群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介

日本に戦国時代があったように、中国にも戦国時代と呼ばれる時代がありました。しかし、大抵の場合は「春秋戦国時代」と呼ばれます。春秋時代と戦国時代が合わさっているわけですね。春秋時代の中国は、約200もの諸侯がひしめき合い、覇権をかけて争った激動の時代なんですよ。秦の始皇帝が登場するよりもはるか昔のことです。今回は春秋時代の流れをご紹介すると共に、ここで生まれた多くの故事成語についても少しずつ触れていきたいと思います。

春秋時代の前に:周(しゅう)について

春秋時代の前に:周(しゅう)について

image by iStockphoto

春秋時代についてご紹介する前に、それまでの中国の状況について少しご説明します。

中国最古の王朝とされている殷(いん)を倒した周は、現在の陝西省(せんせいしょう)付近にありました。

しかしやがて衰退し、王族の争いによって分裂します。
その一方が残り、都を鎬京(こうけい、現在の西安に当たる)から洛邑(らくゆう、現在の洛陽)に移して東周と呼ばれるようになりました。

これが前770年のことで、ここからが春秋時代の始まりとなります。

春秋時代・戦国時代の分岐点

春秋時代・戦国時代の分岐点

image by iStockphoto

中国史において、春秋時代と戦国時代はたいていセットにされて「春秋戦国時代」と呼ばれています。
これは、周が洛邑に遷都した前770年から、秦(しん)の始皇帝(しこうてい)が中国を統一する前221年までの期間を指します。

では、春秋時代と戦国時代の分かれ目についてご説明しましょう。

春秋時代は前770年に始まりますが、終点は一般的には前403年と言われています。
これは、各都市国家のうち有力大国だった晋(しん)が韓(かん)・魏(ぎ)・趙(ちょう)の3つに分裂したときです。
この後からが戦国時代となります。

とはいっても諸説ありまして、他にも前453年や前476年などが春秋時代の終わりとも言われているんですよ。

春秋時代の都市国家

image by PIXTA / 36463133

春秋時代に入ると、以前は力のあった周はとても弱体化しまいました。
一方、各地に点在する諸侯たちが力を付けて都市国家を形成し、勢力争いをするようになっていきます。

都市国家の数は200にも達したと言われていますが、中でも有力だったのが「春秋十二列国」と呼ばれる国々です。

晋・斉(せい)・楚(そ)・秦・魯(ろ)・宋(そう)・衛(えい)・陳(ちん)・蔡(さい)・曹(そう)・鄭(てい)・燕(えん)の12国がそれに当たります。

後、歴史書「史記(しき)」を編纂した歴史学者・司馬遷(しばせん)は、ここに周と呉(ご)を加えて十二諸侯年表というものを作っています。
また、春秋時代末期には越(えつ)という国も現れました。

国がたくさんあって複雑ですが、晋・斉・楚・秦・宋・呉・越についてはこの後よく出てくるので、少し覚えておいてくださいね。

どうして春秋時代というのか

なぜ春秋時代と呼ばれるのでしょうか。

儒教の祖であり、「論語」で有名な孔子(こうし)という人物の名前を聞いたことがある方は多いと思います。

この孔子が編纂したという説もある、春秋時代に存在した魯(ろ)という国の年代記が「春秋」という名前で、これが取り扱う年代が時代に該当するために春秋時代と呼ばれているそうですよ。

「春秋」は儒教の中で重要な書物「四書五経(ししょごきょう)」のひとつです。

ちなみに、四書は「大学・中庸(ちゅうよう)・論語・孟子(もうし)」で、五経は様々な説がありますが、戦国時代には「詩・書・礼・易・春秋」とされていました。
五経については入れ替わりがありますが、春秋は常に入っています。
それほど重要視された書物ということですね。







春秋時代初期:覇者の登場

春秋時代初期:覇者の登場

image by iStockphoto

春秋時代はおおまかに考えるとだいたい3つに分けて考えると良いかと思います。

この項目ではその初期についてご紹介しましょう。

周が都を洛邑に移す直前には、とんでもなく暗君だった当時の周王が諸侯たちに殺されてしまうという事態が起きました。
そして王の息子は鄭という国の力を借りて王位に付き、遷都することとなったわけです。

これによって周の力は弱まり、鄭が有力国として存在感を発揮するようになりました。
やがて周とは不仲になり討伐軍を差し向けられますが、それも撃退してしまいます。

このため、周の国力はさらに弱まり、鄭という一諸侯に敗れたことで、他の諸侯たちから軽んじられるようになってしまいました。
とはいっても、かつて威容を誇った王朝であることには変わりないので、それなりの尊敬は受けていたようです。

しかしやがて鄭も衰退していきます。
そこで登場したのが、中国東部、山東省付近の大国だった斉でした。

ここからが、春秋時代を代表する存在・覇者の登場となります。

春秋時代初期の大国・斉

斉は、周を建国した元勲である太公望(たいこうぼう、正式名は呂尚/りょしょう)が建てた国です。

太公望と言えば、ここ日本では釣り師の代名詞として認識されていますよね。
これは、彼が岩の上で釣りをしていた時に、主君となる周王と出会ったためなんですよ。

斉が全盛期を迎えるのは、第16代の桓公(かんこう)の時代です。
彼には管仲(かんちゅう)という超・名宰相が付いており、どんどん国力を増強していきました。

当時、南方(長江流域)にあった楚がどんどん北上して侵攻してきていましたが、本来攻め込まれた諸侯たちを助けてくれるはずの周が頼りなかったため、みなが斉を頼ったのです。

桓公は楚と対抗し、前651年に諸侯たちの盟主として会盟を開きました。
そして、彼はここで諸侯の中心:覇者となったのです。

会盟とは、盟主が主導して諸侯が一堂に会し、盟約を結ぶ会議のようなもののことで、この時に牛の耳から取った血を飲んで誓いを立てたことから、盟約を取り仕切る存在を指した「牛耳る」という言葉の語源となったとも言われているんですよ。

覇者とは?

斉の桓公は春秋時代に最初の覇者となりましたが、覇者とはいったい何を指すのでしょう。

春秋時代には、中国本土は異民族に囲まれており、たびたび攻め込まれていました。

そこで、周王に対する「尊王」の心意気と、異民族排除の「攘夷」を先頭に立って行い、諸侯を取りまとめた有力諸侯を「覇者」と呼んだのです。
力のある国はみな、覇者になることを狙っていたんですよ。

ちなみに、現代では大会などで優勝したりすると覇者と呼びますが、これはこの時代が由来なんです。

そして、日本の幕末時代の「尊王攘夷」の思想もまたこの時代から来ているんですよ。

次のページでは『覇者の代表:春秋五覇(しゅんじゅうごは)』を掲載!
次のページを読む >>