【歴史】いまだ解明されていない世界史の謎

数千年前のものなのに、現代の科学技術をもってしても、目的や作成者や建造方法が解明できていない。謎に包まれた不思議な遺構や遺跡が、この地球上にはまだまだたくさんあります。大昔、確かに存在していたはずの国や都市や、多くの人々。どんな暮らしをして、どんな歴史を紡いでいたのでしょうか。現代人を魅了し続ける世界史の謎の数々。ほんの一部に過ぎませんが、”不思議”の世界へご案内いたします。

何のために造った?謎が謎を呼ぶ巨大遺跡

王が天に昇るため?「エジプトのピラミッド」

王が天に昇るため?「エジプトのピラミッド」

image by iStockphoto

最も多くの人に研究されていて、最も多くの謎に包まれている遺跡。
それはピラミッドでしょう。

最も大きいとされるギザの大ピラミッドは高さ138m。
四角く切り出した数トン~数十トンもの巨石をうずたかく積み上げて作られた角錐の造形物は多くの人々を魅了し続けています。
観光地としても有名なギザのピラミッドは、数トン~数十トンもの巨石を230万個以上も使っているのだそうです。
さらにその表面は磨かれた石灰石で覆われていて太陽の光を反射して輝いていたとか。
また、深く巨石に覆われた内部の構造は長年不明とされていましたが、近年の研究調査で空間や通路があることがわかってきています。

ところで、エジプトにはいくつくらいピラミッドがあるかご存知ですか?確認できているだけで118基あるのだそうです。
さらに、調査過程であったり衛星写真などから「ピラミッドではないか?」と思われているものが20基ほど。
一見、砂に埋もれて山のように見えるものもあるらしく、今後も、新しいピラミッドが発見されるかもしれません。

また、これらの分布を見ると、どのピラミッドもナイル川の西側に、いくつかずつまとまって連なるように建っていて、日の沈む方角・死者の領域を示していると考えられています。
王が天へ昇るための階段だったのでは?という見方もあるそうです。

古代史に寄り添うように少しずついろいろなことがわかってきていますが、それでも今なお、その建築方法についてはまだまだ多くの謎が。
巨石をどのように運び、積み上げたのか?かかった年月は?どれほどの人員を要したのか?この謎が解ける日は訪れるのでしょうか。

あの巨石たちは誰?「イースター島のモアイ像」

あの巨石たちは誰?「イースター島のモアイ像」

image by iStockphoto

滋味溢れる面長の朴とつとしたあの顔を、知らない人はいないでしょう。

南米チリ中部西岸から約3,600km西、南太平洋に浮かぶ小さな島がヨーロッパ人によって発見されたのは1722年の復活祭の頃。
面積およそ180平方km。
小豆島より少し大きいくらいの、人が住む最も近い島でも2,000kmは離れている絶海の孤島に、地面からぬっと顔を出して海を見つめる巨大な石像。
イースター島のモアイ像です。

小さなものでも3mほどの大きさがあり、重量推定20トン。
大きなものは20m、90トンほどにもなります。
大小さまざま、ひとつひとつ表情の違う石像が島内におよそ1,000体。
そのほとんどが男性を模したものと考えられています。

この島は海底火山の噴火などによって形成され、その後、流れ着いたポリネシア系の人々が住みついたと言われていますが、時期については諸説あるようです。
7~10世紀頃までにはモアイ像が作られ始め、17世紀頃まで作られていましたが、入植者が増えたためか他の理由か、18世紀には作られなくなりました。

1774年にイギリス人探検家のジェームス・クックが上陸したときは、島内のモアイのうちの少なくとも半数は直立していたそうですが、その後1840年頃には、なぜか立っているモアイはひとつもなかったとか。
先住民の部族間抗争のためと見られていて、現在、直立しているモアイは復元されたものなのです。

建造物でも城壁でもなく、仏像の類とも異なる、他に類を見ない奇妙な形の巨大石像群。
儀式や祭祀のためという説が有力ですが、台座から人骨が発見されたことから墓碑である可能性も出てきています。
現地では「自分で歩いた」という説もあるそうです。

物言わぬ巨人は今日も静かに海を見つめながら、私たちがどんな結論を出すのか見届けようとしているのかもしれません。

石器時代からあった?「ストーンヘンジ」

石器時代からあった?「ストーンヘンジ」

image by iStockphoto

謎めいた遺跡があるのは、何も古代文明の地や絶海の孤島ばかりではありません。
イギリス南部、ロンドンから西におよそ200kmの位置に広がるのどかな草原に忽然と姿を現す巨石群。
世界で最も有名な遺跡と言われている、ストーンヘンジです。

石を円形にならべた、いわゆる環状列石(ストーンサークル)と呼ばれる遺構は世界各地で発見されていますが、ストーンヘンジはその中でも最大級。
古代ケルト人によるもので、紀元前3500年頃から長い期間をかけて段階的に建設・改修されていった、と考えられています。
また、近年の調査で、土台部分から紀元前8000年頃のものと思われる柱穴が見つかったり、近くでもっとたくさんの石柱群が見つかったり、調査すればするほど新たな謎が生まれるという、実に不思議で魅力的な遺跡なのです。

しかしストーンヘンジはその知名度と裏腹に、本格的な調査研究が始まったのはかなり後半。
19世紀頃までは、比較的新しい民族による、神殿のような建築遺物だと思われていたのだそうです。
19世紀に入ってからは、周辺で見つかった青銅器の存在などから、もっと古い時代のものであることがわかり、現在のような、ヨーロッパ北西地方がまだ石器時代であった頃のものでは、という見解にたどり着きました。

また、これらの石の出どころや建設手法についても、まだ多くの謎が残されています。

ストーンヘンジに使われている石は、白っぽいサルセンストーンと、やや青みがかったブルーストーンと呼ばれる非常に貴重な石。
非常に硬く重く、大きなものは1つあたり50トンくらいあると考えられています。
数百km離れた山から運ばれたものだということが近年の調査で判明。
こんな大きな石を、数千年前の人々は何を思って運び出したのか。
謎が明らかになる日が待ち遠しいです。







こんな山奥に!?「ゴルナヤ・ショリアの巨石」

広大な砂漠の中や人里離れた山奥には、まだまだ私たちの知らない文明の後が残されているはず。
ごく最近発見されたもので、調査研究はまさにこれから、という遺跡も数多く存在しています。
2014年にシベリア南部のショリア山で発見された巨大な花崗岩の壁もそのひとつです。

巨石遺跡が見つかった場所はゴルナヤ・ショリアと呼ばれる地域で、標高1,000mほどの山岳地帯。
山間部の調査中、木々の間にそびえたつ巨大な石の壁が発見されました。
その高さはおよそ40m、横幅200mにもなる巨大な石壁です。

発見された壁に使われている石はどれも桁はずれに大きく、高さ5m~7mになるものも。
どれも表面は平らで滑らか、人工的に加工されたような形跡があり、それらが隙間なくびっしりと積み重ねられています。
大きなものは推定2400トンはあるだろうと言われており、これだけの石が崩れずに壁の形を保っているということは、かなり高度な技術をもって、計算されて築かれていると考えてよいでしょう。
また、ところどころに、人が通ることができる通路のような隙間が見られるとか。

城壁であれば、敵から身を守るために築かれたと考えるのが自然ですが、シベリアの山間部にこのような建築技術をもった文明があったのかどうか。
何しろ、発見されてまだ日が浅いため、調査はまだまだこれからというところ。
確かなことはまだ何も分かっていません。
あまりに大きいため、このあたりに巨人族がいたのではないか、という憶測が飛び交うほどです。

まだ見ぬ古代文明の痕跡なのか、それとも比較的近世に入ってからの遺構なのか。
石は非常に古い時代のものと見られているようですが、はたして?

高地であることや石の大きさからも、調査研究にはかなりの時間がかかるものと思われます。

いったいこれは何なのか?不思議な遺構の正体は?

誰にあてたメッセージなの?「ナスカの地上絵」

誰にあてたメッセージなの?「ナスカの地上絵」

image by iStockphoto

建造物でも城壁でもなく、まして石像でもない。
なのに巨大で不可思議。
何とも形容しがたい謎多き究極の遺構。
そんな言葉が当てはまるものといえば、ナスカの地上絵をおいて他にないでしょう。

南米ペルーの乾燥した平原の、褐色の大地の上に描かれた巨大な絵。
1939年にアメリカ人考古学者ポール・コソック博士によって発見されました。

あまりにも巨大な絵のため、空からでないと何の絵なのか全体像を把握することが難しいといいます。
絵柄は、両翼を広げたハチドリや蜘蛛、尾を丸めたサルなど、生物をモチーフにしたものが多く、描かれた時期は紀元前200年から1000年ほどの間と考えられています。

絵は巨大で謎めいていますが、その描き方は非常にシンプル。
地表の赤褐色の岩を幅1mほど、深さ20cm~30cmほど取り除いて、下の明るい色の岩を露出させることによって線を描いています。
特殊な材料や塗料は使われていません。
このあたりは一年を通して雨がほとんど降らず、土地が浸食することもないため、このような”線”が残ったものと考えられています。

空から確認できる現代と違って、2000年以上も昔にこのような絵をどうやって描いたのでしょうか。
絵の大きさはどれも巨大で、ナスカの地上絵の代表格とも言えるハチドリは96m、蜘蛛は46m、サルは55mもあります。
300m近くある鳥の絵も見つかっているそうです。

どうやって描いたのか、何のための絵なのか。
もちろんそれも大きな謎ですが、ナスカの地上絵の不思議な所は、現在でもまだ、新しい絵が発見され続けているところでしょう。
単なる直線であったり、ちょっとした模様や図形のようなものまで合わせると、数百数千といった数になるといいます。
絵として認識できるものだけでも少なくとも50以上はあるそうです。

雨乞いなどの儀式や、暦や天体に関係するのではないかという考え方もありますが、その全容はいまだ深い謎に包まれています。

次のページでは『トルコや欧州各地で見られる「石器時代の長大トンネル」』を掲載!
次のページを読む >>