暗黒の中世から人々を解放した人間的文化!イタリアルネサンスってどんなものだったの?

ルネサンスは一般的に、「文芸復興」や「再生」という言葉で表現されています。古典古代の文化を復興しようとした芸術や思想の革新運動といったものです。宗教的政治の分裂から自由な発想を持った人々の力により14~16世紀にイタリアフィレンツェで花開き、ヨーロッパに波及したルネサンスとはどんなものか気になりませんか?今回は、ルネサンスとはどんなものだったのかを、触れてみたいと思います。

初期ルネサンスとはいったいどんなものだった?

初期ルネサンスとはいったいどんなものだった?

image by iStockphoto / 26763436

中世のカトリック教会は異端排除など異なる宗教には厳しい存在でした。
イスラムが勢力を増し、世界の中心となったことにより、ギリシア古典の言語と文化に精通した人物がイタリアへと亡命してきました。
世界的に有名な三美神の彫刻など古代ギリシアの芸術も、イタリアへ流れ込みサンドロ・ボッティチェリなどによって、新しいスタイルの彫刻や絵画などに再生されました。

また、中世にイギリスやフランスなどで12,000以上の城が建てられていましたが、それらも、15世紀中ごろには、火器や爆薬が開発され、城壁なども防備の役目を果たさなくなり、城の優位は終わりを迎えました。

イタリアの都市国家ってどんなもの?

イタリアの都市国家ってどんなもの?

image by iStockphoto

独立した小さな国家の集まりだったイタリアでは、次第に独自の自治形態を発展させていきました。
フィレンツェに見られたような市民たちが指導者と議会を選ぶ共和国や、ミラノに代表される世襲の名門による公国が、代表例です。
ルネサンス期におけるイタリアは、職人たちが物を作り、商人がヨーロッパ全土に売りさばくという商人と職人の連携により繁栄しました時代でした。

ルネサンスの代表的なものには、ヴェネツィアンガラスやウルビーノのマヨリカ陶器、ミラノの鍛冶屋があります。
名門エステ家が統治したフェラーラは、文化の中心都市として繁栄。
富裕な銀行家メディチ家が治めたフィレンツェ最大のライバル的存在には、ヴィスコンティ家が統治するミラノ公国があり野心家国家と呼ばれています。
かの有名な、レオナルド・ダ・ヴィンチのパトロンとしても有名です。

華麗なるメディッチ家

華麗なるメディッチ家

image by iStockphoto

イタリアは、ローマ教皇と皇帝によって2分しており、教皇は中央イタリアに、皇帝は神聖ローマ帝国に君臨していました。
この時代においては、フィレンツェなど自治都市国家は、独立を保つのが難しい状態でした。
そういった中でも、芸術家や哲学者、文学者などを支援するパトロンとして、ルネサンス期に貢献したのがメディチ家です。
特に、フィレンツェを統治したメディチ家のロレンツォは勢いある存在でした。
町は繁栄し活気に満ち、イタリアルネサンスの巨匠たちが花の都と称されるフィレンツェの町を造り上げていたいのです。

莫大な資金を投じて最高の芸術家に絵画や彫刻の作製を依頼していました。
これがフィレンツェの黄金時代といわれており、イタリアルネサンスが花開いた瞬間でした。
フィレンツェ大聖堂をはじめフィレンツェの力の象徴であるライオンの像や貴重な古典ギリシャ語やラテン語による写本がたくさん所蔵されている、国立マルチャーナ図書館やラウレンツィアーナ図書館などが有名です。
現在も街を歩けば、至る所でルネサンス時代のお宝と巡り合うことができます。

郊外に建ちはじめた別荘と田園生活と芸術の進化

郊外に建ちはじめた別荘と田園生活と芸術の進化

image by iStockphoto

15世紀のイタリアの富豪たちは、夏を田舎で過ごすようになります。
彼らは、都会の喧騒と雑踏に辟易しており、また、疫病が流行ったこともあり、フィレンツェやローマ、ヴェネツィア近郊の田園地帯におしゃれな別荘を建てました。
16世紀の半ばになると、丘陵地の広大な土地を利用して、幾何学模様の庭園などを完備した別荘が建つようになります。
田園生活を描くことが流行となり、避暑地で過ごすという生活がはじまったのも、イタリアルネサンスの特徴です。

ルネサンスの芸術家たちは、古代ギリシアの美と調和と理想が数学的に基づいていることに気が付きました。
それとともに遠近法を使った絵画などが書かれています。
また、芸術における幾何学と数学の役割の追及も行われるようになっています。
レオナルド・ダ・ヴィンチ作の『最後の晩餐』が有名ですね。
他にも、ローマのスパーダ邸の中庭には、1652年にボロミーニ作「遠近法のアーケード」が造られています。







ルネサンス期のライバル

ルネサンス期のライバル

image by iStockphoto

レオナルド・ダ・ヴィンチがルネサンス期にフィレンツェにいたことは先ほどお話ししましたが、1482年からはミラノに活動の拠点を移していました。
1500年4月にフィレンツェに帰って間もなく、ライバルと出会います。
それは、ミケランジェロです。
ちょっと面白い逸話が残っており、1504年に彼らの優劣を試されるときが来ました。

改装される、パラッツォ・ヴェッキオ大会議場の壁画大作の作成依頼を2人にしています。
ミケランジェロは途中で、法王ユリウス二世の墓を作るためローマにいってしまい、ダヴィンチは書きかけた壁画を不慮の事故で絵の具が流れ修復不能となり、共に完成を見ることはありませんでした。
市民は2人の世紀の対戦が見られると思っていた分残念がったようです。
芸術家たちはお互いにライバル心を持って競い合い、ルネサンス期にたくさんの芸術が生まれました。
後に、この2人に加えラファエロは、盛期ルネサンスの三大巨匠と呼ばれています。

ルネサンス期のファッション

ルネサンス期のファッション

image by iStockphoto

ルネサンス期の衣装は富と地位のシンボルとして、中世とは比べものにならないほど贅沢になりました。
絹や毛皮など高価な素材が気軽に入手可能となったことも起因しています。
イタリアでは、他のヨーロッパに比べてファッションが重視されました。
政府が幾度も奢侈禁止令をだし、華美なファッションを法律で禁じるも効果はありませんでした。

1500年ごろの男性は、長髪で髭を剃ったスタイル、1520年ごろは短髪に顎髭、1600年ごろには、長髪と髭を剃ったスタイルに戻るという変化がもたらされました。
女性においては、金髪が流行し、1日中太陽の光を浴びて脱色するなど苦労したようです。
いつの時代もオシャレをするのは大変ですね。

天文学も画期的に進化したルネサンス

天文学も画期的に進化したルネサンス

image by iStockphoto

紀元2世紀にギリシアの天文学者プトレマイオスが宇宙について定義したころから、地球は宇宙の中心だという天動説が有力視されていました。
1543年のポーランドの天文学者コペルニクスが新理論を唱えました。
これは太陽が宇宙の中心で、地球をはじめ惑星はその周りをまわっているという地動説です。

この後にはガリレオ・ガリレイは、数個の惑星が木星のまわりをまわっていることを発見し、コペルニクスの地動説が正しいことを証明しています。
また、オランダからイタリアへ伝わった望遠鏡を参考に、世界初の完全な天体望遠鏡を造りだしています。
1610年代には金星の満ち欠けを観察し、金星が太陽の周りを回っているとの考えを表しています。

次のページでは『戦争と兵器』を掲載!
次のページを読む >>