ローマ帝国が滅びた原因だった?ゲルマン民族とローマの歴史

「375年、みんなGO」のごろ合わせで覚えたゲルマン民族の大移動ですが記憶にありますか?
古代ローマ帝国が滅びた原因の一つがこのゲルマン民族の大移動だと言われています。今回は特にローマ帝国が滅んでいくのにゲルマンの民族がどうかかわったのか、そしてゲルマンの民族はどこへ行ってしまったのか。そして本当にゲルマン民族って蛮族なのか。
そのような内容を中心に彼らの歴史をご案内したいと思います。

ゲルマン民族を知っていますか?

ゲルマン民族を知っていますか?

image by iStockphoto

ゲルマン民族って誰

そもそもゲルマン民族の定義はあいまいです。

3世紀ごろの彼らは自らのことを「ゲルマン人です」とは認識していませんでした。

この「ゲルマン民族」という呼称はゲルマンの地に住む人々を総称して後年に学者によって名づけられたものなのです。

当時のローマ人でさえ彼らのことは一括して「蛮族(バルバルス)」と認識しており、せいぜいゲルマニアの民族という位置づけでした。

ゲルマニアも当時ローマ帝国の国境であったライン川東部とドナウ川北部の地域を一括して総称していたので、この地域にいる民族がローマ人にとって蛮族でした。
現在では北はスカンジナビア半島からブルガリアとドイツよりも東の一帯になります。

古代ローマ人はもっと細かに彼らのことを認識しており、西ゴート族・ヴァンダル族・アングロ族・フランク族といったように部族の名称で彼らを区別していました。

後年の学者が「蛮族」という言葉をローマ側の視点で差別的と捉え、後に彼らを一括して「ゲルマン民族」と総称したと言われています。

ローマ人からみた視点

歴史に主に登場するのは紀元前1世紀の歴史家ポセイドニオスによって書かれたそうですが、現存しておらず、現在確認できる最古の記載はユリウス・カエサルのガリア戦記においての記述です。

カエサルが今のフランスとベルギーあたりまで進軍し、ガリア人達をローマの属州へしていく際に、ゲルマニアの地域について記載していました。

その中にはガリア人(ケルト人)とゲルマニアに住む民族は明らかに異なり、彼らは他者と同化する性質を持たないとして、ライン川とドナウ川を国境とし互いに棲み分ける政策を選んだと言われています。

ローマ人がいうところの蛮族の彼らは文字を残したり記録を持たないため、どうしても後世の私たちはローマ人の視点を通してみたゲルマンの民族を想像してしまいます。

そのイメージとしては野蛮で暴力的で女子供も容赦なく襲い、略奪し、文化的な要素もないイメージを抱きがちです。

そのイメージは半分合っていて、半分はデフォルメされたイメージになります。

古代ローマ末期のゲルマン民族

古代ローマ末期のゲルマン民族

image by iStockphoto

ゲルマン民族のタイプ

4世紀ごろの古代ローマ時代に見られるゲルマン系民族はおおよそ3つのタイプに分けられると言われます。






#1 生まれたときからローマ人

ローマ軍に所属していた父親の代からローマ帝国内に住んでおり、父親またはそれより以前にローマ市民権を得てローマ帝国内に人間関係がありキャリアを積んできた蛮族出身者。
ローマ社会に溶け込んだローマ化した人たちです。

#2 蛮族部族長

自らの部族との関係は離れることなく、その部族の長であり、同胞を統率できる地位にあった者。
彼らはローマ帝国とは同盟関係にある部族長として帝国内に部族の居住権を得、その代償にローマ軍と共闘して侵攻してくるほかの部族を撃退するという約束で成り立っていました。
傭兵契約のような関係ですが、この時代になると蛮族の侵入を蛮族の兵を持って退けなくてはいけないほどローマ軍の力は弱まっていることが伺えます。

#3 完全な略奪者

ローマ帝国内は侵略し略奪する対象の土地だと認識しており、完全にローマにとっては敵でしかなかった者たちです。
4世紀より前からこのタイプは自分たちの土地が不作になると侵攻しては略奪をして戻っていくことを繰り返していました。
しかし4世紀ごろになると、侵攻して略奪した後に居座るようになっていきます。
遠くはアジアから西に勢力を伸ばしてきたゲルマン系ではない蛮族のフン族によって自分たちが住む場所が荒らされたからです。
このようにみると私たちが思い描くタイプのゲルマン人はタイプ3が近いのですが、彼ら以外のローマに同化または共存しているゲルマン民族もいたことがわかります。
次のページでは『ゲルマン民族のローマ帝国内の位置づけ』を掲載!
次のページを読む >>