幕府が大名統制のために作った基本法令「武家諸法度」とはどんなもの?

武家諸法度とは、江戸幕府二代将軍「徳川秀忠」が大名に課した決まり事です。結構守るのに大変な法律だった上に、違反した武士は厳しい罰が与えられました。命を懸けて君主を守るための武士から、サラリーマンのような働き方へと変わった時に出来た武士の法律ってどんななものか気になりませんか?今回は、武家諸法度についてお話してみたいと思います。

武家諸法度っていつだれが作ったの?

武家諸法度っていつだれが作ったの?

image by PIXTA / 528959

大名の行動を取り締まり、反乱を起こさせないようにするために作られた決まりです。
慶長20年5月7日に大阪城が落城した2か月後の元和1年(1615年)7月7日の七夕の日に、徳川家康の命により二代将軍徳川秀忠(とくがわひでただ)が伏見城で武家に「元和令」という名で発布しました。
政府は七夕の日に彦星と乙姫に江戸幕府の安泰をお願いしたのでしょうか?でもこの法令は、武士にとっては大変厳しいものでした。

これは、臨済宗の金地院崇伝(こんちいんすうえん)に作らせたもので、「大名は、新しく城を造ってはいけない」、「許可なく結婚をしてはいけない」など、13ヶ条から成っています。
武家から誓紙を取り付けた、3ヶ条に崇伝が10ヶ条を付け加えたといわれています。
後の将軍によっても何度か改正されています。

元和令はこんな内容だった

元和令はこんな内容だった

image by PIXTA / 513068

最初に発布された「元和令」の13ヶ条には、このような決まり事が書かれていたようです。

一 諸大名は,学問と武術をみがくことにつとめなければならない。

一 大勢で酒を飲んだり遊んだりしてはいけない。

一 法令にそむいた者を国にかくしてはいけない。

一 自分の国に反逆人や殺害者がいたら,追い出さなくてはいけない。

一 自分の領地に他国の人を住まわせてはならない。

一 城を修理するときでも届けなければならない。
新築することはかたく禁止する。

一 となりの国でなにか変わったことをしようとしたりする者がいたら届けなければならない。

一 諸大名は,幕府の許可がないのにかってに結婚のやくそくをしてはならない。

一 参勤交代のとき,決められた以上の家来をつれてきてはいけない。

一 服装やかざりものは,身分以上の上下のちがいをまちがえないようにすること。

一 身分の低い者が勝手にかごに乗ってはならない。

一 武士たちは,倹約につとめなければいけない。

一 諸大名は,能力のある者を用いてよい政治を行わなくてはならない。

出典:武家諸法度 http://hiroseki.sakura.ne.jp/buke.html

武家諸法度の発布は前もって知らされていた

武家諸法度の発布は前もって知らされていた

image by PIXTA / 20031057

武家諸法度発布の4年前の慶長16年(1611年)には、この件を前もって徳川政府は知らせていたようです。
この年の4月12日に、平安京内裏の正殿として知られる紫宸殿で後水尾天皇の即位式が行われた際に、徳川家康は祝辞を述べに参内していました。

この日に、二条城では西国大名22人から、冒頭でお話しした3ヶ条の誓書が提出されています。
この22人は、京都に在住する大名がほとんどでした。
翌年の1月5日には、東日本の50人の大名から誓書が出されました。
10日後には全ての大名たちが、誓書を提出しています。
徳川家康は、いつかは江戸幕府も潰されてしまうと思っていたのでしょうか?この武家諸法度が出される前の6月には、当時の大名が所有していない城を全て壊させる、「一国一城令」を発布しています。

どのように、武家諸法度は変わっていった?

どのように、武家諸法度は変わっていった?

image by PIXTA / 19983900

1615年の元和令の後には、5回に渡って訂正されています。
将軍が変わってすぐの寛永12年(1635年)に三代将軍家光が「寛永令」。
寛文3年(1663年)に四代将軍家綱が「寛文令」、天和3年(1683年)五代将軍綱吉は「天和令」、宝永3年・正徳元年(1710年)に六代将軍家宣が「正徳令」、享保2年(1717年)に八代将軍吉宗が「享保令」を、将軍が変わるたびに改正がなされています。

この武家諸法度が長続きしたのは、武家法としての体系を各将軍が整備しながら、違反者には厳しい態度で接したからこそ意義を成したといわれています。







変更内容について

変更内容について

image by PIXTA / 6623001

3代将軍家光が発布した寛永令は、林羅山(はやしらざん)が起草したもので、具体的な細目を掲げており、13条から19条に増やされました。
主な変更内容には、大名の参勤交代や私闘の禁止、500石積以上の大船の禁止などがあげられます。
4代将軍家綱が発布した寛文令では、21条にまで増やされ、キリスト教禁教と不幸者処罰規定がなされたくらいであまり変更はありませんでした。
殉死の禁令は大名証人制の廃止と共に行われ、武断政治より文治政治への政策転換を現しています。

5代将軍綱吉の天和法度では、15条に減らし末期養子の禁緩和など文治政治を際立たせました。
6代将軍家宣の宝永法度は、これまで漢文体で書かれていたものを新井白石が和文に変更しており、儒教の仁政思想を重視した文治主義の精神を最大限に示しています。
条項は17条に増えました。
8代将軍吉宗の時には、新井白石による宝永法度を取りやめ、綱吉が制定した天和法度を復活させています。
安政元年に修正されたことがありますが、この後は天和法度が踏襲されました。

参勤交代

参勤交代

image by iStockphoto

この武家諸法度で、一番重要な規則は参勤交代ではないでしょうか?幕府が諸大名たちに謀反を起こさないように散財させる目的もあり、1年ごとに自領と江戸と行ったり来たりしていたのです。
江戸では春の風物詩となっていた「下に~、下に~」と練り歩く大名行列、実際かごに揺られる大名やお供の藩士たちには苦痛なものでした。

家臣は10万石に240人が必要とされており、金沢の加賀百万石の前田家は、2400人も従えての行列でした。
でもその半数は、大名行列のための要員で、その後は国にとんぼ返りしていたとか。
でも、行くまでの費用を考えるとどれだけお金があっても足りませんよね。
その上、半数は、江戸と国の二重生活で、サラリーマンでいう窓際族の単身赴任的な扱いだったようで、とにかく仕事がなく朝から夕方まで囲碁や将棋をしながら過ごす始末。
武芸の稽古をしようにも、戦争もない平和な時代でした。
遣り甲斐も生き甲斐もない、生きているだけの状態だったようです。
次のページでは『江戸時代の武士』を掲載!
次のページを読む >>