【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語

「パナマ運河」~社会科の教科書で覚えた記憶がある、という方も多いでしょう。南北アメリカ大陸の間の、細くなったところにある国「パナマ共和国」のちょうど真ん中あたりに造られた全長およそ80kmのその運河は、太平洋と大西洋の行き来を可能にし、歴史を大きく変え、パナマ共和国の歴史にも大きな影響を及ぼしました。北海道より少し小さいくらいの国土面積に、400万人ほどの人々が暮らす中南米の熱き国、パナマ。どんな歴史を歩んできたのか、その足跡をたどっていきましょう。

パナマの歴史(1)先史~スペイン統治時代

パナマ=漁師?

パナマ=漁師?

image by iStockphoto

パナマ共和国は赤道の少し北側、中米コスタリカと南米コロンビアの間をつなぐ、取っ手のような形をした細長い国。
北側は大西洋に、南側は太平洋に面しています。

この地には紀元前3000年頃の土器や貝塚、洞窟遺跡などがいくつか見つかっていて、先史より多くの人々が暮らしていたと考えられていました。
マヤ族、カリブ族、チブチャ族などと呼ばれる民族がいくつかのグループを作って生活していたものと思われます。
紀元前300年ごろには農耕が行われていたようで、周辺の遺跡からは土器のほかに金属器もいくつか出土。
住居跡もいくつか見つかっていて、数百人規模の集落に成長していたものと考えられています。

それから1000年以上もの間、この地の人々は独自の文化を育み、生活を続けていました。
15世紀の半ばから始まった、ヨーロッパ人によるアジア・アフリカ・アメリカ大陸への大規模な航海・いわゆる「大航海時代」。
この頃になるとパナマ一帯の人口は数万人規模にも膨れ上がっていたものと考えられています。

ところで、「パナマ」という国名の由来については諸説あるそうなのですが、16世紀初頭にスペイン人がやってきたとき、原住民たちが、魚の豊富な場所や猟師のことを”パナマ”と呼んでいたことに由来する、という説が有力なようです。

ヨーロッパ人、太平洋を発見する

ヨーロッパ人としてこの地を初めて発見したのは、スペインの探検家ロドリゴ・デ・バスティダスという人物だと伝えられています。
1501年のことです。
そしてこの翌年の1502年にはあのコロンブスの第4回航海で、やはりカリブ海側のモスキトス湾沿岸の探査が行われました。
その後も次々とスペインの探検家たちが上陸を果たします。
船はスペインからやってくるので、探検家たちが到達するのはカリブ海側、パナマの北側の海岸でした。

スペイン人たちは幾度となくこの地の支配を試みますが、先住民たちの抵抗や疫病などによって、数年間は足踏み状態が続きます。

事が大きく動いたのは1513年。
バスコ・ヌニュス・デ・バルボアというスペインの探検家は、現地人たちの話から「南の海」の存在を始めて知ります。
南の海のかなたには黄金の国があるのだとか。
そこでバルボアはパナマの海ではなく陸地を探検。
その先に大きな海(太平洋)があることが初めて明らかになりました。
この発見により、以後、この地は交通の要衝として、外部からの圧力を受け続けることになるのです。

スペイン人による支配の時代

スペイン人による支配の時代

image by iStockphoto

1530年頃、スペインの軍人フランシスコ・ピサロはパナマに陣を取り、現在のペルーのあたりにあったインカ帝国を滅ぼします。
スペインはペルー周辺を植民地化し、様々な物資をパナマ経由で本国に輸送し続けました。
パナマの太平洋側、S字に食い込んだ部分にあるパナマ市に辿り着いた船は荷を陸におろし、陸路でカリブ海側の港町まで運ばれ、そこから別の船に積み込まれてスペインに送られます。
陸地を移動することにはなりますが、南米大陸を南端までぐるっとまわることを考えれば相当な時間の短縮となり、かつ、安全。
当時はまだまだ、長い船旅には危険がつきものだったため、貿易で大きな利益を得ようとしていたヨーロッパ人たちにとって、パナマは非常に魅力的な場所となったのです。

16世紀中ごろまでにはこうしたルートがほぼ確立され、スペインのパナマ周辺の支配権は確固たるものに。
カリブ海には貴重な物資を積んだスペインの船が数多く行き来しており、それを狙う海賊たちも横行したと言われています。

このようにしてパナマは、他国の貿易・航海のための”近道・通り道”として繁栄を続けていきました。

パナマの歴史(2)スペインからの独立~パナマ運河建設

スペインからの独立とコロンビアとの関係

スペインからの独立とコロンビアとの関係

image by iStockphoto

18世紀後半、アメリカの独立戦争やフランス革命など、力の弱い庶民や植民地の間にも、『自由』を呼びかける動きが広がり始めます。
パナマでも、スペイン王国に対して『自由』を求める声が高まりつつありました。
南米の解放活動を続けていたベネズエラ出身の革命家シモン・ボリバルの指導のもと、1821年11月28日、ついにスペインからの独立を果たします。

パナマはボリバルが打ち立てた大コロンビア(現在のベネズエラ、コロンビア、エクアドル、パナマ全域と、ガイアナ、ブラジル、ペルーの一部の領域を網羅する共和国)に加わることになりましたが、この大コロンビアが1830年に早々と内部崩壊。
ボリバルは失脚し、大コロンビアに加わった国々は再び袂を分かつことに。
パナマも独自の道を歩もうとしましたが、結局、お隣コロンビアとの統合の道を進むことになったのです。

しかし、コロンビアとの関係も決して良好というわけにはいかず、パナマに穏やかな時間は訪れませんでした。
スペインからの独立後まもなく、今度はコロンビアの支配に対する不満が沸き起こり、度々反乱が起きるようになったのです。

パナマ鉄道の構築とアメリカとの関係

パナマ鉄道の構築とアメリカとの関係

image by iStockphoto

確かに、南米大陸の最南端・マゼラン海峡経由の渡航ルートから考えれば、例え陸路を挟むにしてもパナマを横断したほうが渡航日数は大幅に短縮でき、座礁や難破のリスクは回避できます。
しかし、船なら一度に大量の荷物を運ぶことができるところを、陸路となれば船からおろして人力で輸送しなければなりません。

19世紀中頃、パナマに再び、外部の大きな力が加わります。
アメリカです。

この頃アメリカ大陸では、ゴールドラッシュの影響でアメリカ西海岸側に移り住む人々が増えていました。
アメリカはご存知の通り大変広い国で、しかも東西を引き裂くかのようにロッキー山脈がそびえ立っています。
馬車に荷物を積み峠を越えるより、西海岸から船で荷を出してパナマを横切ったほうが日数がかからず大量の荷物を運ぶことができる、アメリカ人たちはそう考えました。
そして、カリフォルニアを出た船は南下してパナマの太平洋側・パナマ市に着き、陸路を渡ってカリブ海側にで再び出航、アメリカ東海岸を目指すルートが使われるようになったのです。
でももし、ここに、単なる道ではなく鉄道が通っていたら?もっと大量の荷物をもっと楽に運べるはず。
アメリカ人たちがそう思いつくまでにそれほど時間はかかりませんでした。

1848年、アメリカの起業がパナマに鉄道を敷く権利を取得。
1850年から5年の歳月をかけ、太平洋側のパナマ市とカリブ海側のコロン市を結ぶ、全長77kmの横断鉄道が完成します。

この鉄道は、この後、パナマ運河が開通したことにより意義が薄れてしまうのですが、現在でも現役。
平日1日1往復、中南米独特の熱帯ジャングルの間を駆け抜ける人気のツアーが、多くの観光客や鉄道ファンを楽しませています。

nekoichi(猫壱)

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

アメリカ
カリブ・中南米
パナマ共和国
北海道
北米
国内
歴史

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
アメリカ語学留学のお勧め都とアメリカンのライフスタイル
社会人のアメリカ留学。お勧め都市とお勧め英語上達法
【治安、犯罪、持ち物…】ニューヨーク旅行の前に知っておきたい注意事項ガイド
ニューヨークで体験しておくべきこと30選
ハリウッド映画の聖地「ロサンゼルス」の歴史的スポットはココだ!