ハワイの歴史と共に育ったフラダンスってどんな歴史を持っているんだろう?

世界一美しく優雅な踊りと称されるフラダンスって、今やダンス教室などもあり、日本人にも浸透した民族舞踏です。スポーツクラブでのダイエットや、リラックス効果があるとフラダンスを趣味として楽しむ人も多いですね。そんな、フラダンスの歴史ってどんなものか気になりませんか?今回は、フラダンスの歴史に触れてみたいと思います。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

フラダンスってどんなもの?

フラダンスってどんなもの?

image by iStockphoto

フラダンスは、文字のなかったハワイで神々に思いを伝える手段として使われた神聖なものです。
今までフラダンスと書いてきましたが、フラダンスの「フラ」は、ダンスという意味なんですよ。
ハワイの人々は、海や山、太陽などの自然のものから生活や踊りまで、全てのものにマナ(神)が宿ると信じていました。

その神々を、崇め讃える儀式を行い、神への祈りをささげるときの踊りがフラの発祥といわれています。
ハワイの神話の中にはフラを興じるシーンがよく登場しています。
これでも分かるように、フラの起源はとっても古いものなんです。
フラに携わる方はよく耳にする、「フラとはハワイであり、ハワイとはフラだ」という言葉があるほど、ハワイに根付いた文化となっています。

フラの起源

フラの起源

image by iStockphoto

フラってハワイにしかないものって思っていませんか?もちろんハワイが発祥という意見が大多数ですが、カヒキ(タヒチ)だという説もあります。
他にも多々説はあるようです。

女神ラカがモロカイ島の聖地とされるカアナにフラを生んだという説があります。
モロカイ島では、毎年5月にはフラの誕生を祝う、カフラピコというお祭りが開催されています。
他にも、ペレの妹ヒイアカが、火山の神ペレの怒りを抑えるために捧げたのがフラの始まりとの説もあります。
でも、フラダンスの神は、カウアイ島のラカであるとされており、レイを捧げて賞賛されてきましたが、これは現代になってから生まれたものともいわれています。
文字がなかったから仕方がないとはいえ、フラの歴史って神秘的ですね。

「カヒコ」と「アウアナ」ってなに?

「カヒコ」と「アウアナ」ってなに?

image by iStockphoto

フラには、大きく分けて「カヒコ」と「アウアナ」の2種類があります。
欧米的な「アウアナ」と伝統的な「カヒコ」で、ウクレレやギターの旋律と歌声に合わせて踊られるアウアナは、欧米人がハワイにやってきてからのもので、伝統を大切にするロコたちからは好まれませんでした。

一方、ハワイの伝統的なカヒコには優雅な音楽はなく、男の人たちがチャント(メレ)を唱え、女性たちによってメレの意味を体で表現するものとして誕生したのが古来のハワイのフラのようです。
メレを唱えるときには、サメの皮で作られたパフと呼ばれるドラムのような楽器を叩いたり、ヒョウタンを叩いたりして音を付けていました。
私には、優雅な歌声が素敵な「アウアナ」の方が、親しみがあり魅力的ですが…。

フラは誰でも踊れるものではなかった

フラは誰でも踊れるものではなかった

image by PIXTA / 17558143

元々フラは、神々に捧げるものだったということは先ほどちょっと触れましたが、ハワイのひとびとにとっては、大変神聖なもので、メレは限られた男性のみがヘイアウと呼ばれる神殿で唱えました。
しかも、人前で踊るためには、フラの女神ラカを祀る寺院に住みこんで、長い時間をかけて学ぶことが必須とされていたといわれています。
この教育施設に入る人も、若い男女の中から踊りの才能や、容姿を見て、数人が選ばれていたようです。
厳しいものだったんですね。

宗教的な儀式や語り方などを学ぶメレとフラを養成する施設で、踊りの習得を認められた人は、身を清めるために「カプカイ」といわれる儀式を行い、ウニキという卒業試験に受かったもののみが、メレを唱えたり、パフを叩いたり、フラを踊ることが許されました。
それぞれの手の動きによって、波の動きや風に揺れるヤシの木、虹や雨、花などが表現され、それが一つの物語を構成されているのです。

アメリカ人宣教師の上陸

アメリカ人宣教師の上陸

image by PIXTA / 17558142

メレやフラに歴史を記録しながら、後世に伝える手段とされていたフラですが、フラを踊ることを禁じられました。
島以外からの侵略がなかったハワイに、突然、ヨーロッパからの侵略者がやってきたのです。

皆さん予想はつきますでしょうか?イギリス人のジェームズ・クックこと、クック船長が1779年に、フラの神ラカが祀られている、カウアイ島に上陸しました。
彼らはこの美しい秘境カウアイ島に上陸し、サンドイッチ諸島と名前をつけています。
ハワイ諸島も交易の拠点とされることになりました。

image by iStockphoto

1820年にはアメリカボストンからキリスト教の宣教師たちが、ハワイ島のコナに上陸し改宗を行いました。
宣教師たちは、フラを嫌いました。
一神教のキリスト教には、マナなんてものを信じられては困るのです。
宗教色の強いフラは、絶対に排除しなければならなりませんでした。
しかも、1年や2年じゃなかったんです。
約50年も封印されました。
一説によると、彼らは、タパと呼ばれる桑の木の皮を叩いて伸ばし、布状にしたものを身に付けた衣装が低俗に見えて気に入らなかったという説もあります。

フラ禁止令の発布

フラ禁止令の発布

image by PIXTA / 15138013

「フラを禁止するなんて、バカな申し出を受理したのは誰?」と思いませんか?カメハメハ大王の妻で、当時の女王だったカアフマヌにフラを禁じるように進言したのです。
女王は女神ラカを祀っていた祭壇を破壊したともいわれています。
なぜ、そこまで…。

「自然崇拝を意味するフラは野蛮でみだらなもの」としてフラやサーフィンなどの伝統文化を、1830年にカメハメハ2世に命じて禁じました。
メレやフラを習得していた人々や伝統を愛した人々にとってどれだけ悲しかったことでしょう。
カメハメハ3世の時代になると、ハワイ語はアルファベットで表現されるようになり、記述や印刷技術も手に入れました。
これまでマウイ島のラハイナにあった首都が、オアフ島のホノルルに移されました。

伝統文化の解禁

伝統文化の解禁

image by iStockphoto

ハワイ王国第7代目のデイヴィッド・カラカウア王が、ハワイの伝統文化を救います。
1883年の即位式の時にハワイ伝統儀式を行ったのです。
この時に伝統フラのカヒコが公式の場で披露されました。
この王は、国民たちから「陽気な王様(メリー・モナーク)」とのニックネームで親しまれています。

フラはもちろんですが、俗悪とされたハワイ固有の伝統文化の復興を成し遂げました。
ハワイを愛していたのでしょうね。
特にフラに対しての愛情は深く、宮殿にはお抱えフラのダンサーを住まわせるほどで、客人を招いてはフラを楽しみ人々にフラの素晴らしさを紹介したのです。
一方、王族たちには、西洋楽器のピアノやクラシック音楽が流行し、楽曲が誕生しました。
西洋の音楽が流行したことにより、ハワイに新しい音楽文化ができました。
それが、「ハワイアン・ミュージック」です。
曲に合わせて踊られる欧米的な「アウアナ」も、登場しました。

ハワイアンルネサンスの開花

ハワイアンルネサンスの開花

image by iStockphoto / 79570941

1970年にやっと、ハワイの人々にハワイの伝統文化を取り戻そうと、ハワイアンルネサンス運動が始まりました。
これにフラダンスを全面的に押し出したのです。
1964年から行われていた「メリー・モナーク・フェスティバル」は、1971年に協議会形式へと変わり「カヒコ」と「アウアナ」に分かれて踊られるようになりました。

image by iStockphoto / 25075577

人前で「アウアナ」が人前で披露されるようになったのは、1886年のイオラニ宮殿でのカラカウア王の50歳の誕生会のことです。
ムームーを身に付け、ウクレレやギターの音楽に合わせて踊る姿はどれほど華やかだったことでしょう。
想像するだけで、優雅な気分になれますね。

ハワイの歴史を語る伝統文化!フラをハワイで体感してみませんか?

ハワイでフラを踊るアクティビティに、挑戦してみてはいかがでしょう。
フラは見た目以上にハードなもので、汗をかくほどです。
血行促進やデトックス効果も期待できるとか?ぜひ、ハワイアンの音色に合わせて、優雅にフラを体験してみませんか?
photo by PIXTA and iStock

ピーターラビット

Writer:

世界遺産ブームをきっかけに歴史に目覚めてから、国や城、庭園などの成り立ちに魅了された主婦です。何だろう?と思ったことを調べて、皆さんにお伝えすることで気持ちを共有できたら幸せだな~と感じながら仕事をしています。ちょっとマニアックな歴史記事ですが、軽い気持ちで触れてみてくださいね!

この記事のカテゴリ

ハワイ
ビーチリゾート
歴史

ハワイの記事を見る

もうひとつのハワイがここに。「ハワイ火山国立公園」とハワイの歴史
身に着けていると幸せな気分になれるハワイアン・ジュエリーの成り立ち
タイ・プーケットで味わう至福の高級リゾートホテル7選
素朴なハワイの原風景「マウイ島」で訪れるべきスポット5選
海だけじゃないホノルル!ハワイ旅行で体験したいこと10選
サーフィンデビューにロコモコ丼!私がハワイで見たい・食べたい8の体験
【旅行体験記】ハワイの魅力を詰め込んだときめきのプランニングの数々
ハワイで日本を感じられる?「リリウオカラニ・ガーデン・パーク」
まさしく常夏の楽園!オアフ島で見られる美しい景観10選
黒砂のビーチでウミガメと出会おう!プナルウ(米ハワイ州)へ絶景ビーチの旅
ビーチだけじゃないハワイの魅力!カウアイ島に今すぐ行きたい10の理由
ハワイに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選

関連記事を見る