「君主論」は自己アピール論文だった?マキャベリとフィレンツェの歴史

マキャベリと聞くと手段を選ばず、結果だけを追求するなんだか怖い人というイメージがありませんか?
彼はルネサンス時代のフィレンツェでまじめに公務員官僚として働いていた人でした。
そんな人がなぜ現代でもサラリーマンの方々の自己啓発本やリーダー論の本などでも活用されるような君主論を書いたのでしょうか。
マキャベリの生きた時代と見たもの、出会った人、行ったことを知るとその理由と内容に納得できると思います。
今回は彼の生涯を振り返ってみましょう。

15世紀のフィレンツェ

15世紀のフィレンツェ

image by iStockphoto

偉大なるロレンツォ・デ・メディチの時代

1469年にニコロ・マキャベリはフィレンツェ共和国で生まれました。

「イル・マニーフィコ(偉大な人)」と呼ばれることになるロレンツォ・デ・メディチがフィレンツェを支配する、ルネサンスの真っ盛りの時代がマキャベリの少年時代です。

また、当時はイタリア半島は統一される以前で、北はミラノ公国、東にヴェネツィア共和国、そして南には法王庁とナポリ王国が覇を争っており、その間も都市国家が乱立している状況でした。

マキャヴェリが生まれた場所はフィレンツェの市庁舎から歩いて5分程度の街中で、幼い頃から街に立ち並ぶ絵画や彫刻の工房の軒先で新しい芸術が生まれてくるのを見て育ったのです。

弁護士の父親は本好きだったようで、その蔵書を読んでた事が伺えるほど、マキャヴェリの作品の中では古典からの引用が伺えます。

そして、彼が23歳になる年に、イタリア中が大きく舵を切る時代を迎えることになります。

メディチ家の追放

マキャベリが23歳になった年は、1492年。

この年はコロンブスが新大陸を発見したとされる年でもありますが、フィレンツェにとってはロレンツォ・デ・メディチが亡くなった年でもあり、ローマにとっては世俗的な法王で有名なアレクサンデル6世(ロドリーゴ・ボルジア)が法王に選出された年でもあります。

ロレンツォが亡くなったことで、イタリア半島内の勢力の均衡が壊れ、フランスと手を組んだミラノとスペインと手を組んだナポリが周囲を巻き込みながらイタリアに侵攻してきます。

そして、ミラノとフランス軍がフィレンツェの近くまで迫まる事態となります。

メディチの当主となった長男のピエロは政治のセンスがなく、失策を重ね、独断でフランス軍をフィレンツェに呼び込んだことでフィレンツェは略奪されてしまいます。

これは市民たちの大きな反感を買い、結果メディチ家はフィレンツェから追放されてしまいます。
ロレンツォが死んでわずか2年半後のことでした。

その混乱に乗じで、かねてから貴族層やイル・マニーフィコを贅沢の支配者と糾弾していたドメニコ会の修道士・サヴォナローラが市民たちの心を掌握していき、実権を握ることになります。

狂信的なサヴォナローラ

狂信的なサヴォナローラ

image by iStockphoto







フィレンツェの混乱

サヴォナローラは豪奢な者は罪であり、そのせいで神は怒りフィレンツェに災いが起こったとしてフィレンツェ市民たちをあおっていきます。

サヴォナローラの配下であるドメニコ会の修道士たちがフィレンツェ中の贅沢品を集め、シニョーリア広場でそれらを燃やすという「虚栄の焼却」を行います。
このときにたくさんのルネサンスの作品や東ローマ帝国から亡命してきた知識層が持ってきた文献など貴重なものが灰となってしまいました。

市民たちの一部は熱狂的にサヴォナローラを支持し、さらに反メディチ派の一部がそれらを支援したことでフィレンツェの街は混乱していきます。

通常であればサヴォナローラの狂信的な脅しには耳も貸さなかったであろう批判精神にあふれたフィレンツェ市民たちも、この時ばかりは大きな支えであったロレンツォがいなくなったことで誰に頼ればいいのかわからなくなり混乱に陥ったのです。

サヴォナローラの失墜

そんな中、神の預言者とするサヴォナローラの発言は真実かどうか、神に問う「火の試練」が行われます。

説教の中で彼は「私の言葉が偽りならば神の怒りの炎で罰を与え給え」と発言していた事から、火の中を歩くことで真実を証明することになったのです。

その時の様子が当時のフィレンツェ商人ランドゥッチの「日誌」に残っています。
市民たちは朝からその試練を待たされ、午後には雨が降り始め、濡れながら待っていると、雨のため中止と告げられたと記されています。

結局真偽は証明されず、期待を裏切られた市民たちは修道士たちへの不信を募らせるようになります。

これをきっかけにサヴォナローラは失墜し、ローマ教会から異端とされ、市庁舎から吊るされ、火あぶりにされました。

ひとりの統治者の死をきっかけに、その一族が追放され、狂信的な信仰に街が覆われ混乱していく一部始終。
それを見たのは商人ランドゥッチだけではありませんでした。

この様子をみていたマキャベリは「君主論」の中で、政治と宗教は分かれていなくてはいけないと書いています。
感情や宗教的な見解で政治を行うと国は疲弊してしまうと。
この若いころの経験が彼の著作や論文に影響を与えたといえます。

ついに表舞台に登場・マキャベリ

サヴォナローラが処刑された30日後の1498年6月に、29歳のニコロ・マキャベリはフィレンツェ共和国第二書記局の書記官に当選し、事務官僚としてフィレンツェ政府入りを果たします。

当時は30歳前後でないと要職には就けませんでしたので、キャリアを順当に開始したと言えます。

マキャベリが就いた第二書記官は実質的には外交や内的交渉などを担当する部署でした。

第二書記官になった1ヶ月後には十人委員会の秘書官となり、大統領秘書官も兼務します。
あっという間に行政の中心の事務官僚となったのです。

そのマキャベリには政治・経済・軍事・法制などすべてのことが情報として舞い込み、それらを総合的に判断して上司に報告し実務をこなしていくのが彼の仕事でした。

大使たちに訓令の手紙を送る一方で、会議室の絵画制作を途中にしてミラノへ行ったレオナルド・ダ・ヴィンチへ戻って制作の続きをするか、前金を返すような督促の手紙を送ったり、時には大使が行くほどでもない外交のために出張したりととても忙しい毎日を送っていたようです。

次のページでは『フィレンツェが抱えるピサ問題』を掲載!
次のページを読む >>