ローマ帝国の栄光を再び!皇帝が紡いだ「ローマ法大全」と東ローマ帝国

「ローマ法大全」と聞いても、名称からローマの法律なのはわかるけど、中身はよくわからないという方も多いかと思います。
歴史の教科書で太字で書いてあったような、聞いたことあるような。

そんな「ローマ法大全」には、私たちが普段何気なく常識と思ってるお買物のルールとか、裁判のルールの原点が記載されているのです。
古代ローマは法律がたくさんあって、そのルールの元に統治されていた法治国家でした。

ちょっと堅苦しいお話ですが、その古代ローマ時代の法律をまとめた「ローマ法大全」がどこでどうやって生まれたのか。歴史をひも解きながら、私たちの時代にどんな影響があるのかご一緒に見ていきましょう。

そもそも「ローマ法大全」ってなんでしょう

そもそも「ローマ法大全」ってなんでしょう

image by iStockphoto / 96048731

今回ご紹介する「ローマ法大全」は古代ローマ時代に発令された法律を編纂して、さらに新たに補足した勅法を合わせた法典です。

528年に東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の皇帝ユスティニアヌスが編纂を命じ、533年から534年にかけて公布され実施された古代ローマ時代の法律をまとめた4つの構成からなる法典のことを指します。

別名「ユスティニアヌス法典」とも呼ばれています。

構成は「勅法彙纂(ちょくほういさん)」「学説彙纂(がくせついさん)」「法学提要(ほうがくていよう)」「新勅法(しんちょくほう)」になります。

古代ローマ時代に出された膨大な量の法律を体系的にまとめ、またその法の解釈もまとめられたものですが、なぜこのようなことが必要だったのでしょうか。

そこには長い歴史とともに積もった法律と、さまざまな時代背景とひとりの男の夢が詰まっていたのです。

古代ローマの法律の形はとても複雑

古代ローマの法律の形はとても複雑

image by iStockphoto

ローマ法大全を知るには時代をぐぐっとさかのぼり、古代ローマの時代を知る必要があります。

まずは古代ローマ時代の共和政政治組織について簡単にご紹介しましょう。

古代ローマは最初は小さな都市国家でしたが、周辺の民族たちを掌握していき、次第に国として大きくなっていきます。

小さな国だった頃は民から選ばれた王が国を治める王政でした。
次第に王政に対する不満が募り、共和政に移行します。

共和政ローマの政治機関としては、任期のある最高指導者が2人選ばれて互いを監視しながら統治していきます。
これを執政官(コンスル)と呼びます。
そして、執政官が結託して暴走しないよう、法案や国の決定についての承認と拒否権を持つ元老院によって公正な政治が運用されるように設けられていました。

しかし、この元老院も執政官も有力貴族たちによって締められていたのです。

共和政の内情としては一部の有力貴族によって治められていたため、時代とともに貴族と平民の対立が強まっていったのが紀元前5世紀ごろでした。

ローマ法の基本の法律・十二表法

ローマの法律で最も古く基盤であると考えられているのが「十二表法」。

これはもともと運用していた法律が貴族に独占されていることに不満を持った平民たちから成文化するように要求があり、生まれたものです。

法のもとに平等と言いながらも、平民たちは裁判をどのように起こしたらいいかもわからず、その手続きは複雑で、一度手続きに失敗した訴えは二度と訴えることができなかったため、実質的に平民たちが裁判を起こすことができない状態でした。

裁判権を貴族が独占しているのを解消するために、今の法を成文化するように訴えたのです。

その結果452年に12枚の銅板に刻んで公布されたとされており、この銅板は政治の中心地であるフォロ・ロマーノに設置されたと言われています。

この十二表法はローマ人の教養として暗記されるほどだったようで、ローマ市民であればこの法を知っていたと考えられます。

紀元前4世紀にガリア人の襲来によって銅板は失われたとされていますが、当時の著作の中には十二表法について部分的に引用されているものも多く、それらを元にほぼ当時の内容が復元されて現在に伝わっています。

ミルフィーユのような法の重なり

ミルフィーユのような法の重なり

image by iStockphoto

この十二表法は当時の慣習や法の内容を元にアテネの法学者の意見を足して作ったという体ですが、内実は貴族たちに有利なものでした。

特に内容を理解し活用するにはより広く深い知識があり、時間的余裕のある貴族たちの方が有利で、法を活用することができたのです。

この明確になった法の中には裁判で訴えるルールや債務に関すること以外にも殺人や相続などの幅広い内容が書かれています。

しかし、十二表法しかないので、時代によっては合わない内容や不足していく内容が出てきます。

それを補足するためにどんどん新しい法律が公布され施行されていきます。

例えば十二表法では貴族と平民の婚姻は禁止されていましたが、紀元前445年のカヌレイウス法によって認められるようになります。

その他、紀元前367年に公布された「リキニウス・セクステウス法」では執政官2人のうち1人を平民から選出すること、公有地の占有面積を1人最大500ゲラ(約125ヘクタール)に制定し、債務の返却に関する新しい法を定めました。

さらに紀元前287年に制定された「ホルテンシウス法」では平民会で決められた決定は元老院を通さず、すぐにローマの法とすることになります。

カヌレイウス法のように、十二表法では禁止されていることを認める法が制定されると、その事例について上書きされる方式で、十二表法が書き換えられることはないシステムで法を強化していったのです。







法律家を生みだし、法文化が定着していく古代ローマ

このようにどんどんと新しく足され、訂正されたため時代を経るごとにどんどんと複雑になっていきます。

さらに、ローマの法では判例や審議で認められた内容は法と同じ効力があるため、法律だけでなくその審判の結果も法律と同じでした。

そのうちに十二表法は使われなくなり、民事に関する市民法や法務官が発令した法務官法など時代に合った法律が確立していきました。

帝政になっても変わらす、内容を整理して再編したものを改めて出すことはなく、どんどんと法と実例がたまっていくなかでローマの法は運用されていったのです。

過去には1世紀にハドリアヌス帝が、4世紀にはテオドシウス帝が一度ローマ法を編纂したとの記録もありますが、時代に合わせた箇所を部分的に編纂し勅令を出して補てんしている形態は変わりませんでした。

どれだけの人間が全体を把握していたのでしょう。

このような複雑な法体系でしたので、ローマには法律家がたくさんおり、独自の解釈を書籍にしたり、裁判のたびに法律家として相談に乗っていたようです。

東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の背景

東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の背景

image by iStockphoto

東ローマ帝国の誕生

ローマ法大全を編纂した時代は6世紀。
そのころには地中海全体を掌握していたかつてのローマ帝国の姿はありませんでした。

3世紀の終わりごろ、ローマ帝国があまりに広大な領地だったため、ひとりの皇帝が統治することが難しくなっていました。

そのため正帝と副帝による複数の君主で分割統治したのです。

313年のミラノの勅令によってキリスト教が公認され、330年にコンスタティヌス1世が永遠の都ローマからコンスタンティノポリス(現在のイスタンブール)へ遷都したことで、ローマの中心地が大きく東に移ります。

そして392年、テオドシウス帝の時代にキリスト教がローマの国教となり、その他の信仰は禁止されるようになります。
このときに1200年続いたオリンピアの祭典(オリンピック)を異教の祭典として禁止しました。

そのテオドシウス帝は395年に亡くなる際に、長男アルカディウスにローマ東の地域を、次男ホノリウスにローマ西の地域を分割統治させました。

それがきっかけで東西は再統一されずそれぞれの道を歩くことになります。

東ローマ帝国をビザンツ帝国と記すことがありますが、ビザンツ帝国は後年の研究者がビザンティウム(コンスタンティノポリスの旧称)を中心に発展した国として古代ローマ帝国と神聖ローマ帝国と区別するため付けた呼称になります。

次のページでは『周辺民族との戦いの時代』を掲載!
次のページを読む >>