ローマの歴史おさらいできる厳選観光スポット8選

ローマってたくさん観るとこあるけど、何を見たらいいの?!ローマに3度訪れても全部を観ることができないほどの広さと歴史が長く、見どころが多いローマではこんなお困りごともあるのではないでしょうか。ショッピング街も充実してるから買い物もしたいし、おいしいものも食べたい。時間はいくらあっても足りない街がローマです。せっかく歴史ある街ローマに行くのですから、買い物と食事だけで終わらないためにも、歴史を感じることができるスポットをいくつか押さえておきたいですよね。今回はすべてを周ると簡単なローマの街の歴史がわかりますが、一部だけを観ても面白い個所をピックアップしました。
さあ、2600年の歴史を持つローマを歩いてみましょう!

一気に2000年前にタイムスリップできる!フォロ・ロマーノ

一気に2000年前にタイムスリップできる!フォロ・ロマーノ

image by iStockphoto

まずはローマがまだ大きな帝国になる以前の政治の中心地となっていた場所に行ってみましょう。

フォロ・ロマーノは「フォロ(広場)」「ロマーノ(ローマの)」という意味です。

この場所は建国当時は沼地で人が住む場所ではありませんでした。

紀元前6世紀に大規模な下水工事が行われ、沼地の水をテヴェレ川へ排水することに成功し、川から近いこともあり、物資の集まる商業と政治の中心地となったのです。

ローマ共和政時代の初めには、政治機関の元老院や裁判所、政治討論する演題などがあり、政治がこの場所で行われていました。
市民の公共生活の中心としてフォロは発展して反映していきます。

帝政が敷かれてからは、皇帝たちのフォロが周囲にできたことから民主政治の中心としての役割はなくなり、ローマの偉大さを示すシンボルのフォロへと変わっていきます。

ローマ帝国が東西に分かれ、蛮族の侵入が繰り返され、ついにローマにも西ゴート族が侵入し、水道橋や神殿などが破壊されました。
中世になると建築資材調達の場所として少しずつ建物が破壊されて行きました。
19世紀に考古学の発掘ブームによってその全貌が明らかになり、古代ローマの中心であったことがわかるまで、人々から忘れさられていたのです。

肌でフォロ・ロマーノの大きさを感じてみましょう

肌でフォロ・ロマーノの大きさを感じてみましょう

image by iStockphoto

フォロ・ロマーノの良いところは、その建築物の大きさやフォロの規模を間近で体感できるところです。

写真でいくら見てもその規模や大きさを感じるのは難しいもの。

フォロ・ロマーノに入れば、間近で残された柱を仰ぎみたり、古代の石畳を歩いてその感触とフォロの広さを感じることができます。

凱旋門に挟まれた大きな通りが「聖なる道」で古代の英雄たちが凱旋したり、勝利を祈るために戦いの神を祀った神殿へ向かった道でした。

セヴェルスの凱旋門から、コロッセオへ向かって左側には元老院があり、その奥には紀元前179年に作られた会堂のエミリアのバジリカがあります。
また、右手にはカエサルも演説した演題がちょうどフォロの中心にあり、その奥にはカエサルが作ったユリウスのバジリカがあります。

さらにコロッセオ側に聖なる道を進むと、ローマに勝利をもたらした双子神「カストルとポルックスの神殿」があり、続いてかまどの女神に捧げられた「ヴェスタの神殿」の柱が現れます。

円形の神殿で、20本の柱で囲まれ、その中には聖火だけが祀られていたといわれています。

このヴェスタの神殿には「聖なる火」を守っていた4人の巫女が仕えていました。

その神殿のすぐそばには彼女たちの住まいがあり、居住の部屋や浴室、式典に使うパンを作るための臼が残されています。

さらに進むと左側に「マクセンティウスのバジリカ」が現れます。
306年にマクセンティウス帝が建て始め、コンスタンティヌス帝によって完成された会堂です。

屋根の一部が残っていることから建物の大きさを感じることができて、その大きさに驚きます。

フォロ・ロマーノの南側にはパラティーノの丘があり、かつての皇帝や貴族たちが住んでいた地域です。
フォロ・ロマーノから見えるその丘の上にある建物たちを古代のローマ市民たちも仰ぎ見たことでしょう。

古代ローマに囲まれた通り フォーリ・インペリアーリ

古代ローマに囲まれた通り フォーリ・インペリアーリ

image by iStockphoto

続いてはフォロ・ロマーノに沿ってヴェネツィア広場からコロッセオに延びる通りを歩いてみましょう。

「フォーリ・インペリアーリ」は「諸皇帝のフォロ(広場)」の意味で、フォーリ・インペリアーリ通りに沿って左右に皇帝たちが住んだ宮殿やフォロがたくさんあることからつけられました。

ローマが発展していくと人口が増加し、フォロ・ロマーノでは狭くなり、カエサルをはじめ皇帝たちがフォロを広げていったのです。

中世の時代には土に埋まっていたのですが、1800年代に発掘が始まり、古代の姿があらわになっていきました。
しかし、1936年にムッソリーニが「帝国の首都にふさわしい通りに」とフォーリ・インペリアーリ通りを作ったため、その大部分を再度埋め戻して今の姿になっています。

この通りの下には古代ローマの遺跡がまだ眠っているのです。

そぞろ歩きで皇帝たちのフォロを楽しめる

この通りがお勧めなのは、この通りを歩くだけで、古代の遺跡やその広く発展した様子を無料で見ることができるのです。

ヴェネツィア広場を背に、コロッセオに向かって歩いて行くと、右側にフォロ・ロマーノとカピトリーニの丘の間にカエサルのフォロがあり、左側に大きなダキアの戦勝を描いた「トラヤヌスの記念柱」があり、続いてトラヤヌスのフォロとマーケット、そして初代皇帝アウグストゥスのフォロが並びます。

そして、フォロ・ロマーノの全貌を見ることもできるので、フォロ・ロマーノを見学した後にこの通りから見ると違った角度で楽しむことができます。

建ち並ぶフォロの遺跡に飽きてきたなら、発掘された皇帝たちのフォロの向こうにある、カンピドーリオの丘の上に立つカピトリーニ美術館を見てみてください。

この美術館は古代ローマの遺跡の上に立っており、その遺跡を活かしつつその上にルネッサンス様式の館が建てられています。

ちょうど、この通りからその壁面の層をはっきりと見ることができます。

積み重なるローマの歴史が目で見てわかるスポットです。







歴史が大きく変わった場所 アレア・サクラ

歴史が大きく変わった場所 アレア・サクラ

image by iStockphoto

ヴェネツィア広場からヴァチカン方面に延びる、V.エマヌエーレ2世通りを東に進んでみましょう。

大きな通りで、交通量も多いこの通りを歩いていると突然左側に現れる遺跡がアレア・サクラ。

「神域」と言う名前の遺跡ですが、これはこの地域が軍神マルスの野原といわれ、練兵場として使われていた軍神マルスの神殿があった場所だったからです。

共和政時代の4つの神殿が残っており、周囲にはポンペイウス劇場やアグリッパの浴場などもある共和政末期の新中心地ともいえる場所でした。

紀元前44年3月15日、ここでユリウス・カエサルがブルータスらに暗殺された場所でもあります。

まるでドラマのようなカエサル暗殺

紀元前44年、カエサルは共和政のローマでは異例の終身独裁官に就任し、パルティアに遠征に行く最後の元老院会議に臨みました。

終身独裁官というひとりの人間に決定権を与えた状況を快く思っていなかった共和政治派の元老院委員がカエサルを暗殺することで、共和政を守ろうとしたのです。

当時、フォロ・ロマーノの元老院は手狭になっており、どこで元老院を開くのかは都度決めていました。
3月15日の開催はポンペイウス劇場の東側回廊で行われることになりました。

フォロ・ロマーノの公邸からポンペイウス劇場まで、出席者は徒歩で向かうことになります。

通常終身の公人には警備が付きますが、カエサルは元老院との契約の元、警備を解除しており、腹心の部下で剣闘士並みの武力を持つアントニウスは暗殺者の一味に声をかけられ引き離されました。

そして元老院会議に参加する者は武器の持ち込みを禁止されているため、無防備であったカエサルを14人の実行犯が23箇所の傷を付けて殺害しました。
致命傷は2刃目の胸の傷でした。

カエサルは自分が助からないと察し、自分でトーガの裾を巻きつけて死に姿を隠したと言われています。

この暗殺から内戦がおこり、結果的にはカエサルの養子であったアウグストゥスが帝政へ移行し、以降はローマ帝国として繁栄していくことになります。

この大きな歴史の分岐点となる事件が起こった場所は現在は猫のすみかとなっており、遺跡を囲んでいる柵からは神殿の柱などとともに猫がくつろいでいる姿を見ることができます。

これもまたローマらしい風景ではないでしょうか。

永遠の都の象徴 コロッセオ

永遠の都の象徴 コロッセオ

image by iStockphoto / 96048731

ローマ観光の大定番と言えば、コロッセオ。

この大きな闘技場は「コロッセオがある限りローマは存在する」と言われるほどローマの象徴として2000年近くあり続けています。

コロッセオはヴェスパシアヌス帝の命令で72年に建設がはじめられ、その息子のティトゥス帝の時代に完成しました。

皇帝一族の名前を取って正式名称は「フラウィウス円形闘技場」といいます。

建設を始めたころのローマは64年に起こったローマの大火や68年に起こったローマ内戦で街全体が被害を受けていました。

さらに皇帝ネロが浪費した財政は回復しておらず、緊縮政策をとらざるを得ないという市民からの反発必須な状況。

そこで市民たちの不満を解消するため、市民たちに人気だった剣闘士の試合ができる円形闘技場を建設することにしたのです。

コロッセオが建てられている場所は、皇帝ネロの黄金宮殿の庭園一角にあった人工池の跡地でした。

池だったのですでに10メートルほど掘り下げられており、固い岩盤の上にあったことから、基礎工事に労力も費用も抑えられると考えられて選ばれたました。

その後、剣闘士の試合などで使われるだけでなく、当時は異教であったキリスト教徒の公開処刑の場としても使われました。
時代が変わりキリスト教が国教となると次第に剣闘士の試合は減ったようです。

後年、キリスト教徒の殉教者を慰霊するため、コロッセオは教会から保護されましたが、建築資材を調達する場所として表面の大理石などは崩されていきました。
その大理石の一部はヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂の建築にも使われたと言われています。

次のページでは『こけら落としは100日間 海戦ショーでも大盛り上がり』を掲載!
次のページを読む >>