戦国大名のドラマを見続けて500年!掛川城の歴史

掛川城と聞いて、具体的なイメージは浮かぶでしょうか?掛川にあるのだな、ということは何となくお判りになるかもしれませんが、いったい、いつ誰が建てたものなのか、なかなかこれをご存知の方はいないかもしれません。実は現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも少なからず関係のある城なんですよ。そして、この天守閣は日本でもとても貴重なものなんです。多くの城主に様々なドラマがあった掛川城、今回はその歴史についてご紹介していきたいと思います。






掛川城ってどんな城?

掛川城ってどんな城?

image by PIXTA / 17062003

掛川市は静岡県西部に位置し、かつては遠江(とおとうみ)と呼ばれた国の領内でした。

掛川の名の由来は、市内中心部を流れる逆川(さかがわ)がすぐに氾濫し、堤防が欠ける(決壊する)ことが多かったことから、「欠川→掛川」となったという説もあります。

そんな掛川の地に、掛川城は戦国時代の初期に建てられました。

掛川は東海道の要衝として、多くの戦国大名がこの地を巡ってせめぎ合いを起こしていました。
馴染みがある名前としては、今川氏・徳川氏・武田氏などです。

ここで主に掛川城の歴史が作られていったわけですね。

江戸時代になると立派な天守が建設されましたが、相次ぐ地震によって倒壊し、嘉永7(1854)年の大地震の後は修復されることもなく、そのまま明治時代に入って廃城となってしまいました。

現在の天守は、平成6(1994)年に復元されたものです。
日本初の木造天守としてとても貴重なものであり、毎年春にはたくさんの桜が咲き乱れる桜の名所として知られていますよ。

では、掛川城がたどってきた歴史を振り返ってみることにしましょう。

戦国時代の超大物・今川氏の城として誕生

戦国時代の超大物・今川氏の城として誕生

image by PIXTA / 10545032

掛川城の歴史は、現在の掛川城から500mほど東にある天王山に掛川古城が建てられたところから始まります。

時は戦国時代初期、文明年間(1469~1487年)の頃とも、明応6(1497年)~文亀元(1501)年の頃とも言われており、はっきりとはわかっていません。

この頃、駿河国(静岡県中部・北東部)は戦国大名・今川氏の本拠地でした。
そして、前述の通り東海道の要衝だったこの地に、城を造ることにしたのです。

城づくりを命じた今川家の当主は、今川義忠(よしただ)とも今川氏親(うじちか)とも言われています。
これは、城が建設された時期がはっきりしないためです。

城づくりを命じられた人物は、今川家の重臣・朝比奈氏でした。
具体的には、今川義忠と氏親に仕えた朝比奈泰煕(あさひなやすひろ)とされています。

建設された掛川城には、そのまま朝比奈氏が入り、城主となったのでした。

この後、今川氏の勢力が拡大するのに伴い、より大きな城を、ということで、竜頭山に現在の掛川城が造られることになりました。

これが永正9(1512)年から翌年にかけてのことです。

そして、今川義忠・氏親に続く義元(よしもと)の代に全盛を迎えた今川氏ですが、永禄3(1560)年に事態は一変したのでした。

さて、何が起こったのでしょうか。

桶狭間の戦いと今川氏の凋落

桶狭間の戦いと今川氏の凋落

image by PIXTA / 15310938

永禄3(1560)年に起きたのは、桶狭間の戦いでした。

尾張(愛知県)の新興勢力・織田信長に、当時最強をうたわれた今川義元が、あろうことか討たれてしまったのです。

誰もがまったく予想していなかった事態に、今川家内は混乱に陥りました。

そして悪いことに、義元の後を継いだ氏真(うじざね)は父に遠く及ばない人物だったのです。

そのため、今川氏から離反する家臣が続出しました。
その中には、幼少時に人質としてやって来てから今川の家臣となっていた徳川家康も含まれていたんですよ。

こうして、今川氏、そして掛川城を取り巻く状況は急激に変わっていったのでした。

掛川城、開城

掛川城、開城

image by PIXTA / 29034377

家臣たちの心が離れていくのを止められない中、今川氏に対して朝比奈氏は忠誠を誓い続けていました。

当時の当主・朝比奈泰朝(やすとも)は、今川氏真を何とか支えようとしていた、当時の今川家内ではかなり貴重な人物です。

そんな中、隣の甲斐(山梨県)の雄・武田信玄が今川領に攻め込んできました。
これにはたまらず、今川氏真は駿府の本拠地を捨て、自分を支えてくれる朝比奈泰朝の元に逃げ込んだのです。
もちろん、その行き先とは、掛川城でした。

この混乱に乗じて、三河(愛知県)からは徳川家康が攻め込んできました。
そして掛川城は徳川方に包囲されてしまったのです。

しかし、ここで朝比奈泰朝は奮戦し、攻防は半年にも及びました。

が、結局、和議を結ぶに至り、掛川城は開城して今川氏真と朝比奈泰朝は退去することとなりました。
行き先は、氏真の正室の実家でもある北条氏の勢力下・小田原でした。

これで、今川・朝比奈氏による掛川城時代は終わりを告げたのです。







新たな城主の時代

新たな城主の時代

image by PIXTA / 14312940

朝比奈泰朝が城を去り、その後には徳川家康の重臣・石川家成(いしかわいえなり)と康通(やすみち)父子が城代として入城しました。

石川家成は家康の重臣中の重臣とされる人物で、掛川城がいまだに重要な拠点だったことがわかりますね。

しかし、徳川時代も長くは続きませんでした。

天正18(1590)年、家康は天下人となった豊臣秀吉の命令により、関東(江戸)への領地替えを余儀なくされたのです。

そして、新たな城主となったのは山内一豊(やまうちかずとよ/かつとよ)でした。

この人物、名前を聞いたことがある方もいるかもしれません。

司馬遼太郎作品の「功名が辻」の登場人物で、その妻は「内助の功」で有名な女性です。

山内一豊は、さっそく城の拡張工事に取り掛かり、天守や大手門など立派な建造物を造り上げました。
これが現在の掛川城の基本部分となります。

また、彼は城下町の整備や治水工事などにも力を入れ、掛川城下の発展に大きな役割を果たしました。

そして慶長5(1600)年、徳川家康が決定的な覇権を手にした関ヶ原の戦いの後、山内一豊は土佐(高知県)へ国替えとなります

この後の掛川城には、徳川に古くから仕えた譜代大名たちが入城し、城主となりました。
やはり、この地は依然として重要視されていたわけです。

新たな城主としては、徳川家康の異父弟である松平定勝(まつだいらさだかつ)や、徳川氏の「超」重臣である井伊氏、本多氏などが挙げられます。

天守倒壊に見舞われた江戸時代

天守倒壊に見舞われた江戸時代

image by PIXTA / 12056639

江戸時代の後期になると、太田氏が掛川城主となりました。

この太田氏、太田道灌(おおたどうかん)という室町時代の名将の末裔です。
道灌は江戸城を最初に築城した人物でもあり、文武両道の優れた人物でしたが、謀殺されるという悲劇的な最期を遂げてしまいました。
JR日暮里駅前に立派な銅像があるので、もしかするとピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな太田氏支配の時、掛川城は天災に見舞われました。

安政元(1854)年の安政東海大地震により、天守など城の大部分が倒壊してしまったのです。
この頃はちょうどペリーの黒船が来航した直後でもありました。

とにかく城の体裁を整えようということで、地震の翌年から二の丸部分に掛川城御殿という建物を建設しました。
ここは政務を執る場所として使用され、明治元(1868)年まで使用されたのです。

しかし、壊れた天守が再建されることはありませんでした。

そして明治時代に突入し、明治2(1869)年、掛川城は廃城となったのです。

その後の掛川城、天守の復興

その後の掛川城、天守の復興

image by PIXTA / 17062001

長らく廃城となった掛川城跡は公園となり、天守台などがそのままになっていました。

それを見た市民有志により、平成6(1994)年、天守が再建され、翌年には大手門も再建されたのです。

かつて東海の名城と呼ばれた優雅な姿は、日本初の木造復元天守としてよみがえりました。

当時の記録に基づき、当時の材料や工法で忠実に復元された掛川城天守は、現在もその美しい姿を保ち続けているのです。

次のページでは『掛川城にまつわる人物:今川氏』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?