東京オリンピックまでに知っておきたい「オリンピックの歴史」

2013年9月7日、アルゼンチンで開催された国際オリンピック総会で2020年のオリンピックとパラリンピック競技大会の開催地が東京に決まりました。1964年の東京オリンピックから56年。日本中が注目し、経済的にも大きな貢献のあったオリンピックが日本にやってきます。
2020年にオリンピックが始まるまでに、オリンピックの歴史を知っておくことで、ちょっと違った楽しみ方もできるかもしれません。
オリンピックは古代ギリシャの時代から一度廃止され、19世紀の終わりに復興され、現在に至ります。オリンピックが始まり現代まで受け継がれるまでの間、オリンピックはどのように変わっていったのでしょうか。まずは古代のオリンピックの様子からみていきましょう!

はじまりのきっかけは神様のお告げ

はじまりのきっかけは神様のお告げ

image by iStockphoto

古代ギリシャの国と人々

古代オリンピックと呼ばれる「オリンピアの祭典」が文献などに記述されているのは紀元前776年が最古になります。

場所はギリシャのアテネより西側にあるオリンピア。

今では遺跡として残るゼウス神殿の周辺にある競技場で行われました。

当時のギリシャは都市国家と言われる都市を中心とした小さな国家が1500以上も乱立しており、互いに対立している時代でした。

ギリシャには山が多く、都市国家同士が山に隔たれており、まとまった大きな国家になりにくい地形だったためこのようなことがおこりました。

しかし、同じ言葉を話し、食習慣も似ていたため、彼らは違う都市国家の人間であっても同じギリシャ人だと考えていました。

そんな彼らが信仰していたのがギリシャ神話でおなじみのオリュンポス12神たちを中心とする信仰。

ギリシャ人たちは自然の中に神を見出し、敬い感謝し、時には恐れながらも身近に神様を感じて捧げものや祈りをささげていました。

アポロン神のお告げ

オリュンポス12神の中でも有名な全知全能の最高神・ゼウスの名前を聞いたことがる方も多いのではないでしょうか。

ゼウス神は主に天を司る神で雷を持った姿であらわされることが多いのですが、雷には雨の意味もあり、農耕をするうえでとても大事にされている神でした。

その息子の太陽神アポロンは預言・信託の神でもありました。
人々はアポロンのデルフォイ祭壇に供物を捧げながら神の声を乞うことを日常的に行っていました。

ある時、戦争が続き、さらに疫病が治まらず困った都市国家エリスの王がアポロンのデルフォイ神殿に行き、神託を乞うたところ「すべての争いを止めてゼウス神殿の祭典を復活させよ」という答えが返ってきました。

エリス王はその神託に従い、戦争を止めて古来より行われていたゼウス神への生贄と競技会をおこなったことで疫病が治まったのです。

その紀元前776年の祭典を第1回とし、以降4年に一度392年に禁止されて終わりを迎える1200年間中止されることなく開催されました。

忘れてはならぬ。神へ捧げる祭典である

忘れてはならぬ。神へ捧げる祭典である

image by iStockphoto

開催を告げると同時に休戦を告げる使者

4年に一度の開催期間はエリスの識者たちによって決められます。

神託にあったように祭典を行う期間中は一切の戦争は禁止になりますので、開催を告げる使者は休戦を告げる使者でもありました。

当初の開催期間は1日でしたが、時代を経て規模が大きくなり、仕組みが変わって5日間の開催になったことから、休戦期間が3カ月程度設けられるようになります。

最初はギリシャ半島の都市国家からの参加でしたが、植民地のシチリアやスペインからも選手が加するようになります。
3か月の休戦期間は参加する選手たちが安全にオリンピアへ来て帰れる期間だったのです。

建前だけでない平和の祭典

古代の戦争には共通認識のようなルールがありました。
夜討朝駆けはしないといったものから、飛び道具は使わないなど。
その中に戦争は夏の期間だけ行うというものもあります。

たいへんおおらかな時代に感じますが、彼らの戦争はシンプルで、基本的に生きていくための食糧の確保のために領地を広げる戦争になります。
農業に従事している自由民が兵士たちなので、通年で戦争を行うと国の農作物が育たず、国自体が弱体化してしまうのです。
そのため、戦争は小麦の借り入れが終わり農閑期にすることが習わしでした。

そして、オリンピアの祭典も農閑期にあたる8月下旬ごろに行われたのでオリンピアの祭典がある年は戦争がない年になるのです。

そのため平和の祭典と言われるようになったのではないでしょうか。

この休戦の期間中に戦いをした都市は祭典を汚したとして、その都市の選手は参加資格を失います。
実際にスパルタがこの禁を犯したときには有力選手であったスパルタの選手は参加できなくなったことがありました。

神へ捧げる祭典であることを忘れず、建て前での戦争中止ではなかったようです。

オリンピアの祭典のルール

オリンピアの祭典のルール

image by iStockphoto

オリンピアの祭典への参加資格

オリンピアの祭典に参加できる選手たちも今と同じ選ばれた人たちではありましたが、その参加資格は近代のオリンピックとは異なった点も多いのです。

まず、アマチュアという概念がありませんでした。
参加する人たちは幼少のころからその素質を見出されて、専門のコーチに鍛えられたプロの選手たちでした。

そして、参加できるのは男性だけで女性は選手としての参加は元より、観戦すらもできなかったと言われています。
例外としては戦車競技の戦車の持ち主であった場合だけでした。

続いて、男性であってもギリシャ人の自由民であること。
自由民とは両親ともがギリシャ人であって、奴隷と外国人には参加資格はありません。
ローマ時代になるとギリシャ人は自らをローマ人と言うようになり、純粋なギリシャ人は少なくなってきたことから両親のうちのどちらかがギリシャ人またはギリシャ語を解する者で奴隷や女性でなければ参加が許されたようです。

yuchico

Writer:

旨いものとヨーロッパが大好きなアラフォー女子。背中に羽の生えたペガサスのようにジャンルを問わず様々なことに興味を持ってはアレコレと調べるクセがあります。 1人でも多くの方が、今まで見たことのない景色や面白さを感じていただけるような記事を書けるよう、精進の日々です。

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

江戸時代の最悪の法「生類憐れみの令」ってなぜおきたの?真実は?
「醍醐天皇」の歴史。古今和歌集に半生を賭けた天皇
「青蓮院門跡」の歴代門主を務めた錚々たるメンバーをご紹介
大自然に抱かれて!標高700mの温泉地・箱根「強羅温泉」の歴史と魅力
松永久秀は稀代の悪党か?あの信長を2度も裏切った、やりやい放題の伝説まとめ
札幌観光ならここ!見どころをざっくりご紹介
戦国時代の名武将・武田信玄を右腕として支えた弟「武田信繁」とは?
幕府相手に強烈な皮肉を食らわせた「反骨の浮世絵師」歌川国芳とは?
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
”日本三大美肌の湯”嬉野温泉でゆったりほっこり歴史散歩
日本を変えた天皇が愛した離宮・大覚寺
桜に囲まれた格式高い「仁和寺」の天皇をめぐる歴史ロマン