哲学の名作「社会契約論」を生んだジャン=ジャック・ルソーとは?生涯と後世に与えた影とは?

世界史の学習で必ずと言っていいほど登場する「ジャン=ジャック・ルソー(1712~1778)」。18世紀に政治哲学者として活躍したルソーは「社会契約論」や「エミール」といった著書を生み出し、それらは政治哲学・教育分野を代表する名作として語り継がれています。それではそのような名作を生み出した「ジャン=ジャック・ルソー」とはどのような人物なのでしょうか。今回は彼の著書や生涯、後世に与えた影響などから見てみましょう。

複雑な生い立ち・ジュネーブ脱出

複雑な生い立ち・ジュネーブ脱出

image by iStockphoto

生後間もなくの母の死

1712年6月28日にスイス・ジュネーブで父イザーク・ルソー、母シュザンヌ・ベルナールのもとに誕生したジャン=ジャック・ルソーでしたが、彼の人生は生まれたときから波乱に満ちていました。
まず生後わずか9日にして母親が他界してしまうのです。
彼はのちに「母は美しくて気高い人であった」と表現していますが、生後間もない時期に母を失ったことは、人生で早すぎる「喪失体験」ですね。

その後ルソーは時計職人を営んでいた父、父方の叔母シュザンヌ・ルソーの手で育てられることとなり、このころから読書に興味を示すようになります。
この頃に彼が読んでいた作品は小説や帝政ローマのギリシア人著述家・プルタルコスの『英雄伝(対比列伝の日本語訳版)』などの歴史の書物を読んでおり、このころから名作を生み出すための知性を磨いていったのですね。

しかしそのルソーに再び不幸な出来事が起こります。
10歳の時に父が元軍人を相手に暴力沙汰を起こし、その結果ジュネーブから出ていくことに。
この騒動により兄は徒弟奉公(とていほうこう。
中世ヨーロッパのギルド(商工業者組合)において後継者養成などを行うために住み込みで技術習得を行う制度)に出されたのち消息不明に。
ルソー本人は・母方の叔父である技師・ガブリエルによって従兄のアブラハム・ベルナールとともに牧師・ランベルシェのもとに預けられることとなります。

度重なる虐待・長い放浪生活へ

生まれ故郷・ジュネーブを追われたルソーはジュネーブ郊外の街・ボゼーで新たな生活を始めることに。
この地では牧師・ランベルシェのもとで生活することになるルソーですが、ここでも彼を苦しめる出来事が発生します。

ここでの生活時はランベルシェの妹であるランベルジェ嬢もいましたが、この人物が曲者でした。
彼女はルソーに対して身に覚えのない罰を与え、臀部への激しいむち打ちなどルソーに厳しい扱いをします。
この横暴な扱いにルソーも黙っておらず、うそをついたり盗みを行ったりして反抗、彼の生活は次第に荒れていきました。

ルソーはその後1724年秋にジュネーブへ帰ると司法書記・マスロンのもとで書記見習いとなりますが盗みはエスカレート、さらには自分の盗みを他人のせいにするなどしてわずか1ヵ月で仕事をやめることに。
その後20歳の彫金師・デュマコンのもとで徒弟奉公となりますが親方による日常的な虐待を受け仕事放棄、虚言、以前から続く盗みも止まず。
このときルソーにとって唯一の救いは本を読むことで、親方に本を取り上げられながらもやめることはありませんでした。

しかし長く続く親方の冷遇ぶりに耐えかねたルソーは1728年3月14日、少額の金と護身用の剣を受け取り親方の元を脱出。
ここから長い放浪生活に入ります。

ヴァランス夫人との出会い

ヴァランス夫人との出会い

image by iStockphoto







男爵夫人・ヴァランス夫人と出会う

厳しい生活環境から逃げ出してきたルソーは、サルディニア王国(イタリアとフランスにまたがっていた18世紀~19世紀の国家)・トリノなどを渡り歩きますが安住の地を見つけられず、放浪を続けていました。
その中カトリック司祭・ポンヴェールの保護を受けある屋敷に手配されますが、それがアヌシー(フランス南東部に位置する保養地)・ヴァランス男爵夫人の家でした。

当時29歳であった夫人と15歳のルソーの出会い。
出会ったとき夫人は「坊や」と呼んだとされ、その姿を見たルソーは夫人に対して「特別な感情」を持ったとされています。
婦人と出会ったルソーは夫人が信仰していたカトリックへの改宗(ルソー家はカルバン派のプロテスタント宗派であった)のためにトリノの救護院へ手配されて生活、救護院を出たあとは自由となります。
しかしここでもルソーの非行は止まらず、職を見つけても盗み、虚言による事件を起こし長続きしませんでした。

またこの時期、ルソーはサヴォアの助任司祭ジャン=クロード・ゲームに出会い、ゲームから「小さなグムを果たすこと、常に人から尊敬されるような生き方をするように」との助言を受けており、彼との出会いはのちにルソーが発表する「エミール」の第4巻「サヴォア人司祭の信仰告白」でも触れられることになります。

夫人との「親子関係」構築・再び放浪

職を転々とし落ち着かない生活を続けるルソーでしたが、1729年春になるとヴァランス夫人のもとへ戻ることに。
ここで夫人はルソーを引き取ることを決意します。

夫人に引き取ってもらったルソーは夫人との関係を深めていくことに。
夫人はルソーのことを「坊や」と呼び、ルソーも夫人のことを「ママン」と呼び親子のような関係になっていました。
周辺の人間から見れば不自然に映る光景かもしれませんが、母親の姿をはっきり覚えていないルソーにとっては夫人が「母親」であったのでしょう。

ルソーと親子のような関係となったヴァランス夫人はルソーの将来を考えた接し方をしていきます。
教育を施すために神学校、音楽学校に入れるなどさまざまな策を練りますが、夫人の元を離れたがらないルソーはあまり熱心に取り組みません。
すると夫人はルソーが「アヌシー大聖堂聖歌隊員」の楽長ル・メートルに付き添った間に彼のもとを去り行方不明に。
ルソーにとって母親代わりのような夫人が去ってしまったことは、ルソーの精神にとっては大打撃であったことでしょう。

この後ルソーは地元に帰省する夫人の女中・メルスレに同行する中でスイス・ニヨンに立ち寄って父イザークと再会。
しかし父と同居することはなく、ルソーは再び放浪生活に入っていきます。

パリへの進出・夫人との再会

パリへの進出・夫人との再会

image by iStockphoto

再び放浪生活を始めたルソーは、さまざまな職を経験し生活をしていきます。
このとき音楽好きであったことから、ヴァランス夫人の故郷スイス・クラランやローザンヌなどで音楽教師を名乗り活動をしていました。
このときのルソーは本格的な音楽教育を受けていない状態でしたが、ここで教えながら自分も学んだ経験は彼が「エミール」で提唱する「消極的教育」に大きく関係していきます。

その後1731 年になるとアヌシーの夫人の館に戻りますが夫人は不在。
ここで夫人がフランス・パリにいることを知ったルソーは、夫人の後を追ってパリへ。
これがルソーとパリの最初の出会いとなります。

しかしパリに到着したルソーが抱いた街の第一印象は非常に良くないもの。
ルソーから見れば「漂う悪臭と汚らしい家、不潔な街だ」という印象しか持たなかったのです。
しかも夫人はルソーが来る2か月前に街を去っており、ルソーにとっては苦い旅に。
その後フランス南東部の街・リヨンへ向かい楽譜写本の仕事をしながら夫人を探すことに。
すると1731年に夫人の知人と出会い、夫人がシャンベリー(フランス東部の街)にいることを確認。
夫人から手紙と旅費を受け取り、ようやく夫人と再会を果たすことになります。

次のページでは『夫人との幸せな時間・別離へ』を掲載!
次のページを読む >>