政治に無気力、趣味に没頭したってホント?足利義政の生涯とは

室町幕府の第8代将軍・足利義政については、二通りのイメージがあるかもしれません。銀閣を建てた文化人としての顔、そして、政治を半ば放棄し応仁の乱という長い戦乱を長引かせた無気力な一面…果たして、本当の義政の姿とはどんなものだったのでしょうか。やる気に満ち溢れた青年期から、現実に背を向けるに至るまで、彼の人生を詳しくご紹介したいと思います。戦国時代の幕開けに至る当時の複雑な背景と合わせて、義政の心情に迫ってみましょう。

父と兄の相次ぐ死により将軍となる

父と兄の相次ぐ死により将軍となる

image by PIXTA / 26503306

足利義政は、永禄8(1436)年に、室町幕府第6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)の三男として生まれました。

父・義教は金閣寺を造り幕府の全盛期を築いた3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)の息子であるため、義政は義満の孫に当たります。

義教もまた数奇な人生を生きた人物で、くじ引きで選ばれた将軍でした。
そのため幕府の権威を強めようとかなり厳しい姿勢で政治に臨んでいます。
それは恐怖政治にも等しく、「悪御所」、「悪将軍」とまで呼ばれていました。

そのため、義教は嘉吉元(1441)年、義政が6歳の時に側近に暗殺されてしまうのです。

義教の後を継いだのは、義政の同母兄である義勝(よしかつ)でした。
しかし彼はたった8ヶ月で幼くして亡くなってしまいます。

というわけで、当時わずか8歳だった義政に将軍職というお鉢が回ってくることになったわけです。

と言っても、義政は兄がいたために後継者になるとはみなされておらず、母・日野重子(ひのしげこ)の従兄弟である公家・烏丸資任(からすまるすけとう)の元で養育されていました。
すでにここで後の貴族趣味・文化人としての素地がつくられていたと考えても良いかもしれません。

文安6(1449)年、14歳になった義政は元服し、正式に将軍の座に就きました。

まだまだ若い将軍でしたが、この時の義政は、晩年とは違ってとてもやる気のある若者だったのです。
それについて次の項目で見ていきましょう。

やる気あふれる青年将軍・義政

やる気あふれる青年将軍・義政

image by iStockphoto

将軍就任時、義政は祖父・義満や父・義教のように強い将軍になろうという思いに満ちあふれていました。

享徳3(1445)年、義政が18歳の時には、関東地方で享徳(きょうとく)の乱というかなり長期にわたる内乱が起きます。
当初はかなり積極的に介入し、将軍の権力強化に努めていました。

しかし、青年将軍の周りには、野心多き大人たちがひしめいていたのです。

まずは義政の乳母・お今(おいま)こと今参局(いままいりのつぼね)。
次が義政を養育した公家・烏丸資任、そして義政の側近と言われる有馬持家(ありまもちいえ)でした。
「お今(おいま)」の「ま」、「烏丸資任(からすまるすけとう)」の「ま」、「有馬持家(ありまもちいえ)」の「ま」を取って、「三魔(さんま)」と呼ばれていました。

また、義政の実母・重子や正室となった富子(とみこ)など、彼女たちを含め姻戚の日野氏一族の力も強く、将軍に従うはずの守護大名たちもまた力をつけており、こうした勢力の政治介入によって義政は主導権を握ることができなくなっていったのです。
これが、彼が政治に無気力になっていく要因でもありました。

室町幕府を語るうえで:守護大名とは?

特に義政以降の室町幕府と将軍について語る際に、無視できない存在が守護大名です。

鎌倉幕府が守護・地頭を設置して地方を治める制度をつくったことは、学校でも教わったかと思います。
守護大名はその守護が元となっているんですよ。
鎌管時代は、軍事や警察のような役割を務めていました。

しかし室町幕府になると、軍事・警察権に加えて年貢や税の取り立てもできるようになります。
これで守護は経済面でも力を持つようになり、各国の豪族らを配下に加えてさらに影響力を増していくわけです。
これが守護大名で、いわゆる戦国大名のはしりのような存在なんですね。

力をつけた守護大名たちは、やがて幕府の政治に口を出すようになります。
くじ引きで将軍を選んだり、幼い将軍が続いたりしているくらいですから、正直、舐めてかかりますよね。

そのため、幕府は守護大名たちによる政権運営の様相を呈してくるのです。
主な守護大名は、斯波(しば)氏・畠山(はたけやま)氏・細川氏・山名(やまな)氏・大内氏・赤松氏などでした。

こうした強い守護大名たちの存在が、やがて起こる大乱・応仁の乱の火種となっていくことを覚えておいてくださいね。

守護大名たちの内紛

不安定な幕府が運営されていく一方、守護大名たちもそれぞれの家中でたびたびお家騒動などを起こしていました。

特に大きかったのが、畠山氏の内紛です。

幕府のNo.2である管領(かんれい)だった畠山持国(はたけやまもちくに)の後継を巡り、彼の息子・義就(よしなり)と甥・弥三郎(やさぶろう)が激しく対立し、家臣も二分されてしまいました。
そこに守護大名筆頭格の細川勝元(ほそかわかつもと)と山名宗全(やまなそうぜん)が介入し、彼らは弥三郎を支持します。

一方、まだやる気のあった義政は細川・山名の勢力に対抗したいという思いから義就を支持しました。
そのため、いったんは義就が家督を継ぎますが、やがて義政の威光を傘に着てやりたい放題してしまったため、両者も疎遠になっていきます。

この後、弥三郎が亡くなるとその弟・政長(まさなが)が後継ぎとして登場し、再び畠山氏は内乱を起こすことになるのです。
これが応仁の乱の直接の端緒となっていくわけなんですよ。

この辺りの名前はまた登場することになるので、頭の片隅に置いておいてください。

幕府の内紛で政治の自由を失う

幕府の内紛で政治の自由を失う

image by PIXTA / 13476205

守護大名が揉める一方、幕府内でも内紛が起きました。

寛政6(1465)年、武衛(ぶえい)騒動というものが起きます。

義政の最重要側近で、家を取り仕切る「家宰(かさい)」という地位にあった伊勢貞親(いせさだちか)が、有力守護大名のひとつである斯波氏のお家騒動に介入したのです。

しかし、細川勝元と山名宗全は「家宰ごときが!」と怒り、彼を追放してしまいました。

これによって側近を失った義政は、さらに政治の自由を失っていくこととなります。
そして守護大名がさらに力をつけ、政権の中心となっていくのでした。

妻・富子の台頭

妻・富子の台頭

image by PIXTA / 5273377

このように、幕府内は様々な内紛でゴタゴタ続きでした。

しかし、義政の頭痛の種はそれだけではなかったのです。
なかなか後継ぎの男子に恵まれなかったんですよ。

妻・富子はいったん男子を生みますが、早死にしてしまいます。
気が強い(というかもはや怖い)富子は、これを義政の乳母・今参局の呪いだとして、なんと彼女を流罪にしてしまいました。
こうして「三魔」の一角が崩れ、ここから富子やその側近たちが力を強めていき、本格的に義政は政治に背を向けてしまいます。

当時、大飢饉や災害が続き、民衆は飢えて困り果てていました。
しかし義政は「花の御所」と呼ばれる豪華な邸宅や日本庭園の建設ばかりに心血を注ぎ、まったく人々を顧みなかったのです。
時の天皇にまでいさめられても、義政はまったく改まることはありませんでした。
これが後世の悪評の決定的な要因ですね。

その後、どうしても男子が生まれない義政はついにある決心をします。

それは、僧となっていた弟・義視(よしみ)を自分の後継ぎにすることでした。

ところが、これがとんでもない方向にこじれていくことになるのです。

こじれにこじれる後継者争い

こじれにこじれる後継者争い

image by PIXTA / 1755145

寛正5(1464)年、義政は弟・義視を後継者に指名します。
はじめ義視は辞退しましたが、義政は「今後、自分に男子が生まれても仏門に入れるから」と約束したので、ようやくこれを受け入れたのです。

ところがこの翌年、なんと富子に男子が生まれ、名は義尚(よしひさ)と名付けられました。

もちろん、野心深い富子は息子を将軍にしようと動き出します。
そこで彼女は息子の後見を守護大名の山名宗全に頼みました。

一方、次期将軍の座が危うくなった義視は、自分の後見を山名宗全と同格の守護大名・細川勝元に依頼します。

山名・細川両氏は共闘することもありましたが、ここからはほぼ対立状態となっていくわけです。

こんな感じで義視(細川勝元)VS義尚・富子(山名宗全)という陣営ができ上がり、両者はいがみ合うようになりました。
しかしそれでも義政はどちらを後継ぎにするかの態度をあいまいにし、歌や茶の湯などに没頭していきます。
同時期に義政の側近が追放される事件(武衛騒動)もあったため、さらに義政は政治の自由を失ってしまいました。

ここには義政なりの意図があり、将軍をどちらかに譲った後に大御所として実権を握ろうと考えていたとも言われますが…皆さんはどんなふうに感じたでしょうか。

xiao

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

焼き物の街「愛知県・常滑」と県内屈指のリゾート地「美浜」で見られる歴史的スポット9選
「羽柴秀吉」とは?百姓以下の身分から成り上がった、土木工事と兵糧攻めが得意な天下人!
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
研究に人生を捧げた奇才・天才学者「南方熊楠」とは?
津軽の名城『弘前城』の歴史と魅力あふれる観光ポイントを解説
韓国の世界遺産を全部解説!一覧でわかる韓国の歴史
東インド会社の歴史をわかりやすく!”世界初の株式会社”の栄光と挫折
【歴史】ペルシア戦争の意義って?ギリシア・ポリスの自由のための戦争だった?
『痴人の愛』『細雪』を生み出した小説家・谷崎潤一郎とは?
世界史の奇跡!?江戸時代の歴史まるかじり
観光の前にチェック!京都「祇園四条」の歴史 とおすすめ観光スポット
【三重県】東海道の宿場町・関宿は、歩きたくなるスポット。歩いて、眺めて、食べて、最後は足湯へ!