北京に残る古きよき路地「胡同」(フートン)を歩こう

中国において「古都」として代表される街として、東洋のヴェネツィアと称される蘇州や何度も首都として選ばれた歴史を持つ西安が挙げられます。しかし、実は急速な発展を遂げた大都会である首都の北京にも、そのような古都としての一面があります。今回は古都の様子が伺える「胡同」を紹介します。

胡同(フートン)とはそもそも何なのだろうか

胡同(フートン)とはそもそも何なのだろうか
胡同について初めて聞く方は多いと思いますが、これは北京に残る古い路地のことを指します。
中国語ではフートンと呼び、北京観光における知る人ぞ知るスポットです。

北京「南锣鼓巷」(NANLUOGUXIANG)攻略の住所・アクセスや営業時間など

名称 北京「南锣鼓巷」(NANLUOGUXIANG)攻略
住所 南锣鼓巷位于北京市东城区,是北京最古老的街区之一。
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://m.baidu.com/sf?openapi=1&dspName=iphone&from_sf=1&pd=jingdian_detail&resource_id=4239&word=%E5%8D%97%E9%94%A3%E9%BC%93%E5%B7%B7&title=%E5%8D%97%E9%94%A3%E9%BC%93%E5%B7%B7&lid=18271925058226599866&ms=1&frsrcid=4146&frorder=2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北京「南锣鼓巷」(NANLUOGUXIANG)攻略のスポットページ

昔ながらの素朴な住宅街

昔ながらの素朴な住宅街
北京と聞くと、中国の首都やバブルということもあって富裕層が暮らしているイメージがあるかもしれません。
しかし、この場所は昔ながらの素朴な住宅が並んでおり、都会とは少し違った雰囲気となっています。

味わい深い路地の散策

味わい深い路地の散策
複雑な路地のため、迷うことがあるかもしれません。
しかし、発展していく北京が忘れてしまいかけている味わい深さが今なお残り続けており、迷っても後悔する事はないでしょう。

もっと気楽に散策したいなら

もっと気楽に散策したいなら
散策に時間がない人は、人力車を利用して散策してみましょう。
暑い夏でも気楽に見て回ることができ、二人乗りのためカップルや夫婦には非常におすすめです







お腹が空いても大丈夫

散策している中で、お腹が空いてしまうことがあるかもしれません。
その際には、道端の屋台や露店でおいしいグルメをいただきましょう。
値段も高くなく、ちょっとした空腹にはちょうどいいです。

訪れる際に気をつけたいこと

訪れる際に気をつけたいこと
先ほども述べましたが、胡同はあくまで路地のため観光スポットとしての整備があまりされていません。
そのため、ゴミが置かれているといった不衛生な箇所もあります。
また、周辺住民に迷惑になるような行動も控えましょう。

所々で小さな発見

所々で小さな発見
写真のような小さなゲートや緑に囲まれた家など、散策している中で小さな発見をすることができます。
変化することもあるため、何度訪れても飽きることはないでしょう。
次のページでは『続々とオープンするお洒落なお店』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

オンラインアシスタントって何?サービスを展開するknit社に聞いてみた!
なぜ信長を裏切った?近江の戦国勇将・浅井長政の生涯
吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選