世界中の6割の花が集まるオランダの「花」文化とは?

「花といえばオランダ!」というくらい花で有名なオランダですが、その花文化にはどういった歴史や背景があるのでしょうか。オランダの環境問題への取り組みや最近の花産業の動向とともにご紹介したいと思います。


ヨーロッパにおける花文化

ヨーロッパにおける花文化
花が季節とともに見せてくれるさまざまな表情や色彩から元気をもらったり、時にはその儚さに人生を照らし合わせて感慨にふけったり。
日々にささやかな彩りを与えてくれる心の友として、花は遥か昔から私たちの身近な存在であり続けてきました。

ヨーロッパには寒くて暗い、長い長い冬があります。
花はそういった季節に人々の家庭に明るさや楽しさをもたらしてくれる存在であり続けてきました。
もともと生活、そして人生を楽しむことを大切にしているヨーロッパ人にとって花はまさにふさわしいインテリアであり、窓辺や街角など街のいたるところで目にすることができます。

特にオランダでは、花が飾られていないテーブルは印象がよくないというくらいかかせない文化となっています。
オランダ人が家庭の窓辺に花を飾るのは自分たちが元気をもらうだけでなく、そばを通った人に「幸せのお裾分け」をしたいといった気持ちもあるようです。
すばらしい考えですよね。

オランダの花産業

オランダの花産業
現在、オランダの農業人口は少なく5%未満ですが、生産量の7割から8割程が輸出用であり、花産業は世界にむけたオランダの一大産業となっています。
バラやカーネーション、ユリやチューリップが輸出額の上位を占め、ヨーロッパ諸国やアメリカなどを中心に輸出されています。
このように花産業は確かにオランダ経済を支えていますが、そのような商業的な理由だけではなく「パンを二つ買うお金があればパン一つに花を買う」という言葉があるほど、オランダ人は花を愛しています。
日本では珍しい、ガソリンスタンドなどでもたくさんの花が売られており、自宅用の花はスーパーマケットで購入する方が多いそうです。

一方、後にも紹介しますが、近年オランダは花の生産だけではなく、物流にも力をいれています。
この背景には花産業の世界的な雇用環境の変化や作付け面積の減少などがあるようです。

花の国としての始まり

花の国としての始まり
オランダの花の歴史は1500年代にまでさかのぼり、トルコからチューリップが伝わったのが始まりだと言われています。

オランダはもともと土地が海よりも低く、土壌も砂地が多いため地理的に農作物の栽培には向いていませんでした。
その一方で山が少なく、気候も温暖で天災が少なかったこともあり、その土地柄によくマッチしたチューリップの栽培が始まりました。

 

栽培が始まった当時は、まだチューリップは高貴な花と考えられていたため、上流階級にしか普及していませんでしたが、100年も経つと品種改良が加速していき、やがて庶民にも普及しはじめました。
しかし1630年代にもなると、あまりに多くの人々がチューリップの球根を買いあさった結果、バブル経済に陥ることになりました。
この「チューリップマニア」とも呼ばれる現象はまさに、経済史上はじめてのバブル現象となりました。

「チューリップマニア」現象ののち、ヨーロッパ各地でチューリップが人気を博し、多くの需要が生まれました。
オランダはその需要に応えることで、花産業の立て直しをはかりました。

花大国、オランダへ

花大国、オランダへ
その後オランダは1870年代に花の温室栽培に成功し、旬を早めて花の付加価値をあげるという、より利益率の高いビジネスモデルを構築しました。
また1950年代以降は栽培に関わる環境因子をコンピュータによって制御することで効率的な大量生産をも可能になり、オランダは世界が認める花大国へと成長していきました。

 

nattou

Writer:

日本生まれの海外育ち。音楽と太陽を愛しています:)化学メーカーを退社し、WEBライター、翻訳業を中心に活動中。幅広い分野で記事を書いていきたいと思っています。

この記事のカテゴリ

アイディア
オランダ
文化

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
ローストビーフが様々な姿で三越に登場!五感で楽しむ“自遊庵”
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選
藤江氏魚楽園、深耶馬溪…九州旅行で見る紅葉スポットならここ!福岡&大分編