絶景はここにもあった!スイス・ツェルマットで見るべき観光スポット5選

標高1631mの山中に位置するスイス・ツェルマット。世界屈指の名峰・マッターホルンの麓にあるこの村には、マッターホルン制覇を夢見る登山家や観光客が集まり賑わいを見せています。今回はその世界有数の山岳リゾート地である、スイス・ツェルマットで見ておきたい観光スポット5選を紹介します。


車内から絶景が見える・ゴルナーグラート鉄道

車内から絶景が見える・ゴルナーグラート鉄道
ツェルマットからゴルナーグラートまでの約9㎞を約42分で結ぶ登山鉄道。
1898年に夏限定で運行を開始し、1942年からは通年運行に変わりました。
鉄道車内からはマッターホルンはもちろん、ツェルマットの街並みを一望することができます。
終点のゴルナーグラート駅には山々を一望できる展望台もあるので、ぜひ行ってみては。

マッターホルンの雄姿が一望できるゴルナーグラートの間を結ぶ登山鉄道がこのゴルナーグラート鉄道です。
ゴルナーグラートの標高3089mの展望台からはマッターホルンはもちろん、モンテローザなど4000m級の29の山々やゴルナー氷河などの絶景が一望のもとに楽しめます。
山上にはレストランやホテルもありますので、眺望を楽しみながらの食事や宿泊もおすすめです。
ユーリンクより

Gornergrat Bahnの住所・アクセスや営業時間など

名称 Gornergrat Bahn
住所 Zermatt 3920, Switzerland
営業時間・開場時間 随時
利用料金や入場料 チケットによる
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E9%89%84%E9%81%93
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Gornergrat Bahnのスポットページ

名峰が一度に見られる・ゴルナーグラート展望台

名峰が一度に見られる・ゴルナーグラート展望台
ゴルナーグラート鉄道の終点、ゴルナーグラート駅の近くにある展望台。
ヨーロッパの屋外展望台としては最高の標高3089mに位置し、ここからはマッターホルンやブライトホルン、モンテローザといった名峰を一度に眺めることができます。
また夏季以外であればロープウェイでシュトックホルンに行くこともできるので、旅のプランに入れてみては。

対するツェルマットが誇る人気No.1の展望台といえば、ゴルナーグラート。
アトラクションに富んだ地下トンネルが楽しいユングフラウヨッホに対して、ゴルナーグラートの魅力はなんといっても展望。
マッターホルンを含むヨーロッパアルプス4000峰の3/4にあたる29座がツェルマットに位置し、ゴルナーグラートをぐるっと取り囲むように聳えています。
Relais Schweizより

駅を降りると目の前にマッターホルンが見えますが、電車から降りた人達が上がる前に更に上にある展望台に早めに行く方が良いです(エレベーターもあります)。
展望台は結構人で一杯になります。
展望台からは、マッターホルン、ブライトホルン、リスカム、モンテローザ、ヴェッターホルンなど360度の眺望が楽しめます。
帰りはハイキングで逆さマッターホルンが楽しめます。
4travelより

ゴルナーグラート展望台の住所・アクセスや営業時間など

名称 ゴルナーグラート展望台
住所 Gornergrat3100m3920Zermatt
営業時間・開場時間 登山鉄道の時間に準ずる
利用料金や入場料 82スイスフラン(往復の鉄道料金込み)
参考サイト http://www.gornergrat.ch
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゴルナーグラート展望台のスポットページ

登頂の記録をたどる・マッターホルン博物館

登頂の記録をたどる・マッターホルン博物館
マッターホルン・ゴッタルド鉄道ツェルマット駅から徒歩7分の場所にある博物館。
1階にはマッターホルン初登頂を果たしたイギリス人エドワード・ウィンパーの記録や、遭難者の遺品が展示されています。
2階にはこの地が栄え始めた18世紀ごろの住居などが再現されており、当時の人々の暮らしを学ぶことができます。

展示室は地下ですが、地下はまるでミニチュアのツェルマットの街のようになっています。

往時の教会やホテル、山岳ガイドの小屋や家畜小屋などが再現され、展示されています。
1865年にマッターホルン初登頂に成功したイギリス人ウィンパー達のザイルやピッケル等や登頂譚、アルプスの造山活動、動植物、鉱物、そしてツェルマットの昔の姿を知る事が出来ます。
東山雑記より

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

アイディア
スイス
ヨーロッパ
建築
絶景
自然・絶景
街・都市

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
ローストビーフが様々な姿で三越に登場!五感で楽しむ“自遊庵”
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選
藤江氏魚楽園、深耶馬溪…九州旅行で見る紅葉スポットならここ!福岡&大分編