サッカー大国アルゼンチン「ブエノスアイレス」を楽しむ!立ち寄るべき通な観光スポット5選

今回はアルゼンチン・ブエノスアイレスをご紹介します。アルゼンチン、というと何が浮かびますか?サッカー?タンゴ?それとも牛肉?イメージはなんとなくあっても、よくわからない?そんなアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスのおすすめ観光スポットはどんなところがあるのでしょう?

ブエノスアイレスってどんなところ?

ブエノスアイレスってどんなところ?
ブエノスアイレスは、アルゼンチンの首都で、どの州にも属していないため「ブエノスアイレス自治市」と呼ばれています。
「ブエノスアイレス」意味はスペイン語で「buenos(良い)aires(空気、風)」。

船乗りの望む「順風」が街の名前になったとされるアルゼンチンでは、サッカーが最も人気のあるスポーツです。
国際サッカー連盟(FIFA)によると、2,658,811人の選手(331,811人が登録者、2,327,000人が非登録者)、3,377のクラブ、37,161人の関係者がいるとか。
そして、アルゼンチンでは、マラドーナは神にも似た何かとされており、マラドーナ教(マラドーナ教会)という宗教には、世界60ヶ国以上、10万人を超える信徒がいるんですって。

おすすめの観光スポット

おすすめの観光スポット
そんな、アルゼンチン・ブエノスアイレスで立ち寄りたいおすすめ観光スポットをご紹介していきます。
多くの彫刻(モニュメント)がある公園など、わざわざ立ち寄らずとも通り過ぎるような観光スポットも多く「南米のパリ」の名で親しまれており、南米の中で美しい町の1つであるブエノスアイレスでおすすめのスポットを観ていきましょう!

アルゼンチンの歴史が凝縮された場所 Recoleta

アルゼンチンの歴史が凝縮された場所 Recoleta
ここレコレータ墓地は、アルゼンチンの歴代大統領や軍人、芸術家や著名人、有名人たちが眠る墓地です。
墓地が観光地?!と思ってしまいますが…日本の墓地とは全く異なる、美しい彫刻の墓地が多くあります。
観光で訪れた人の多くが、元大統領夫人エビータ(マリア・エバ・ドゥアルテ・デ・ペロン)の墓地を目指しています。
墓地とは思えぬほどの美しい彫像の数々、アルゼンチンの歴史が凝縮された場所とも言われるほど、多くの有名人の墓地がありますので、のんびりと散策しながら観るのがおすすめ。






Recoletaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Recoleta
住所 Junín 1760, 1113 CABA, アルゼンチン
営業時間・開場時間 7:00 – 17:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://turismo.buenosaires.gob.ar/es/atractivo/cementerio-de-la-recoleta
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Recoletaのスポットページ

世界で2番目に美しい?! El Ateneo Grand Splendid

ここ、エル・アテネオ・グランド・スプレンディッドは、古い劇場をそのまま生かし本屋さんとして営業しています。
劇場だっただけあり、本屋にするには勿体ないくらい装飾が美しく「世界で2番目に美しい本屋」とされています。

本屋さんに来ていることを忘れてしまうような美しい内装を気軽に観ることが出来ます。
ぜひ、近くを通ったら立ち寄ってみてくださいね。
ちなみに、世界で1番美しいとされる本屋は、オランダ南部のマーストリヒトという街にある、700年以上前に建てられたという教会を使用し営業している「ドミニカネン」という本屋さんです。
次のページでは『繊細な装飾が美しい Basílica del Santísimo Sacramento』を掲載!
次のページを読む >>