内には居城を築いていました。
敵の領地近くまで攻め込み陣をはることはあっても、城を移すということはなかったと考えられています。
しかし信長は、一箇所にこだわることなく、次々に城を移っていきました。

信長生誕の城は、おそらく勝幡城(しょばたじょう)であったろうと言われています。
現在の愛知県愛西市に石碑や木碑が残るだけですが、二重の堀で囲まれた館城(やかたじろ:邸宅としての機能を重視した、周囲を土塁や堀で囲んだ程度の建物)で、信長の父、織田信秀が居城としていました。
信長はここで幼少期を過ごしたと考えられています。

信長が9歳の頃、信秀は駿府の今川氏が居住していた那古野城(なごやじょう)を奪取し、信長は那古野城に移ります。
ところが信秀は信長を那古野城において、周辺に古渡城(ふるわたりじょう)や末森城(すえもりじょう、末盛と書くこともある)を築城。
信秀は今川氏との戦いに力を注いでおり、そのための移転であったと思われます。
しかし、志半ばにして夢叶わず、信秀は病死してしまいます。
暗殺とも言われており、とにかく信長は、身内にも外にも、四方を敵に囲まれた状態で、18歳で織田家の家督を継ぎました。

話は少し横道にそれますが、この当時の那古野城は後に廃城となります。
そして徳川幕府に入ってから同じ場所に別の城が建てられました。
それが今の名古屋城。
そのため、名古屋城の二之丸内に、那古野城の石碑が建てられているのみで、当時の那古野城を知る遺構はほとんど残されていません。
那古野という地名が名古屋城の近くに残ってはいますが、”なごの”と読むのだそうです。

次のページでは『信長の城遍歴(2)』を掲載!
次のページを読む >>