古代日本の基本法典!日本初の本格的な法典の「大宝律令」っていったいどんなものだった?

9条改正が世論を騒がせていますね。その日本の法律の起源ってどんなものだったのか気になりませんか?今回は、日本にとってお手本のようだった唐の仕組みを取り入れて作られた、日本初の法律「大宝律令」についてご紹介したいと思います。

初めて「律」と「令」が揃った法律「大宝律令」

初めて「律」と「令」が揃った法律「大宝律令」

image by iStockphoto / 32987902

大宝律令は大宝1年(701年)に完成した、日本で初めてできた法律です。
『続日本書紀』には、701年の元旦朝賀についての記事の中に「国家の威厳を示すための文物制度が整った」と大宝律令が完成したことが記されています。
本格的な刑罰規定を含めた刑法を「律」といい、民法・行政法を「令」と定めています。

「令」については大化の改新で蘇我入鹿を滅ぼした中大兄皇子が天智天皇となり、668年に近江令といわれる日本初の令を作っています。
でもまだ、この頃には「律」はありませんでした。
689年に持統天皇によって「律」完成していたとの説がありますが、これは疑問視されています。
文武天皇(もんむてんのう)の時代になってやっと本格的な律令が揃って成立したのが、この「大宝律令」です。

大宝律令は唐の真似っ子だった

大宝律令は唐の真似っ子だった

image by PIXTA / 28300423

文武4年(700年)には、ほぼ完成しており残った条文が作られたといわれています。
厳密にいうと、大宝1年(701年)に11巻の「令」が、大宝2年(702年)に6巻の「律」の全17巻が完成したといわれています。
この律令の編者は刑部親王(おさかべしんのう)と藤原不比等(ふじわらのふひと)で、藤原不比等は718年に完成した養老律令の編者としても活躍しています。

初めて作ったといえば、聞こえがいいですが、実は、大宝律令は唐(現中国)の律令を真似たものだったとか。
大宝律令が完成するまでは、朝鮮半島の知識を基に国家整備が行われていました。
それを象徴するのが、木簡です。
当時の木簡をみると、大宝律令前は朝鮮式の文頭に日付を書いており、平城京の木簡には唐式の文末に日付が書かれています。

中央政治には二官八省が置かれた

中央政治には二官八省が置かれた

image by iStockphoto

中央では、律令によって官制が定められました。
二官には、神をまつるための神祇官(じんぎかん)と一般の政治を行う太政官(だいじょうかん)が作られています。
神祇官なんてちょっと面白いと思いませんか?今では考えられない神を祀る役所です。
昔は、神と政治が切り離せなかったことが、如実に見えてきますね。
太政官には、太政大臣(行政の最高責任者)、左大臣(太政大臣が空席の時の最高責任者)、右大臣(左大臣に次ぐ官職)があり、その補佐役として大納言がいました。

八省とは、大蔵省、宮内省、刑部省、兵部省、民部省、地武将、式部省、中務省の8つの省が置かれたのです。
これが、中央で採用された「二官八省」となっています。

地方に置かれた、国・郡・里

地方に置かれた、国・郡・里

image by iStockphoto

大宝律令の完成によって、奈良を中心とした畿内をはじめ、東山道、東海道、北陸道、山陰道、山陽道、南海道、西海道の畿内、7道に分けられました。
もちろんこの頃は、北海道などはなく、四国は南海道、九州は西海道と呼ばれていました。
そして、地方には国(こく)、郡(ぐん)、里(り)が置かれました。
この「国・郡・里」は後に郷と改められます。

国とは中央から派遣された貴族で「国司(こくし)」、郡はその地方の豪族「郡司(ぐんじ)」、里にはその地方の有力な農民の里長(りちょう・さとおさ)が、治めるような体制が組まれたのです。
他には、九州の政治・外交・防衛を治める役所、「大宰府」(飛鳥時代に既にあった)も置かれています。







土地制度の仕組み

土地制度の仕組み

image by PIXTA / 7027071

奈良に都があった平城京の頃は、「全ての農地と民は朝廷に属する」という定めがありました。
これは「公地公民」と呼ばれた土地制度の仕組みの一つです。
この考え方からすると、国家は人に土地を貸してあげるといったもので、その人が亡くなったらその土地を国に返却するといったものでした。

その土地の与え方を「班田収授法(はんでんしゅじゅほう)」といい、戸籍に基づいて6歳以上の男女に土地を与えるというものでした。
この頃に、戸籍があったことにはビックリですよね!土地を与えるといえば聞こえはいいですが、土地を与えられるということは、必然的に田畑を耕し税を払わなくてはならなかったのです。

大宝律令には厳しい税があった

大宝律令には厳しい税があった

image by PIXTA / 25726679

その税金には「租庸調」というものがありました。
租(そ)は、もらった土地で実った稲を収穫するとその3%を地方の国司(役所)に税として納めなければなりませんでした。

庸(よう)は、都で年間10日の労働を課すというものです。
たった、10日?それなら大丈夫と思うかもしれませんが、青森の人も九州の人も同じく10日都で労働をしなければなりませんでした。
無理!だって、新幹線や飛行機だってない時代。
しかも、一般市民なんて、早馬もいなかったでしょう。
奈良の都まで出向けない人は、布を治めることで許されていました。

調(ちょう)は、国に地方の特産品を治めるということ。
先ほど話した、木簡に誰が治めたものかを記録して、納税していました。

まだまだあった、国民に課せられた義務

まだまだあった、国民に課せられた義務

image by iStockphoto

日本では、この頃は田畑を耕して暮らしを立てていたことが分かるでしょう。
春から秋にかけては、仕事がありました。
冬は遊んで暮らしていたのかな?なんて、甘い想像をしている方はいらっしゃいませんか?もちろん、冬も働かされていました。
雑徭(ぞうよう)という、国司のもとで1年間に60日の労働の義務を課せられていたのです。
まぁ、ここまでは、普通ですよね。

選ばれた人が働かなければならない労働もありました。
1年間の都の警備をする、衛士(えし)というもの。
1年間ほど警備するだけ?田んぼ仕事が苦手なんだよね。
なんてうまい話はありません。
租は、衛士に就いた人にも課せらています。
「じゃあ、誰が田畑を耕すの?」と思いませんか?家族なんです。
“これって負担を課せられてるだけじゃん”って感じですよね。
もっとひどいのが、3年間も九州の警備にあたるという、防人(さきもり)です。
1年でもきついのに、3年なんて信じられない!これに選ばれた人は、暗い気持ちになったというエピソードもあるとか?

次のページでは『歪が出てくる、大宝律令』を掲載!
次のページを読む >>