たった15年なのに激動の歴史、「大正時代」で置きたこと

明治、昭和時代に挟まれ1912年~1925年まで続いた「大正時代」は年号がわずか15年と短く、日本史の教科書でも多く取り上げられることは少ない時代の1つ。しかしこの時代にはさまざまな出来事が発生し、それらが日本の歴史を変えてきた重要な出来事となっています。長きにわたった明治、昭和時代に挟まれた「大正時代」とはいったいどのような時代であったのでしょうか。今回は大正時代を「出来事」や「文化」などの側面から見てみましょう。

大災害・社会変革が起こった「出来事」

民主主義へ歩み出す「大正デモクラシー」


大正時代を振り返るうえで欠かせないキーワードとなるのが、「民主主義の発展」を目指し1910年代から1920年代にかけて発生した「大正デモクラシー」。

1890年(明治23年)11月29日に「大日本帝国憲法」が施行されましたが、当時の政治を取り仕切っていた「薩摩藩(現在の鹿児島県に相当する)」と「長州藩(現在の山口県に相当する)」などは「藩閥政治(一部の藩出身者だけで政治を行うこと)」体制を敷いており、憲法を守らず独裁的な政治を展開。
国民たちは「民意が反映されない政治」手法に不信感を募らせていったのです。

そうした中で1912年(大正元年)から1913年(大正2年)にかけての第1次、1923年(大正12年)からの第2次と2度の「護憲運動(憲法を守って政治を行うことを求める運動)」が発生し、前者では藩閥政治派・桂太郎を立憲政友会・原敬(はらたかし)が倒し「日本初の政党政治(政党を基礎にして行われる政治)」を実現。
後者では第24代総理大臣・加藤高明によって普通選挙法(1925年)が成立、25歳以上の男性であれば税金を払わなくても無条件で政治参加できるように。

そのほか思想の面では政治学者「吉野作造」が唱えた「民本主義(民衆の意向に従って政策が決定されるべきという考え方)」、法学者「美濃部達吉」の「天皇機関説(天皇は国家の一機関に過ぎないという考え方)」などが生まれ、こうした思想も加わってデモクラシーの風潮は社会に浸透していくことになります。

人類最初の世界大戦「第1次世界大戦」

大正時代には世界を巻き込む「第1次世界大戦」も発生。
多様な民族、宗教が集まり「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれた「バルカン半島・サラエボ(現在のボスニア・ヘルツェゴビナ)」で1914年6月28日にオーストリア=ハンガリー帝国の「フランツ・フェルディナント」と妻がセルビアの青年に暗殺された事件から開戦。

同盟国側(ドイツ・オーストリア・イタリア)と連合国側(イギリス・フランス・ロシア)の2手に分かれて繰り広げられた戦いに日本も参戦、日本はイギリスと「日英同盟」を結んでいた関係で連合国側の一員として物資供給を行うことに。
この際に日本はヨーロッパの国中から植民地にされていた中国に対し「21か条の要求」を提示し、ドイツが保持していた「山東省」の権益譲渡などを求めます。

この要求は中国側の大きな反発を招くこととなり、1919年に第一次世界大戦の講和会議として行われた「パリ講和会議」で中国政府は要求の無効を訴えますが、その後の「ヴェルサイユ条約」には盛り込まれないことに。
この結果に不満を抱いた中国民衆が全国的な抗日運動となる「五・四運動」を展開していくことになります。

全国的騒動に発展「米騒動」

全国的騒動に発展「米騒動」

image by PIXTA / 27539857

日本も参戦した「第1次世界大戦」は、別の大きな騒動を引き起こすきっかけにもなりました。
その1つが1918年(大正7年)に発生した「米騒動」です。
世界大戦の影響により日本の商品輸出が急増した「大正バブル」状態となっていましたが、その一方で国内の物価上昇が問題に。

中でも特に上昇したのが「米」の価格で、1918年(大正7年)1月に1石(約150kg)15円であった米の価格は20円、30円と高騰を続け、米が入手しにくい状況に。
さらに当時の寺内正毅内閣がロシア革命への干渉を目的とする「シベリア出兵」を実施すると政府による買占めが進行、国民の手に米は回らなくなりつつありました。
国民にしてみれば「こちらは米を買えず困っているのに何してくれるのだ」といった気持ちでしょう。

こうして政府への不満を募らせた国民たちはついに立ち上がります。
富山県の漁村の妻たちが米を求め米屋に押しかけると「米の移出」阻止への運動が活発化、その後全国へ広がりを見せると暴動の発生、軍隊が出動するほどの大きな騒動に。
最終的にはコメの安売り政策などにより騒動は沈静化しますが、この影響により寺内内閣は総辞職に追い込まれることになったのです。

関東地方を襲った「関東大震災」

大正時代には日本の歴史でも特に大きな震災が発生。
1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒に相模湾で起こったマグニチュード(M) 7.9の「関東大震災」は東京を中心に千葉,埼玉,関東各県に甚大な被害を及ぼし、その死者は約 10万5000人と言われています。
2011年に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生するまでは、日本災害史上最大級の被害とも言われていました。

またこの震災は首相が不在であったことも有名で、震災が発生する8日前の8月24日に内閣総理大臣の「加藤友三郎」が急死。
総理の職務を「内田康哉」が臨時代理として行っていた中で発生しており、混乱冷めない翌9月2日に海軍大将「山本権兵衛」が第22代内閣総理大臣に指名され緊急で内閣が組閣されることに。

最近の大きな災害では2011年(平成23年)の「東日本大震災」が挙げられますが、この時は国民の政権不信が募った時期に発生しており、「政局混乱時に発生した災害」という点でこの震災と似ている感じる人もいるでしょう。
こういった時期に発生すればさらに混乱を招いてしまいますからね。

現在9月1日は震災が発生した日にちということから「防災の日」と設定されており、それだけこの震災が日本に与えた影響は大きかったのです。

女性による社会運動・社会進出が活発化

就ける職業は増加傾向に


大正時代は「女性の社会進出」も大きなキーワードになっています。
1911年(明治44年)に設立された「青鞜社」が発行した機関紙「青鞜」は女性の文芸誌という当初の目的から発展を遂げ、次第に「女性の言論・思想の自由」を展開するメディアに。
これが婦人解放運動を発展させるきっかけになっていきました。

女性が就く職業も多様になっていきます。
大正期以前は大半の女性が農業に従事していましたが、大正期に入ると教師や医師、薬剤師や事務員、エレベーターガールと職業も増加。
1920年(大正9年)2月2日に「東京市街自動車」で採用された初の女性車掌は真紅の襟に黒のツーピースという「ハイカラ」な服装で職務にあたり、当時としては破格の「35円」の初任給も話題に。
彼女たちは「バスガール」と呼ばれるようになり、現在毎年2月2日は「バスガールの日」に設定されています。

こうした働く女性たちは大正12年(1923)に雑誌「婦人画報」で「職業婦人」として取り上げられ、「良妻賢母」を求める世間の偏見を受けながらも「新時代の象徴」として知られるようになりました。
女性たちの強い意志が社会に変化を起こしたのです。

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

文化
歴史

関連記事を見る

文化の記事を見る

金沢観光で行きたい!憧れの城下町の歴史的スポット16選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
桜に囲まれた格式高い「仁和寺」の天皇をめぐる歴史ロマン
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
熊本旅行で絶対行きたい歴史的おすすめスポット8選
登録販売者は「コスパの良い資格」その理由は?
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
天井いっぱいに描かれた度迫力の双龍図に感動!京都最古の禅寺「建仁寺」の歴史と蘊蓄
ギリシャ観光で行きたい!神話と歴史に魅了されるおすすめスポット10選
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選