世界一周は独身時代に行くべき?それとも夫婦で行くべき?

最近では世界一周する女性の方も増えてきたと思います。私の妻も独身時代に一人で世界を旅して、今回は私と二人で世界一周をしました。そんな経験を基に、一人旅と二人旅の違いをお伝えしたいと思います。


どちらが好きですか?

どちらが好きですか?
最初にお伝えしておきたいのは、一人旅が好きな場合もあると思いますし、二人旅が好きな場合もあると思います。
なので、私たち夫婦共は一概にどちらかが良い!という考えではありません。

旅のスタイルや人生観、はたまた年齢によって全く違うものになると思います。
私たち夫婦は独身時代からお互い旅をしており、フィリピンで出会い結婚しました。
ちょっと特殊な事例かもしれませんが、私たちが感じる一人旅と二人旅の違いと、年齢による考え方の推移をご紹介したいと思います。

若い時は断然一人旅

若い時は断然一人旅
若い時は断然一人旅の方が楽しいですし、一人旅するべきだと考えています。
私たち夫婦も最初はもちろん一人で旅していたのですが、若い内は好奇心と体力、溢れるエネルギーを旅に使うことができます。
逆に危険な場面や場所を判断する能力がまだ備わっていない部分もあるので、不安面もありますが「誰も頼る人がいない」「未知の世界を見れる」体験は何事にも変えられないと思います。

ある程度歳を重ねてしまうと、旅をうまくこなすための打算的な部分や効率化ばかりに気を取られてしまうこともあると考えています。
自分の気持ちに素直に行動できる若い内は、誰かと一緒に世界一周に行くなんてもったいないと思います。

その後は二人旅

その後は二人旅
何歳から若くないかは個人の判断にお任せするとして、ある程度の年齢に達すると二人旅の方が楽しめると私たち夫婦は考えています。
一人旅の場合は現地で様々な出会いがあり、時には行動を共にする場面もあると思いますが、基本的には一人です。
素晴らしい景色に出会っても、美味しいご飯に出会っても一人です。

世界一周はその場の自己完結で終了するものではなく、その後の人生の行き方をも変えることがある大きなイベントだと思います。
世界を見ることより、二人で世界一周して「時間を共有出来ること」に最も価値を見出せるようになるのです。

一人と二人の大きな違い

一人と二人の大きな違い
一人旅と二人旅の大きな違いは「旅の感じ方」だと考えています。
同じ風景を見ても感動する人もいれば、しない人もいます。
旅というのは非常に抽象的なもので、形があるわけではないので、自分の主観のみが旅の価値になると思います。
一人旅の場合は「苦労して目的地までたどり着いたのにイマイチ」と感じることもあるでしょう。

しかし、二人だと「二人で苦労して目的地までたどり着けた」という部分のみで十分旅が完結するように思えます。
もちろん、目的地が素晴らしい場所であるに越したことはないのですが、正直毎回良いわけではありません。
目には見えないですが、共に時間を共有できるという事実が旅の醍醐味になるのです。

私は夫婦世界一周をして良かったと思います

私たち夫婦の主観なので、違うように感じる場合もあると思います。
しかし、多くの国を回ってきた私たちが感じる旅の目的は「場所を訪れることではなく、自分達を知ること」だと感じています。
その場所を訪れて自分がどのように感じるのかが旅をする最大の理由なのです。
その時間を夫婦二人で共有できることはかけがえのないものだと感じています。
photo by iStock
Tetsu

Writer:

これまでに世界一周を経験し、多くの国や地域へ訪れました。国家資格である「総合旅行業務取扱管理者」の資格も取得しているため、旅行者目線とプロ目線、様々な視点から記事を作成することを心がけています!

この記事のカテゴリ

アイディア

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

なぜ信長を裏切った?近江の戦国勇将・浅井長政の生涯
吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
ローストビーフが様々な姿で三越に登場!五感で楽しむ“自遊庵”
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選