イギリスから始まった、ヨーロッパの社交場!コーヒーハウスの歴史ってどんなものだろう

今では気軽に飲めるコーヒーも、昔はお店でしか飲むことができない貴重なものでした。そんな時にできたのがコーヒーハウスです。ここでは人々が集まり、色々な話しをしながらおいしいコーヒーをたしなんだとか?ヨーロッパの人々がたまり場的存在としたコーヒーハウスって、どんなものなのか気になりませんか?今回は、コーヒーハウスについてご紹介したいと思います。

コーヒーハウスってどうしてできたの?

コーヒーハウスってどうしてできたの?

image by iStockphoto

コーヒーハウスの始まりは諸説ありますが、一般的には1650年にユダヤ人のジェイコブズという人がオクスフォードに開店したことから始まったといわれています。
ジェイコブズは、開店後数年でロンドンに新しい店を開きました。
同じ頃フランスの上流階級では、おいしいコーヒーの茶器と共にトルココーヒーが流行っており、コーヒーサロンが作られています。

当時1ペニーを払えば身分に関係なく誰でも気軽にコーヒーを飲めるコーヒーハウスは人気を博し、17世紀末にはロンドンだけで3000店以上、1714年には約8000店も誕生したといわれています。
最初に開いた、オクスフォードのコーヒーハウスは、ユダヤ人のジョブソンが受け継いでおり、その後もいくつかの店を出店するほど流行りました。
オクスフォードにはエール・ハウス(酒場)が350件もあったようで、コーヒーは二日酔いの特効薬としても使われたとか?

当初のコーヒーハウスの雰囲気

当初のコーヒーハウスの雰囲気

image by iStockphoto

近世のコーヒーハウスは、アルコールが禁止だったことはもちろんですが、雰囲気が悪くならないように賭博も禁止されていました。
店の壁には、「身分にかかわらず誰でも歓迎!」とか、「他人を口汚い言葉でしゃべること禁止!」、「大声での議論ではなく、静かに語り合うこと」など、店内の雰囲気作りに気を使っています。

要するに、紳士的なマナーをお客たちに求めていたようです。
コーヒーはお酒よりもリーズナブルにたしなめ、さまざまな病気に効能があるとの触れ込みで集客力を高めました。
でも、女性は入店することを禁じられており、あくまでも男性が気分良く過ごせる社交場という存在でした。

コーヒーハウスの役割

コーヒーハウスの役割

image by iStockphoto

コーヒーハウスでは、たばこが盛んに吸われたようです。
コーヒーに入れる砂糖は、かなりの消費量だったとか。
砂糖、たばこ、コーヒーなどが新大陸から輸入されることで、経済効果ももたらしています。
これは、イギリス産業革命の資本となった、ヨーロッパ本土と新大陸アメリカ(イギリス植民領)、西インド諸島とアフリカ大陸間で行われていた三角貿易によって輸入されたものです。

もちろん経済効果だけではありません。
世界中の植民地から集まる情報交換の場となり、新聞や雑誌などが置かれ、最新ニュースが提供されていました。
しかも、字が読めない人のために、新聞や雑誌を朗読してくれる人までいたようです。
自分と同じ趣向を持つ人同士が楽しく語り合える場所となり、政治を始め、文学や芸術など多彩な話題が飛び交っていました。

にせ医師にインチキ薬が横行するコーヒーハウス

にせ医師にインチキ薬が横行するコーヒーハウス

image by iStockphoto

当時のロンドンって実は不潔で不衛生だったのです。
このことから病に伏せる人も出てくるほどで、ペストの大流行も起こっています。
こういう状況下にあり、にせ医者やインチキ薬が出回りました。
そういう人たちは、どうしたら宣伝ができ、注目を浴びて大儲けできるかを考えるのは今も昔も変わらないことですね。

コーヒーは当時薬の一つとされており、宣伝に使われた場所がコーヒーハウスでした。
コーヒーハウスで有名になった医者の逸話があります。
スコットランドの洋服屋だった、ウィリアム・リードです。
彼はアン王女の眼を治したとし、コーヒーハウスで大々的に宣伝しています。
有名な眼科医となり、ナイトの称号も与えられています。
でも、『ガリバー旅行記』などで有名な作家のスウィフトは彼のことを、「イカサマ医師」と断言しているようです。

社交場から仕事場へと変化するコーヒーハウス

社交場から仕事場へと変化するコーヒーハウス

image by iStockphoto

コーヒーハウスが流行った頃は、英国を始めヨーロッパの政治において激動の時代でした。
1640年からはじまった「清教徒革命」、クロムウェルの独裁、王政復古、1688年の名誉革命によって議会政治が始まり、18世紀に興った産業革命に繋がっていきました。

image by iStockphoto

経済人やジャーナリスト、スパイまで足を運んでいたというコーヒーハウスは、お客にとっても店主にとっても楽しんでお茶をする社交場の役割から、真剣に仕事をする場に変化していきました。
コーヒーハウスの功績は、ロイドだけではないんですよ。
異常な旋風を巻き起こした株式ブームの舞台もコーヒーハウスで起こっています。
実は、都市部のコーヒーハウスは、株取り引きの場となり「南海泡沫事件」も起こりました。

王まで巻き込んだ!政治がらみのコーヒーハウス

王まで巻き込んだ!政治がらみのコーヒーハウス

image by iStockphoto

コーヒーハウスは王政にとって危険な存在になると危惧し、チャールズ2世は自身が死ぬ1685年まで、ニュースの流布や国事を悲観することを禁じていました。
このコーヒーハウスの存在には手を焼いたようです。
1660年にブレダ宣言を提示して王政復古を果たした王だからこそ思いも強かったんでしょうね。

でも、王権と議会の対立はその後もどんどん深まり、議会政治が始まりました。
コーヒーショップでは、王の対策に反して、政治との関係がますます深まっていきます。
当時議会政治の2大政党として権力をふるっていたのが、トーリーとホイッグでした。
この2大政党の中からも、自分の政治的な思いを同じくする仲間同士が集まって、政治クラブが誕生します。
彼らは、議会の開催地であるウエストミンスターホールの近くにあるコーヒーハウスで連日のように論議を繰り広げていたようです。

コーヒーハウスから発展した有名保険会社ロイズ

コーヒーハウスから発展した有名保険会社ロイズ

image by iStockphoto

ロンドンにある世界有数の保険会社として知られるロイズですが、実はコーヒーハウスから始まっています。
1688年頃に、エドワード・ロイドがロンドンにロイズ・コーヒー・ハウスを開店したのです。
このお店には、貿易商や船員などが特に多く集まり、大人気店へと成長しました。
店舗が手狭になり、銀行や保険会社が建ち並ぶ金融街となっているロンバード・ストリートに移転しています。

最新の開示ニュースを発行するサービスを行ったことが、繁栄の要因だったとか。
次第に保険引受業者(アンダーライター)が集まるようになり、ロイズ海上保険会社の先駆けとなっていきました。
このことからも見えるように、立地などの条件から商人が出入りする店、芸術家が論争を繰り広げる店、法律家が集う店など、この頃のコーヒーハウスは、個々に特徴を持つようになっています。

どうしてコーヒーハウスは衰退した?

どうしてコーヒーハウスは衰退した?

image by iStockphoto

初期のコーヒーハウスは、庶民が気軽に訪れることができる上品な社交場といったものでした。
コーヒーやココア、紅茶などを提供し、酒類は禁止という健全を重要とする場だったのです。
18世紀になると、このようなしばりつけは一切無くなり、酒を飲む人、トランプやサイコロなどの賭博も行われるようになっていきます。
静かに会話を楽しむ場ではなく、喧嘩が絶え間なく起こりました。
それにより、人々の足が遠のいたのです。

客が話すゴシップネタを集めた『コーヒー・ハウス・ガゼット』という新聞が、1729年にコーヒーハウスの店主の発案により発行されることとなりました。
常連客たちは自分の話したことが記事になったと大喜びしたのです。
いつしか記事に対する批判が殺到するようになり、情報を集める場としての信頼を失ったことも衰退の起因となりました。

中国茶への敗北も衰退の原因

中国茶への敗北も衰退の原因

image by iStockphoto

時代の変化で、これまでアラビアのモカコーヒーが主に使われていたイギリスですが、ヨーロッパでは18世紀の半ばにジャワ・コーヒーが安値で取り引きされるようになります。
しかし、もっと安い中国茶が、主な輸入品となり、次第にコーヒーの輸入量が激減したのです。
コーヒーが高く取り引きされるようになると自ずとコーヒーハウスは激減しました。
そこに、女性の入店を禁止していたことで、女性批判を生みコーヒーハウスは衰退していったのです。

店舗は、酒場や宿屋、書店などに変わっていきました。
コーヒーハウス自体はヨーロッパ各地でカフェという存在に変化していきました。
カフェでコーヒーを楽しむ人は多いですよね。
このようにカフェが成り立つ上でも、コーヒーハウスは大切な存在だといえます。
ロンドンにはいくつもの名門クラブが残っており、現在もイギリスの政財界に影響を及ぼしているといえます。

かつて、時代の先端を走りぬけたイギリスのコーヒーハウス文化は、イギリス社会に大きな影響を与えています

たった、50~100年の間に栄華を誇ったコーヒーハウスですが、イギリスの文化や社会に影響を与えたということは事実です。
イギリス様式庭園の発達により野外公園が作られ、多くの人はお茶を公園へ飲みに行くという新しい文化の発達や、新聞の一般化により情報を入手しやすくなったことも、コーヒーハウスが衰退した要因となっています。
でも、今でも、イギリスにはコーヒーハウスの名残を残す、クラブやカフェが存在しています。
かつての栄光を体感しに訪れてみませんか?
photo by iStock

ピーターラビット

Writer:

世界遺産ブームをきっかけに歴史に目覚めてから、国や城、庭園などの成り立ちに魅了された主婦です。何だろう?と思ったことを調べて、皆さんにお伝えすることで気持ちを共有できたら幸せだな~と感じながら仕事をしています。ちょっとマニアックな歴史記事ですが、軽い気持ちで触れてみてくださいね!

この記事のカテゴリ

歴史

歴史の記事を見る

イギリスの旅行業者の努力が実った!観光旅行は、こうやってはじまった
大阪交野に遺された巨石の謎とは!?「磐船神社」探訪記
【アメリカ】ゴールドラッシュの成功者が起こした鉄道事業!大陸横断鉄道はこうやってはじまった
フランスを救った少女が火刑に処されたのはなぜ?悲劇のヒロイン「ジャンヌダルク」っていったいどんな人物?
群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介
名古屋市の観光名所「中村公園」は必見!行き方や予算、営業時間は?
今も生き続ける「伝説」を残した英雄ナポレオン皇帝の歴史
スペインからの侵略によるアジア情勢不安が起因?『朝鮮出兵』は秀吉の宿命だった
秀吉に義を尽くした石田三成ってどうしてどうして悪人に仕立てられたの?
俵やタルで陣地を作った?指揮官が逃げまくった「鳥羽伏見の戦い」とは?
東京オリンピックまでに知っておきたい「オリンピックの歴史」
政治に無気力、趣味に没頭したってホント?足利義政の生涯とは