なぜ起きた?なぜ終わった?「鎖国」とはどのような出来事?

日本の歴史を語る中で欠かせない出来事の1つ「鎖国」。江戸時代に発生したこの出来事は「海外への渡航や通商、交通を大きく制限する」ことを意味するもので、「国際的に孤立した状態を招く出来事」と呼ばれてきましたが、詳しくどのような出来事であったのでしょうか。今回はその「鎖国」について起こった経緯、期間中に発生した出来事、鎖国が終わった後の事情などについて見てみましょう。

鎖国はなぜ起こったのか「背景」

秀吉のキリスト教弾圧から始まる

秀吉のキリスト教弾圧から始まる

image by iStockphoto

長い鎖国の歴史が始まるのは1549年(天文18年)のこと。
この年に宣教師「フランシスコ・ザビエル」が来日し、日本に初めてキリスト教を伝来。
それ以降貿易船を通じて宣教師たちが次々と海を渡り、キリスト教の普及を行っていきました。
その後「神の下では平等」という考え方のもと信者は一般市民だけでなく、戦国大名の中にも増えていったのです。

この状況を危惧したのが戦国大名「豊臣秀吉」でした。
キリスト教拡大を抑えたい秀吉は1587年(天正15年)に「キリスト教宣教の制限」を出しますが、宣教師たちは日本にとどまって布教活動を続行。
そこで秀吉は大量に増えたキリシタン(キリスト教信者)が朝廷に対して反乱を起こし「身分制度を維持できなくなる」こと、ポルトガル人による日本人の奴隷売買をやめさせるなどの目的から1587年(天正15年)に「バテレン追放令」を実施。
しかしこのころは南蛮貿易による利益優先で考えていたこともあり、実行は限定的なものでした。

決定打となるのは1596年(文禄5年)に発生した「サン・フェリペ号事件」。
土佐国浦戸(うらど、現高知市)に漂着したスペイン船「サン・フェリペ号」から秀吉が船荷などを没収。
これに対し航海長が世界地図を示し「スペインは大きな国で、日本がどれだけ小さい国であるか」といった趣旨の発言をすると秀吉は「日本征服を計画しているのでは」と疑いキリスト教弾圧を強化。
翌年には26人のカトリック信者が秀吉の命令により処刑、殉教する事件も発生することになります(日本二十六聖人殉教)。

家康時代は黙認姿勢をとっていた

時代が江戸時代に入ると江戸幕府将軍・徳川家康もキリスト教の勢いに警戒心を抱いていましたが、「貿易で利益を得られるのであれば」という理由で布教活動を黙認していました。
しかしそのような姿勢をとっていた家康の考えを変えさせる事件が1609年(慶長13年)に起こります。

この年に元キリシタン大名の「有馬晴信」の朱印船がポルトガル領マカオに寄港、酒場で「マードレ・デ・デウス号」船員と乱闘事件を起こし、60人近い日本人水夫が殺され積荷まで奪われる大事件に発展。
この事件は「マードレ・デ・デウス号事件」と呼ばれる事件に。
1612年(慶長17年)にはキリシタンで事件時に有馬の監視役をしていた武将「岡本大八(おかもとだいはち)」が有馬から賄賂(わいろ)を受け取る「岡本大八事件」が発生、岡本は火あぶりの刑に処されます。

これを受けた家康は「貿易は許可するが、布教を含めキリスト教を禁止」する「禁教令」を制定。
幕府の直轄地であった江戸・京都で教会の取り壊し、宣教師の追放を実施し始めます。
さらに翌年になると禁止の範囲を全国に拡大、追放された宣教師たちは長崎に集められ、そこからマカオやマニラに送還されることになりました。

弾圧の範囲が広がる「秀忠時代」

弾圧の範囲が広がる「秀忠時代」

image by PIXTA / 2347697

最初の「黙認」から「禁止」に動いた家康時代を経て2大将軍・秀忠の時代になると弾圧の範囲は拡大、禁教政策はさらに徹底されていくことに。
ここから布教活動以外に貿易にも制限を加えるようになり、中国以外の国の貿易は長崎と平戸(長崎県平戸市)のみ、さらに領内で外国船と貿易を行うことも禁止するようになります。

布教禁止以外では「キリスト教への罰則強化」も徹底的に行うようになり、宣教師がいることを密告したものには褒美として賞金を与える制度を設け、密告された宣教師は処刑するように。
さらに信者にも手を加えるようになり、1619年には京都・四条河原でキリシタン処刑、1622年には長崎において宣教師や信者、その家族55人を火あぶりにする「元和の大殉教」を実施し、キリスト教を取り巻く人間すべてを処分対象にしていきます。

こうした厳しい禁教対策が行われる中でキリスト教を捨てる者、信仰を捨てずに殉教するものが現れ、死を覚悟して日本へ渡ってくる宣教師もまだいました。
また観音像をマリアに見立てた「マリア観音」として祀り信仰を続けた者も存在し、そうした人々は「隠れキリシタン」と呼ばれることになります。

取り巻く環境が厳しくなる「家光時代」

3代将軍・家光の時代に移ると、キリスト教を取り巻く環境はさらに厳しさを増していきます。
この時期になると「キリシタン(キリスト教信者)」が特に多かった長崎では「踏み絵」を開始。
これはキリストや聖母マリアが刻まれた金属板を置き、その絵を踏ませて信者かどうかを見極めるもので、これで信者と分かったものはすさまじい仕打ちを受けることに。
信者は信仰を捨てるか、捨てずに処刑されるかを選択させられました。

この他では翌年からキリスト教関連の書籍輸入を禁止。
渡航面では朱印船のほかに「奉書(老中が発行する許可証)」が必要になり、海外渡航時にはこれを持っていなければ渡航できないことに(奉書船制度)。
2年後には奉書戦以外の船・日本人の海外渡航を禁止し、さらに2年後には奉書船制度自体を廃止。
これですべての日本船は海外渡航が不可能になり、海外に住んでいる日本人の帰国禁止、ひそかに帰国したものを処刑するようになります。

同時期にはキリスト教を広める必要のあるポルトガル人を隔離・収容するために長崎に「出島(でじま)」と呼ばれる人工島を設置。
完成後はそこに住まわせ、日本人との接触を厳しく禁ずるように。
「キリスト教を信じただけで重大な罪になる」世界になった日本の鎖国体制は、いよいよ本格的なものとなって行くのです。

幕府を恐れさせる「島原の乱」

幕府を恐れさせる「島原の乱」

image by PIXTA / 1331422

こうしたキリスト教への取り締まりが進行する中で、幕府が恐れる大事件が発生することに。
1637年10月に島原半島・天草諸島(熊本県と鹿児島県一部にまたがる島)の住民3万7千人が幕府を相手に反乱を起こした「島原の乱」です。

この時代は島原藩主が領地の石高(こくだか、土地の生産性を表す単位)を多めに幕府に報告しており、藩主は農民から税金を多めに徴収、納めなければ拷問を加えて取り締まっていました。
またこの地域はキリシタンが多い土地柄で、禁止令により幕府への忠誠を誓っていた天草詩派の唐津藩主・寺沢氏がキリシタンに激しい迫害を加え、火あぶりなどを行っていました。
数々の拷問を受け続けた農民・キリシタンたちは「もうやっていられない」と我慢の限界に達していたのです。

こうして不満を抱えた部隊は16歳の少年「天草四郎」を総大将に据え島原城や富岡城を一気に攻撃、島原半城の原城にたてこもり徹底抗戦の構えを見せます。
しかし報告を受けた幕府が周辺の大名を派遣し総攻撃を加えると翌年2月に一揆勢は力尽き、立てこもり組も全員殺されることに。
この事件に恐れをなした幕府はより一層弾圧を強めるようになり、信仰する宗教を調査する「宗門改(しゅうもんあらため」、個人が寺の檀家(だんか、一定の寺院に属し寺を維持する家)でありキリシタンでないことを調査する「寺請制度(てらうけせいど)」を開始するようになります。

鎖国中の取引国・取引での出来事

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

文化
歴史

関連記事を見る

文化の記事を見る

天井いっぱいに描かれた度迫力の双龍図に感動!京都最古の禅寺「建仁寺」の歴史と蘊蓄
ギリシャ観光で行きたい!神話と歴史に魅了されるおすすめスポット10選
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
【奈良観光】老舗ホテルや旧駅舎など、明治・大正・昭和期の歴史的スポット
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
京都観光スポット勢揃い!古都を歩きつくせ食べつくせ
ニューヨーク”摩天楼”の歴史&絶対行きたい歴史的観光スポット7選
大正ロマンあふれる名実業家の邸宅「文化のみち橦木館」とは?
観光前に知りたい「二条城」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
観光前に知りたい「清水寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
【ペトラ遺跡】何百年も忘れ去られていた不思議な古代都市