初めてのベネチアなら見逃せない!1000年の栄光を感じる歴史スポット11選

海の上に浮かぶ幻想的な光景が印象的な街・ベネチア。

イタリアの観光でも人気のこの街には見どころがたくさんあって、初めて訪れる方はまず何からみたらいいのか迷うほど。

そんな初めてのベネチア観光でこの街の魅力と歴史を感じられるスポットをピックアップいたしました。

ベネチアの定番スポットから離島まで11つのスポットをぜひチェックしてみてください!


街の中心地 サン・マルコ広場

街の中心地 サン・マルコ広場

image by iStockphoto / 75171769

ベネチアの中心としてとても有名なサン・マルコ広場。

この広場は本島の南側にあり、運河の入口にあたります。

9世紀頃にベネチア共和国の政治の中心地が本島に移り、開拓されてこの広場が共和国の玄関口となりました。

ベネチア共和国は海洋国家でしたので、街の玄関口は海側。
海から訪れる人々がベネチアに着いた時に最初に目にするこの玄関口が最も美しく見えるように演出されています。

最もベネチア共和国が栄えた15世紀から、現在でも見られるように党首(ドーシェ)の住まいと礼拝堂があり、この街の栄華を感じるとこができます。

ベネチアと海のつながりは永遠に

ベネチアには毎年キリスト昇天祭(復活祭の40日後の木曜)がある週の日曜日に行われる「海との結婚式」という儀式があります。
ドーシェ(現代はベネチア市長)が金の船に乗ってこのサン・マルコ広場からリド島への近海に出て、「海よ、永遠にベネチアとの繁栄が続くよう汝と結婚する」と唱えながら海へ指輪を投げ入れます。

この儀式は宗教行事ではなく、11世紀にアドリア海の対岸ににあるダルマチア地方の海賊を撃退しアドリア海をベネチアの配下にしたことと、12世紀に対立していた神聖ローマ帝国皇帝フリードリッヒ1世とローマ法王アレクサンドル3世の仲介をし、アレクサンドル3世よりサン・マルコから譲られた指輪を授かり、毎年海との契約を結ぶように言われたことがはじまりです。
この2つの出来事が起こったのがちょうどキリスト昇天祭の時期でした。

それ以来、ベネチアは海との結婚式を行うようになりました。

サン・マルコ広場から黄金の船が出て行くたいへん豪華な儀式です。

黄金のサン・マルコ寺院

黄金のサン・マルコ寺院

image by iStockphoto / 97149273

サン・マルコ広場の中をぐるりと見渡すと周りにはたくさんの建物があります。

その中でもひときわ目を引くのが金色のモザイクで輝くサンマルコ寺院。

828年にエジプトのアレキサンドリアから2人のベネチア商人が運んできた聖人マルコの遺体を祀るために9世紀に建てられたロマネスク・ビザンチン建築の建物です。

聖マルコはキリストの福音書の4人の1人で、この街の守護聖人とされており、彼のシンボルが有翼の獅子でした。
そのため、ベネチアの権威の象徴として黄金の有翼の獅子がいたるところで観ることができます。
このサン・マルコ寺院の正面上部にも聖マルコの像の下、有翼の獅子が見えます。

正面には5つのモザイクがり、そこには聖マルコの遺体を運び出す一連の伝説が描かれており、バルコニーにはベネチア提督が率いる十字軍がコンスタンチノープルを占領した記念に1204年に持ち帰った4頭のブロンズ製の馬像のコピーが広場を見下ろしています。

西向きに建つこの寺院は夕暮れが最も美しく、正面のモザイクの金色が夕陽に反射して一層輝きをますのです。

サン・マルコ寺院の中は黄金でキラキラ

内部はビザンチン建築に特徴的なギリシヤ十字架様式(縦横が同率の長さの十字架の形)で、床、壁、天井のクーポラは大理石やモザイクで飾られています。
キリストにまつわる聖書の場面が描かれています。

内陣の奥には聖マルコの遺体が収められており、寺院最大の宝物である金銀細工芸術の粋を集結させた細やかな細工と金色に輝くパラ・ドーロと呼ばれる祭壇画があります。
1300粒のパールと400のガーネット、300のエメラルドとサファイア、90のアメジスト、ルビー、七宝焼きなどで飾られた祭壇画は圧巻です。

そのほか、共和国が遠征などで得た宝物なども見ることができ、何もかもがキラキラと輝き、そこに当時の隆盛を感じることができます。

政治の中心だった ドゥカーレ宮とため息橋

政治の中心だった ドゥカーレ宮とため息橋

image by iStockphoto

サン・マルコ寺院の横にベネチア共和国の豪奢な富と権力を象徴するかつてのドーシェが住んだ居城だったドゥカーレ宮殿があります。

居城としてだけでなく、国会や行政、裁判が行われた場所でもあり、小運河を挟んだ牢獄もありました。
ドゥカーレは終身任期の総督で、その治世は元老院などの有力貴族達に常に監視されており、権力が1人に集中しないようになっていました。

外観は薄らとピンクがかった幾何学的なひし形の大理石と、繊細レースのようなエレガントなアーチで彩られており、ベネチア・ゴシック建築の様式の中に異国情緒を感じることができます。

内部は主に3階と4階を観ることができます。
黄金の化粧漆喰で豪華に飾られたドーム天井の黄金階段を登っていくとたくさんのベネチア派のティツィアーノやティントレット、ヴェロネーゼなどによるベネチアやドーシェにまつわる絵画が飾られています。

光と影をつなぐ橋 ため息の橋

豪華な大広間と対照的にこの建物の地下や天井裏は牢獄に使われていました。
その形跡も残っており、天井裏の牢獄は18世紀の伊達男として有名なカサノヴァが捕らえられていました。

16世紀には衛生面から新しい牢獄が小運河を渡ったところに作られました。
ドゥカーレ宮とこの牢獄の間にある「ため息の橋」はドゥカーレ宮で有罪判決を受けた者が渡った橋で、この世俗との別れにため息をついたことからその名前がついたと言われています。

ベネチアの盛衰を見届ける 時計塔

ベネチアの盛衰を見届ける 時計塔

image by iStockphoto

広場のアーケードの一角に15世紀に建てられた深い青色の文字盤が印象的な時計塔が建っています。

これはベネチア・ルネッサンスを代表する建築家マウロ・コドゥッチによって設計されました。

この時計塔は大きな時計の文字盤、半円のバルコニーから見下ろす聖母子像とベネチアの象徴である有翼のライオンと鐘を鳴らすムーア人の人形の構成でできています。

キリスト教国であったベネチアでしたが、この時計塔は聖母子像の上に、有翼のライオンが記されています。
ベネチア共和国の時代、政治に宗教がかかわることを極端に嫌っていました。
この配置はまるでキリスト教勢力は共和国政府の配下にあることを示しているようです。

Writer:

旨いものとヨーロッパが大好きなアラフォー女子。背中に羽の生えたペガサスのようにジャンルを問わず様々なことに興味を持ってはアレコレと調べるクセがあります。 1人でも多くの方が、今まで見たことのない景色や面白さを感じていただけるような記事を書けるよう、精進の日々です。

この記事のカテゴリ

イタリア
ヨーロッパ
歴史

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコースならこれ!3選
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選