旅行に最適!コンパクト折りたたみ傘の開発背景 岩垣伸哉氏インタビュー

旅行に行くときに心配なのが、雨。しかし旅行中は普段よりも荷物が多いため少しでも荷物は増やしたくはないはずです。そこで本日ご紹介したいのが、オリジナル傘ブランド「mabu」からでているコンパクト折りたたみ傘。軽量でコンパクトなのに、しっかり雨に対応できる、トラベラー必見の傘です。このたび株式会社SMV JAPANの岩垣伸哉氏にコンパクト折り畳み傘について詳しく話を聞くことができました。

傘ブランド「mabu」を作るまでの経緯は?

傘ブランド「mabu」を作るまでの経緯は?
―本日は宜しくお願い致します。株式会社SMV JAPANはオリジナルの傘を作られていますが、どういった経緯で作るようになったのですか?
岩垣伸哉氏(以下、岩垣) 弊社は1995年に創立し、当時はノベルティを扱っていました。バブルが崩壊し不況が続く中、海外でできるだけ安く高品質なノベルティを作り、少しでも企業が元気になるようにと事業を進めてきました。ノベルティの中でもレイングッズは、デザインや機能性などを含めてお客様からも信頼を得られるようなブランドとなっていったのです。

―その流れで傘を作り始めたのですか?

岩垣 はい、そうです。ノベルティ事業のノウハウを活かし、弊社はmabuという事業を立ち上げました。これは「ありふれた日常の中にちょっといいこと」をキャッチフレーズにし、雨という自然現象に対し、こんな傘があったら良いなという顧客目線で、雨の日が少しでも楽しくなるように事業を始めたのです。

そのなか、折りたたみ傘って意外と重く、常に持ち運んでいると負担に感じる人が多いと思うのですが、もしもっとコンパクトで軽量な傘ができたら、持ち運びが便利にならないかなと考えたのが、開発のきっかけです。急な雨で、その都度ビニール傘などを購入することになると不経済ですし、ゴミも増えてしまいますよね。

ちなみに、環境面でも貢献ができればと、使用済みペットボトルから再生した生地を利用した傘も作っています。このように弊社ではユーザーの利便性に配慮し、様々な負担を減らしながら、環境面にも配慮することで社会貢献になると考えています。

旅行におすすめの傘はこれ!

旅行におすすめの傘はこれ!
―旅行中に持っていく傘は、少しでもコンパクトになるものが良いのですがそのような傘はありますか?

岩垣 旅行などで持ち運びをよくされる方のために、旅行雑誌「ことりっぷ」とコラボした製品を開発しました。これは、畳んだ際に全長が50センチ、重さが186グラムというコンパクトで軽量の傘を開発しました。最大の特徴は文庫本ほどの薄さになるフラットさです。旅行など大きな荷物が他にあるときでも、小さなバックでも十分に入るので決して邪魔にはなりません。

―折りたたみ傘で気になるのが収納ポーチです。この商品はどうですか?

岩垣 折りたたみ傘を使用したあと、カバーに戻すのが難しいと感じたことがあると思います。mabuの傘は手元まですっぽりと収まるファスナー付ポーチに入れることができるので、傘が濡れたあとも持ち運びが簡単です。持ち運びがしやすいことを実現したものとなっています。
―ことりっぷの表紙柄のものは何種類ありますか?

岩垣 現在ことりっぷとの限定コラボモデルは12種類あり、そのうち4種類はことりっぷ表紙柄を採用しており、また他の8種類はことりっぷの雰囲気がでているデザインとなっており、旅行をしている気分になることができます。またカラーバリエーションも豊富で、女性向きのものも多いです。

まだまだある、おすすめの折りたたみ傘

まだまだある、おすすめの折りたたみ傘<br />  ” /></div><div class=―他にもおすすめの商品はありますか?

岩垣 ことりっぷとのコラボ製品以外にも、旅行におすすめの折りたたみ傘はあります。特にこの超軽量折りたたみ傘 haneは、「重さは、スマートフォンの約半分」をキャッチコピーとし、約80gの重さがお客様にも支持されています。
80gというのは、持ってみるとわかりますが本当に軽いです。バッグにいれっぱなしでも重さをほとんど感じないため、トラベラーにとっても重宝されるのではないでしょうか。
―ギフトにすることができますか

岩垣 mabuの公式サイトでは、コンパクト折りたたみ傘もギフトボックスを同時に購入することにより、プレゼント用にすることができます。また折りたたみ傘ポーチギフトボックスセットの購入をすることができます。プレゼントとして購入される方もたくさんいらっしゃいますので、ぜひご検討ください。

本日はお忙しい中お時間をいただきありがとうございました。mabuは様々な種類の傘があるのですが、本日は旅行中にも最適なコンパクトで軽量な傘をいくつか紹介をしていただきました。