【歴史】ペルシア戦争の意義って?ギリシア・ポリスの自由のための戦争だった?

紀元前499年から紀元前449年にかけてギリシアのポリスとアケメネス朝ペルシアとの間で、50年間に亘って起こった戦いです。自分たちの自由のためとはいえギリシアってどんな思いで、大国アケメネス朝ペルシアに戦いを挑んだのでしょう。今回は、ペルシア戦争って両国にどのような意味をもたらせたのか紐解いてみたいと思います。

古代ギリシアとは?

古代ギリシアとは?

image by iStockphoto

古代ヨーロッパを語る上で、古代ギリシアと古代ローマの二つは外せません。
古代ギリシアは言うまでもなくヨーロッパの文明の源流とされるギリシア文明をもつ学問に優れており、古代ローマは実用性を重んじた政治力をもっていたといえるでしょう。
でも、古代ローマは、古代ギリシアなしでの存在は考えられません。

そもそもギリシア文明は古代オリエントから出来上がったものです。
紀元前2000年ごろに、東地中海沿岸に青銅器文明が誕生しました。
これをエーゲ海文明と呼び、紀元前1600年にはミケーネ文明がギリシアで生まれています。
どうしてかは分かっていませんが、ミケーネ文明は突如として紀元前1200年に消えてなくなりました。
その後、ギリシアは歴史から400年もの間、姿を消したのです。

ギリシア・ポリスってどんなもの?

ギリシア・ポリスってどんなもの?

image by iStockphoto

ギリシアが歴史から姿を消した400年を暗黒の時代と呼んでいます。
やっとギリシアが歴史上戻ってきたのは、紀元前8世紀のことでした。
この頃のギリシアは、各地に都市国家を設立しています。
この都市国家を「ポリス」と呼んでいます。
古代ギリシアにあったポリスは数百もあったそうです。
中でも有名なものには、アテネやスパルタ、テーベなどがあります。

このポリスたちは、独自の政治がありました。
でも、共通点も多くギリシア語を話し、ギリシア神話に基づく信仰も同じでした。
ポリス中心部の丘の上にはアクロポリスという見張り台があり、その周辺に人々が集落を作り住んでいました。
このアクロポリスには、神殿もあり信仰の中心になっていました。

ギリシアのポリスは、民主主義の発祥だった

ギリシアのポリスは、民主主義の発祥だった

image by iStockphoto

ポリスが色々なところに作られていたことはお話ししました。
ポリスたちは、対立することもありましたが、ギリシア語を共通語とする者同士を尊重し合い、異民族を「バルバロイ(野蛮人)」と呼び軽蔑していたのです。
また、ポリスは民主主義発祥の地といわれており、最高決議機関の「民会」が出来上がっていました。

こんな時代から凄く発展していたんですね。
民会は、市民全員が参加する直接民主制で、18歳以上の成年男子は参加できました。
しかし、なんせこの時代、まだまだ女性蔑視があり、奴隷なども参加できませんでした。

ゾウと蟻ではなく、ゾウ同士の争いだった

ゾウと蟻ではなく、ゾウ同士の争いだった

image by iStockphoto

かつて歴史の父といわれるヘロドトスによると、ペルシア戦争は自由な市民たちから造られたポリスの集団が、専制政治のアケメネス朝ペルシアという大国相手に2度も勝利し、独立を勝ち取ったという素敵な見方をしています。

でも、ギリシア・ポリスという2つの帝国主義的な勢力争いといった方が正しいのではないかと思います。
先ほども書きましたが、ギリシア・ポリスって数百もあったんですもの。
大国と小国の争いではなく、帝国ほど大きな2国の覇権争い的な背景があったのではないでしょうか?チリも積もれば…でしょうか?







アケメネス朝ペルシアってどんな国?

アケメネス朝ペルシアってどんな国?

image by iStockphoto

当時ペルシアは絶頂期にありました。
この王朝を建国したのは小王国アンシャンの第7代の王キュロス二世だったといわれています。
彼は、才覚の持ち主で、現在のイラン北西部を中心に広がっていたメディアと小アジアで一番の強国リディア王国を併合し、新バビロニアを滅ぼしました。
そこで、ユダヤ人を捕虜から解放しています。
その後、カンビュセス二世が、エジプトを併合しオリエントを統一した大帝国でした。
こうやって見ると、やっぱりアケメネス朝ペルシアって大きな国だったんですね。

ペルシア戦争の原因

ペルシア戦争の原因

image by iStockphoto

ペルシア戦争が起こってしまった経過にはいろいろな説がありますが、直接の原因はこのアケメネス朝ペルシアに、イオニア地方のポリスたちが反乱を起こしたからでした。
彼らは、アケメネス朝ペルシアから、支配を受け重税など様々な圧力を受けていたことで一気に爆発したのです。
実は、そのポリスの中でもミレトスという町への圧力が特に強かったとか。
このミレトスが中心となって反乱を起こしています。

ペルシアにしてみれば、ミレトスはギリシアで強い勢力を持っていたアテネと仲良しだったことが気に入らなかったようです。
子供じみていますね…。
でも、ペルシアとしても、地中海や黒海での商業圏を巡り対立していたため、ギリシアを抑えておく必要性がありました。
内心イライラモードになるのも仕方がなかったのかもしれません。
しかも、この反乱にはアテネが後ろ盾になっていたんですもん。

1回目のペルシア戦争

1回目のペルシア戦争

image by iStockphoto

反乱を後ろから擁護する、アテネにブチ切れたペルシアはとうとう戦争へと突入すべく、ダレイオス1世はアテネに対して軍を派遣するよう命をくだしました。
でも、反乱への報復というのは建前だったという説もあります。
実は、ギリシア全域を手中に収めようとの目論見があったのだというのです。
この時の遠征軍は小規模隊で、今回の戦いで決める意志はなく、彼らがどれだけの力を持っていたかを試したかったとか。

しかし、エーゲ海を進みタソス島を制圧後、暴風に遭い撤退しました。
小規模隊だったとはいえ、損害は甚大なものだったようです。

次のページでは『2回目のペルシア戦争(マラトンの戦い)』を掲載!
次のページを読む >>