台湾の歴史にはこんな日本人との関わりがあった

かつて日清戦争で日本が勝利したことにより、清国から戦利品として台湾がもたらされました。日本は、荒廃していた台湾を統治すると共に成長に貢献したとされていますが、日本人が大好きな台湾の歴史ってちょっと気になりませんか?今回は、台湾の歴史についてご紹介したいと思います。

台湾の始まり

台湾の始まり

image by iStockphoto

台湾は、氷河期時代以前は中国大陸と陸続きでした。
漢人はもとより、マレー・ポリネシア系の人々など他民族の島国だったようです。
この台湾は、1544年にポルトガルによって発見されました。
緑に覆われた美しい台湾島に感動したポルトガル船員により、「イリヤ・フォルモサ(美麗島)」と命名されました。

16世紀の明の時代には、近くを航行する船などの寄港地としたり、倭寇(わこう)という朝鮮半島や、中国大陸の一部、東アジア諸国で活動した海賊などの根拠地とされたり、かなり治安は悪かったようです。
清の時代の頃には、漢民族や日本人などの移住が始まりました。
この頃から中国に組み入れられたという見方もありますが、はじめて台湾を領有としたのは、オランダの東インド会社でした。

オランダによる統治時代

オランダによる統治時代

image by iStockphoto

大航海時代は、ヨーロッパ各国が世界中を旅するようになり植民地化を進めた時代です。
台湾も同じ状態でした。
1624年にオランダ東インド会社は、大員(現台南市周辺)を弾圧しゼーランディア城という要塞を築いたのです。
1626年には、スペインも台湾北部に侵攻し要塞を建てるなどしましたが、すでにスペインの力は弱まっており、オランダが追い出しました。

オランダは、労働者として中国から漢民族を連れてきて開拓を進めました。
1644年に中国では明朝が滅亡し、生き残った鄭成功(ていせいこう)が明朝の威信をかけて、台湾にいるオランダを1662年に制圧しました。
この時に鄭成功は、台湾を「東都」と改名しています。
残念なことに清朝に攻撃され、鄭成功一族は3代で台湾統治に終焉を迎えました。
実質21~23年のことでした。
実は、清国と台湾の戦いは日本でも知られており、後に近松門左衛門作の人形浄瑠璃として「国性爺合戦」が作られました。

なぜ、今頃になって清国は台湾を統治した?

なぜ、今頃になって清国は台湾を統治した?

image by iStockphoto

清国にとって台湾は、まったく興味のない地で放置状態でした。
フランスが清国に侵略してくるようになり、1884年に清仏戦争が勃発したのです。
ベトナム支配権を求めての争いでしたが、フランスは台湾に侵攻します。

これに清国は、大慌て!1885年に福建省から切り離し台湾省を設置しました。
本格的に開発が行われましたが、海賊たちや貧窮民が多く難航し、マラリアやデング熱、台風による水害などにも苦しめられ安定しませんでした。

日本が統治するようになった台湾

日本が統治するようになった台湾

image by PIXTA / 12664892

1894年に日清戦争が始まりました。
この頃の日本は神がかっていたのです。
清国に勝利し、1895年に下関で日清講話条約が締結され、清国から台湾を割譲されました。
しかし、統治は受け入れられず、割譲反対を訴える漢人により台湾民主国の建国が宣言されています。
日本軍は既に、海軍大将の樺山資紀を総督に台湾総督府を置いていました。
約5年続いた紛争により、1万以上の台湾人が戦死や虐殺により、死んでしまったのです。

しかし、この問題が解決すると日本による台湾の植民地経営がなされました。
日本は他の外国に自国の力を見せつけるべく、台湾のインフラ整備が熱心に行われました。
交通網や電気、上下水道から教育の普及まで力を注ぎこみ、就学率は90%にも及んでいます。
しかも、ダム建設なども行われ工業化に成功し、経済も安定させました。
このときの、日本の統治は今までの植民地搾取とは違って善良なもので、これが現在の親日に繋っているのです。







日本の敗北による中国の統治

日本の敗北による中国の統治

image by PIXTA / 2544308

1945年の第二次世界大戦で、日本軍は敗北し台湾から撤退しました。
同じ漢民族の支配になると喜んだ台湾人の思惑は外れました。
日本は台湾を世界的にも高い水準の国にしており、中国は大変劣っており、水道すら知らなかったのです。
中国人は台湾人に、馬鹿にされていました。

戦争後にやってきた外省人と呼ばれるシナ人と台湾人の間に軋轢が生じ、抗議運動の後に武力闘争に発展しました。
そして、外省人が台湾人約3万人を虐殺したといわれる、二・二八事件が起こっています。
今でも台湾人の間では、「アメリカは日本には原爆を落とし、台湾には蒋介石を落とした」といっています。
蒋介石とは、中国共産党を嫌って台湾に逃れてきた人物で、彼によって敷かれた戒厳令は、1987年まで継続し台湾人を苦しめました。
中国のこういった行動も、親日感情に拍車をかけているようです。

輝かしい経済の発展

輝かしい経済の発展

image by iStockphoto

1951年からアメリカも台湾に経済的支援を行い、蒋介石は徐々にアメリカに傾いていきます。
1971年には中国共産党政府に国連代表権が認められると、台湾は国連から脱退。
国際的に孤立しましたが、経済活動に専念することができ逆に経済は飛躍的に伸びました。

2003年には、パソコン生産においては世界トップクラスとなっています。

民主化を推す李登輝の登場

民主化を推す李登輝の登場

image by iStockphoto

国内の経済が安定した1988年に蒋経国が死去し、内省人李登輝は総統に就任しました。
1991年には憲法が改正され、中台の内戦を一方的に終結させました。
1992年には、本格的な二大政党の時代を迎え、翌年内閣改造が行われています。

1996年3月に行われた総統民選で李登輝が初の民選において、圧倒的多数で総統に選ばれました。
これには、中国は黙っていませんでした。
李登輝の当選を隠れ台湾独立派とみなし、台北と高雄の沿岸や台南の海域にミサイルを発射したのです。
一触即発?でも、アメリカが台湾海域に空母を派遣し、中国をおとなしくさせました。
アメリカもやるじゃん!1999年7月に、李登輝総統は「二国論」を提唱しており、中台は特殊な関係と規定しています。

次のページでは『21世紀の始まりと陳水扁』を掲載!
次のページを読む >>