政治に無気力、趣味に没頭したってホント?足利義政の生涯とは

室町幕府の第8代将軍・足利義政については、二通りのイメージがあるかもしれません。銀閣を建てた文化人としての顔、そして、政治を半ば放棄し応仁の乱という長い戦乱を長引かせた無気力な一面…果たして、本当の義政の姿とはどんなものだったのでしょうか。やる気に満ち溢れた青年期から、現実に背を向けるに至るまで、彼の人生を詳しくご紹介したいと思います。戦国時代の幕開けに至る当時の複雑な背景と合わせて、義政の心情に迫ってみましょう。

父と兄の相次ぐ死により将軍となる

父と兄の相次ぐ死により将軍となる

image by PIXTA / 26503306

足利義政は、永禄8(1436)年に、室町幕府第6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)の三男として生まれました。

父・義教は金閣寺を造り幕府の全盛期を築いた3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)の息子であるため、義政は義満の孫に当たります。

義教もまた数奇な人生を生きた人物で、くじ引きで選ばれた将軍でした。
そのため幕府の権威を強めようとかなり厳しい姿勢で政治に臨んでいます。
それは恐怖政治にも等しく、「悪御所」、「悪将軍」とまで呼ばれていました。

そのため、義教は嘉吉元(1441)年、義政が6歳の時に側近に暗殺されてしまうのです。

義教の後を継いだのは、義政の同母兄である義勝(よしかつ)でした。
しかし彼はたった8ヶ月で幼くして亡くなってしまいます。

というわけで、当時わずか8歳だった義政に将軍職というお鉢が回ってくることになったわけです。

と言っても、義政は兄がいたために後継者になるとはみなされておらず、母・日野重子(ひのしげこ)の従兄弟である公家・烏丸資任(からすまるすけとう)の元で養育されていました。
すでにここで後の貴族趣味・文化人としての素地がつくられていたと考えても良いかもしれません。

文安6(1449)年、14歳になった義政は元服し、正式に将軍の座に就きました。

まだまだ若い将軍でしたが、この時の義政は、晩年とは違ってとてもやる気のある若者だったのです。
それについて次の項目で見ていきましょう。

やる気あふれる青年将軍・義政

やる気あふれる青年将軍・義政

image by iStockphoto

将軍就任時、義政は祖父・義満や父・義教のように強い将軍になろうという思いに満ちあふれていました。

享徳3(1445)年、義政が18歳の時には、関東地方で享徳(きょうとく)の乱というかなり長期にわたる内乱が起きます。
当初はかなり積極的に介入し、将軍の権力強化に努めていました。

しかし、青年将軍の周りには、野心多き大人たちがひしめいていたのです。

まずは義政の乳母・お今(おいま)こと今参局(いままいりのつぼね)。
次が義政を養育した公家・烏丸資任、そして義政の側近と言われる有馬持家(ありまもちいえ)でした。
「お今(おいま)」の「ま」、「烏丸資任(からすまるすけとう)」の「ま」、「有馬持家(ありまもちいえ)」の「ま」を取って、「三魔(さんま)」と呼ばれていました。

また、義政の実母・重子や正室となった富子(とみこ)など、彼女たちを含め姻戚の日野氏一族の力も強く、将軍に従うはずの守護大名たちもまた力をつけており、こうした勢力の政治介入によって義政は主導権を握ることができなくなっていったのです。
これが、彼が政治に無気力になっていく要因でもありました。

室町幕府を語るうえで:守護大名とは?

特に義政以降の室町幕府と将軍について語る際に、無視できない存在が守護大名です。

鎌倉幕府が守護・地頭を設置して地方を治める制度をつくったことは、学校でも教わったかと思います。
守護大名はその守護が元となっているんですよ。
鎌管時代は、軍事や警察のような役割を務めていました。

しかし室町幕府になると、軍事・警察権に加えて年貢や税の取り立てもできるようになります。
これで守護は経済面でも力を持つようになり、各国の豪族らを配下に加えてさらに影響力を増していくわけです。
これが守護大名で、いわゆる戦国大名のはしりのような存在なんですね。

力をつけた守護大名たちは、やがて幕府の政治に口を出すようになります。
くじ引きで将軍を選んだり、幼い将軍が続いたりしているくらいですから、正直、舐めてかかりますよね。

そのため、幕府は守護大名たちによる政権運営の様相を呈してくるのです。
主な守護大名は、斯波(しば)氏・畠山(はたけやま)氏・細川氏・山名(やまな)氏・大内氏・赤松氏などでした。

こうした強い守護大名たちの存在が、やがて起こる大乱・応仁の乱の火種となっていくことを覚えておいてくださいね。

守護大名たちの内紛

不安定な幕府が運営されていく一方、守護大名たちもそれぞれの家中でたびたびお家騒動などを起こしていました。

特に大きかったのが、畠山氏の内紛です。

幕府のNo.2である管領(かんれい)だった畠山持国(はたけやまもちくに)の後継を巡り、彼の息子・義就(よしなり)と甥・弥三郎(やさぶろう)が激しく対立し、家臣も二分されてしまいました。
そこに守護大名筆頭格の細川勝元(ほそかわかつもと)と山名宗全(やまなそうぜん)が介入し、彼らは弥三郎を支持します。

一方、まだやる気のあった義政は細川・山名の勢力に対抗したいという思いから義就を支持しました。
そのため、いったんは義就が家督を継ぎますが、やがて義政の威光を傘に着てやりたい放題してしまったため、両者も疎遠になっていきます。

この後、弥三郎が亡くなるとその弟・政長(まさなが)が後継ぎとして登場し、再び畠山氏は内乱を起こすことになるのです。
これが応仁の乱の直接の端緒となっていくわけなんですよ。

この辺りの名前はまた登場することになるので、頭の片隅に置いておいてください。

幕府の内紛で政治の自由を失う

幕府の内紛で政治の自由を失う

image by PIXTA / 13476205

守護大名が揉める一方、幕府内でも内紛が起きました。

寛政6(1465)年、武衛(ぶえい)騒動というものが起きます。

義政の最重要側近で、家を取り仕切る「家宰(かさい)」という地位にあった伊勢貞親(いせさだちか)が、有力守護大名のひとつである斯波氏のお家騒動に介入したのです。

しかし、細川勝元と山名宗全は「家宰ごときが!」と怒り、彼を追放してしまいました。

これによって側近を失った義政は、さらに政治の自由を失っていくこととなります。
そして守護大名がさらに力をつけ、政権の中心となっていくのでした。

妻・富子の台頭

妻・富子の台頭

image by PIXTA / 5273377

このように、幕府内は様々な内紛でゴタゴタ続きでした。

しかし、義政の頭痛の種はそれだけではなかったのです。
なかなか後継ぎの男子に恵まれなかったんですよ。

妻・富子はいったん男子を生みますが、早死にしてしまいます。
気が強い(というかもはや怖い)富子は、これを義政の乳母・今参局の呪いだとして、なんと彼女を流罪にしてしまいました。
こうして「三魔」の一角が崩れ、ここから富子やその側近たちが力を強めていき、本格的に義政は政治に背を向けてしまいます。

当時、大飢饉や災害が続き、民衆は飢えて困り果てていました。
しかし義政は「花の御所」と呼ばれる豪華な邸宅や日本庭園の建設ばかりに心血を注ぎ、まったく人々を顧みなかったのです。
時の天皇にまでいさめられても、義政はまったく改まることはありませんでした。
これが後世の悪評の決定的な要因ですね。

その後、どうしても男子が生まれない義政はついにある決心をします。

それは、僧となっていた弟・義視(よしみ)を自分の後継ぎにすることでした。

ところが、これがとんでもない方向にこじれていくことになるのです。

こじれにこじれる後継者争い

こじれにこじれる後継者争い

image by PIXTA / 1755145

寛正5(1464)年、義政は弟・義視を後継者に指名します。
はじめ義視は辞退しましたが、義政は「今後、自分に男子が生まれても仏門に入れるから」と約束したので、ようやくこれを受け入れたのです。

ところがこの翌年、なんと富子に男子が生まれ、名は義尚(よしひさ)と名付けられました。

もちろん、野心深い富子は息子を将軍にしようと動き出します。
そこで彼女は息子の後見を守護大名の山名宗全に頼みました。

一方、次期将軍の座が危うくなった義視は、自分の後見を山名宗全と同格の守護大名・細川勝元に依頼します。

山名・細川両氏は共闘することもありましたが、ここからはほぼ対立状態となっていくわけです。

こんな感じで義視(細川勝元)VS義尚・富子(山名宗全)という陣営ができ上がり、両者はいがみ合うようになりました。
しかしそれでも義政はどちらを後継ぎにするかの態度をあいまいにし、歌や茶の湯などに没頭していきます。
同時期に義政の側近が追放される事件(武衛騒動)もあったため、さらに義政は政治の自由を失ってしまいました。

ここには義政なりの意図があり、将軍をどちらかに譲った後に大御所として実権を握ろうと考えていたとも言われますが…皆さんはどんなふうに感じたでしょうか。

天下の大乱・応仁の乱が勃発

天下の大乱・応仁の乱が勃発

image by iStockphoto

さて、ここで畠山氏の内紛について思い出してみて下さい。

二つに分裂したうちの一派で、義政がかつて支援するも不仲になっていた畠山義就は地方へ逃げていました。
一方の畠山弥三郎は亡くなり、弟の政長が後を継いでいました。

実は両者にはさらなるバックがいました。
それが細川勝元と山名宗全なんですよ。
義就には山名宗全が、政長には細川勝元が付いていたんです。

義就は宗全の援護を受けて、再び畠山氏の当主となるべく大軍を率いて都に攻め寄せました。
対する政長はこれを迎え撃ち、文正2(のち応仁元、1467)年に御霊合戦(ごりょうがっせん)という戦いが起こります。
これが、以後11年にわたって続き、京都を焼け野原としてしまった応仁の乱の実質上の始まりと言われているんですよ。

ちなみに、御霊合戦の舞台となった場所が、現在の上御霊神社の境内に当たります。
入口には「応仁の乱発祥の地」という碑が建てられています。

では、義政は何をしていたのかというと、一連の畠山氏の内紛に関わることを禁じる命令を下しました。
しかしすでにお飾り状態の彼の言うことを聞く大名はおらず、細川勝元と山名宗全は領地の兵力を京都へ集め、それぞれ東軍と西軍として戦を始めてしまったのです。

京都の伝統織物「西陣織」という織物がありますよね。
これは、西軍が本陣を置いた付近に栄えた京織物が由来となっているんですよ。

態度が定まらない義政が起こした異例の事態

態度が定まらない義政が起こした異例の事態

image by PIXTA / 16298408

加えて、義政の態度にもさらに問題がありました。

将軍としては中立を保つべきだったのに、細川勝元の求めに応じて、東軍に将軍の旗を与えてしまったのです。
関わるなと言っておきながらこの態度…。

一方、細川勝元のところには、実は義視がいました。
義視は彼が自分を将軍にしてくれると目論んでいたのですが、結局動いてもらえません。
すると今度は、義視は山名宗全率いる西軍の方へ助けを求めてしまい、こちらで「新将軍」を名乗るに至りました。

加えて、京都が戦場となったために天皇のいる御所まで危ない状況となってしまいました。
そのため、時の天皇と上皇(後に出家して法皇)が義政の花の御所に避難し、花の御所が焼失すると富子の私邸で天皇・法皇・将軍が同居するという超異例の事態となったのです。
しかも、義政はこのときたびたび宴会を開いて楽しんでいたというのですから、もうどうしようもありませんでした。

義政は法皇とは蹴鞠仲間であったため、余計に仲良くなってしまったようですが、本来なら幕府と朝廷は一線を引いてある程度の距離を保たねばならないのに、それさえも崩れてしまったわけですね。

本当に、幕府も京都も守護大名もめちゃくちゃな状態になってしまったのです。

そもそもなんでこんなに大事になってしまったのだろう、というのがすべての人の本音かもしれません。

応仁の乱の終結、義政と富子の別居

東軍と西軍がぶつかった応仁の乱には、全国各地の大名が参戦し、状況はまさに膠着状態となってしまいました。

そうこうしているうちに、乱が始まって6年後の文明5(1473)年には山名宗全と細川勝元の両者が相次いで死去してしまいます。

2人の死をきっかけに、義政は将軍の座を息子の義尚に譲って隠居します。

しかし応仁の乱自体はまだもう少し続き、そのせいで文明8(1476)年には義政がいた花の御所まで焼失することとなってしまいました。
そのため、数年後には義政は富子と義尚とは離れ、ひとり別居します。

ここから彼らの仲はより疎遠になっていき、義政はより趣味の芸術の世界に生きることになったのです。

応仁の乱は、文明9(1477)年に和睦が成立し、西軍は解体されて終結となりました。
勝敗は正直、はっきりしていません。

ちなみに、応仁の乱の端緒となった畠山氏の争いは、乱の後も小競り合いが続きました。
しかし、戦に嫌気が差した人々が一揆を起こし、彼らは自国へ追い戻されることとなったのでした。
とはいえ、自国でまだ争っていたんですよ。

では、妻子と別居し、政務から離れた義政の生活について見ていきましょう。

東山山荘(後の銀閣)の建築

東山山荘(後の銀閣)の建築

image by PIXTA / 7645725

文明13(1481)年、義政は京都の東山山麓に自分の山荘を造り始め、翌年にはそこに移り、彼自身は「東山殿」と呼ばれるようになりました。

当時の都の状況は悲惨なものでした。
応仁の乱が終わったばかりで、経済も人々も疲れ切っていたのです。
それにもかかわらず、義政はそれを見ないふりするかのように税や労役を課して山荘の建築に没頭し、歌や茶道などに興じる日々を送っていました。

彼がそのとき建てたのが、現在「銀閣」と呼ばれている建築物や庭園です。

趣味に走った義政は批判の的となりましたが、この芸術三昧の日々が東山文化と呼ばれる芸術を花開かせることとなりました。

「わび・さび」を重要視した上品な文化は、私たちが知る京都の各地や芸術として今も目にすることができます。

例えば、枯山水の石庭が有名な龍安寺。
配置されている15の石は、どこから眺めてみても必ずひとつが見えないように配置されていることで有名ですよね。

また、茶道の祖が現れたり、華道の家元・池坊(いけのぼう)が出てきたりしたのもこの頃なんですよ。

そして、禅と茶の湯を組み合わせるのも流行しましたが、このとき有名になったのが禅僧の一休宗純(いっきゅうそうじゅん)、私たちが良く知るとんちで有名な「一休さん」のモデルです。

応仁の乱によって京都が戦場となったため、多くの文化人や知識人は地方の守護大名などを頼って逃げていきました。
このため、地方にもこうした文化が広まっていくこととなり、結果として日本全体の文化の成熟度が上がることとなったのです。

ただ、こうした義政の放蕩ぶりは、確実に幕府の財政を傾けることとなってしまいました。

義政が精魂傾けた東山文化の粋・銀閣

義政が精魂傾けた東山文化の粋・銀閣

image by PIXTA / 24186562

義政が建設した東山山荘(東山殿)は、文明14(1482)年に建築が開始され、翌年には義政が移り住んできました。
しかし、義政自身は完成を待たずにその7年後に亡くなってしまいます。

そのため、残された東山殿は寺となり、義政の法名・慈照院(じしょういん)にちなんで慈照寺(じしょうじ)と呼ばれるようになりました。

いま、私たちは「金閣、銀閣」というふうに呼んでいますが、実はこの呼び名は江戸時代になってから定着したものなんです。

銀閣と呼ばれている建物は、正式には慈照寺の観音殿という建物なんですよ。
観音殿を含めた寺院すべてが「銀閣寺」という通称で呼ばれているというわけです。

ちなみに、金閣寺も同様なんですね。
あの金色の豪華な建物「金閣」には、鹿苑寺舎利殿(ろくおんじしゃりでん)という名前が付いています。

ところで、金閣には金箔が貼ってありますが、銀閣には銀箔は貼られておらず、黒漆塗仕上げとなっています。
渋いですよね。
これもまた東山文化の「わび・さび」なんです。

また、銀閣のてっぺんには鳳凰のモチーフが設置されていますが、これにもちゃんと意味があるんですよ。
太陽が昇る東を向いていて、中に祀られている観音菩薩を守っているとされています。

義政の時代とその直後に完成した銀閣寺は、当時は多くの建物や庭園があり立派な姿をしていたそうです。
政務を執ることもできる場所だったそうですよ。
しかし、室町末期の戦乱により、銀閣と東求堂(とうぐどう)以外は焼失してしまいました。

現在の銀閣寺の姿は、江戸時代(大坂の陣の頃)に大改修が加えられたものです。
有名な庭園の2つの盛り砂はこの頃にもうけられました。
砂を波紋のように整えた「銀沙灘(ぎんしゃだん)」や、小山のような「向月台(こうげつだい)」がそれです。

これらはすべて世界遺産「古都京都の文化財」の一部として登録されています。

最後に義政が見せた将軍らしさ

最後に義政が見せた将軍らしさ

image by PIXTA / 8111552

富子や義尚らと別居し、東山山荘へと移った義政ですが、一応は「元将軍」であり、大御所としての存在感を持っていました。

その最晩年に、彼はようやく若かりし頃持っていたであろうやる気を見せます。

関東ではまだゴタゴタが続いており、義政が将軍になった直後に始まった享徳の乱が終わっていませんでしたが、義政はこれに介入して終結させます。
その他、守護大名同士の対立を仲介して仲直りさせたりもしました。

また、年貢の滞納で困窮していた天皇から相談を受けると、自腹でお金を出して皇室を助けたりもしたんですよ。

こうした対応もできたのですから、応仁の乱のころにもう少し将軍らしさを見せてくれていたら…と思いますよね。

やがて出家して第一線を退いた義政ですが、後を継ぎ成長した息子・義尚が守護大名討伐の最中に突然亡くなってしまうという事態に直面します。

これに際して、義政は表舞台に復帰を図ろうとしますが、ここで富子の反対に遭った上に、運悪く病気になってしまい果たせなくなりました。

そこで、義政は他の守護大名の元に亡命していた弟・義視と仲直りすることにします。
そして義視の嫡男・義材(よしき、後に義稙/よしたね)を養子として、10代将軍に指名します。
もちろん、ここにも富子の意思は働いていましたが…。

とはいえ、何とか幕府の行く末に道筋をつけると、延徳2(1490)年、義政は55歳で亡くなりました。
人生の半分近くを趣味に注ぎ込んだ生涯でした。

稀代の悪妻!?義政の正室・日野富子

稀代の悪妻!?義政の正室・日野富子

image by PIXTA / 1202107

足利義政といえば、日野富子。
この夫妻は必ずセットで語られると言ってもいいでしょう。

稀代の悪妻として知られる富子についても、この項目でご紹介したいと思います。

富子は永享12(1440)年に生まれました。
後に夫となる義政の4歳下に当たります。

康正元(1455)年、富子は16歳で義政に嫁ぎました。
生家の日野家は、足利将軍家とも親戚筋に当たる名門で、義政の母・重子もまた日野家出身で富子の大叔母だったのです。

こうした生家の強みもあったのでしょうが、富子はとても気が強い女性でした。

実は将軍となる息子・義尚の前にも男子を生んでいたのですが、この子は幼くして亡くなってしまいます。
すると富子は、当時義政の信頼を得て政治にまで影響力を持っていた乳母・今参局が呪ったせいだとして、彼女を琵琶湖の沖島へと流罪にしてしまったのです。
しかも、今参局は途中で自害しています。
これには富子だけでなく義政の母・重子の指図もあったとされています。
日野家の女性、恐るべし。

他にも富子は義政の側室に嫉妬し、4人も追放処分にしています。

我が子を将軍に!富子の執念

第1子の夭逝の後、富子にはなかなか子供ができませんでした。
そのため、義政は弟・義視を僧侶から還俗させて自分の後継ぎにしようとします。

ところがなんと、その翌年に富子は男の子を生みました。
これがのちの9代将軍・義尚です。

となれば、富子は何としてでも我が子を将軍にしたいと画策し始めました。
もともと人一倍気が強く、権力欲もあった彼女です。
そこで、有力守護大名・山名宗全に義尚の後見を頼んだのでした。

一方、自身の立場が危うくなってきた義視は、細川勝元に後見を依頼します。

これが応仁の乱の要因のひとつになったということは、前の項目でもご紹介したとおりです。

では、応仁の乱が起きて京都が戦場になっている間、富子は何をしていたのでしょうか。

富子のような女性があたふたしているわけもありません。
西軍の山名宗全に肩入れはしていましたが、何と彼女は自身が持つ莫大なお金を東軍・西軍の両方に貸し付けて儲けていたんですよ。
ここで彼女のイメージにまたひとつ、「強欲な女性」というものが加わってしまいました。

さらに、応仁の乱で燃えた内裏の修繕費を得るために京都に造られていた関所の通行料を自分の懐に入れてしまったりもしましたし、それに対して起きた一揆に弾圧を加えたりもしたのです。

夫や息子よりも権力への欲!

義政はやがて義尚に将軍職を譲って隠居し、富子とも別居します。
この時点で夫婦の仲は冷え切り、名目だけの夫と妻となってしまいました。

当時まだ幼かった義尚の後見は、富子の兄である日野勝光(ひのかつみつ)が務めました。
そのため、政治の実権は勝光と富子のものになったわけです。

こうして息子・義尚を将軍の座につけた富子ですが、義尚が成長するにつれて母子の仲も険悪になっていきます。
義尚が、政治に口出ししてくる富子を嫌うようになったのでした。
そして、義尚は25歳のときに遠征中の陣中で亡くなってしまうのです。

一度はさすがの富子も落ち込んだようですが、ここで引っ込む女性ではありませんでした。
すぐさま彼女は次の将軍を誰にするか画策し、夫・義政の弟で息子と後継を争った義視の息子・義材(後に義稙)を引っ張り出し、10代将軍としたのです。

ところが、富子がまだ政治に介入し続けたため、義視や義材は反発を強めました。
すると、何と富子は義材が出征している間にクーデターを起こして彼を追放してしまったのです。
そして義政の甥である義澄(よしずみ)を連れてきて11代将軍としたのでした。

このように、人生のほとんどを権力争いとその行使に費やした富子は、政治への絶大な影響力を持ったまま、明応5(1496)年に57歳で亡くなります。
義澄を11代将軍とした3年後のことでした。

彼女がいたから義政は政治への関心を失ったのかもしれませんが、彼女が政権の中枢で力を持ち続けたからこそ、幕府は義政がいなくても何とかなっていたのかもしれないとも考えられます。
義政の人生を見ていくと、富子にも俄然興味がわいてきませんか?

将軍としては失格も、文化人として一流

いかがでしたか?やる気に燃えていた若者が、挫折を経験し希望を失い、やがて現実に背を向けて自分の世界に閉じこもっていく様子が、義政の人生にはありありと描かれています。
ある意味現代にも通じる人生の縮図が見られるようですよね。
しかし、義政の芸術面への貢献ははかりしれません。
東山文化は茶道や華道で今に伝わっていますし、銀閣は世界遺産の一部にもなっています。
彼の生き方は将軍としては誉められたものではないかもしれませんが、文化人としてはとても充実したものだったと思います。
生まれる時代が違っていたら、それこそ人々の尊敬を集める存在になったのかもしれませんね。
photo by PIXTA and iStock

xiao

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

歴史

歴史の記事を見る

イギリスの旅行業者の努力が実った!観光旅行は、こうやってはじまった
大阪交野に遺された巨石の謎とは!?「磐船神社」探訪記
【アメリカ】ゴールドラッシュの成功者が起こした鉄道事業!大陸横断鉄道はこうやってはじまった
フランスを救った少女が火刑に処されたのはなぜ?悲劇のヒロイン「ジャンヌダルク」っていったいどんな人物?
群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介
名古屋市の観光名所「中村公園」は必見!行き方や予算、営業時間は?
今も生き続ける「伝説」を残した英雄ナポレオン皇帝の歴史
スペインからの侵略によるアジア情勢不安が起因?『朝鮮出兵』は秀吉の宿命だった
秀吉に義を尽くした石田三成ってどうしてどうして悪人に仕立てられたの?
イギリスから始まった、ヨーロッパの社交場!コーヒーハウスの歴史ってどんなものだろう
俵やタルで陣地を作った?指揮官が逃げまくった「鳥羽伏見の戦い」とは?
東京オリンピックまでに知っておきたい「オリンピックの歴史」