世界一美しいモスクと謳われたイスタンブール『ブルーモスク』の神秘

アジアとヨーロッパの交差点トルコ、イスタンブール。魅惑の街イスタンブールの観光の目玉にもなっているのが、通称”ブルーモスク”と言われている「スルタンアフメットモスク」。”オスマン建築の傑作”や”世界一美しいモスク”とも呼ばれており、イスタンブール観光の目玉でもあります。
今回は、そんな青く美しいブルーモスク「スルタンアフメット・ジャミィ(ブルーモスク)」をご紹介いたします。

数々のモスクの中で一番美しいモスク

数々のモスクの中で一番美しいモスク

image by iStockphoto

イスタンブールには、様々な歴史的建造物があり多くの観光客に人気の都市のひとつですが、その多くの建造物はビザンティン帝国時代からのものと、オスマントルコ帝国時代のものに分類されます。

その中でも一際美しいと称賛されているのが、「スルタンアフメット・ジャミィ(ブルーモスク)」です。

内部が青いので、ブルーモスク

内部が青いので、ブルーモスク

image by iStockphoto

スルタンアフメット・ジャミィは、アヤソフィアのちょうど向かいに位置し、”ブルーモスク”という名で知られています。

内部の壁、天井、柱を覆う模様がほんのり青を帯びていることからブルーモスクと呼ばれ始めたそうです。

image by iStockphoto

昔は、全体的に青が強かったらいしいのですが、近年の改修で今より抑えられた色彩になっており、青というよりパステル調に近い色をしています。
部分によっては、昔からの名残であるイズニックタイルなどはっきりした青を見ることもできるとか。

image by iStockphoto

外観は、まさにトルコ文化を象徴するような景観。
その存在感に圧倒されます。

1616年に完成

1616年に完成

image by iStockphoto

このスルタンアフメット・ジャミィ(ブルーモスク)が完成したのは、1616年。

オスマン帝国当時のスルタン、アフメット一世がミマール・シナンの弟子、メフメット・アーという人に1609年に建設を命じ、7年後に完成。
アフメット自身は、完成の翌年の1617年に亡くなったため、隣にある霊廟に妻や息子と共に埋葬されています。

尖塔が6本あるのは設計ミス!?

尖塔が6本あるのは設計ミス!?

image by iStockphoto

天井に突き刺さるように伸びている尖塔の周りには、大群の鳥達(海ドリ)が飛んでいます。

イスラム教の寺院、モスクではメッカ以外は通常4本までしか尖塔を立てられないことになっていますが、建設を指示したスルタンアフメット1世が「アルトゥン(黄金)の塔を作れ」と言ったのを「アルトゥ(6)の塔」と勘違いしたことからこんなにミナレットが立ってしまったのだそう。

世界の数あるモスクの中でも尖塔が6本あるのは、スルタンアフメット・ジャミィ(ブルーモスク)だけだそうです。

絨毯が敷かれており土足禁止!

絨毯が敷かれており土足禁止!

image by iStockphoto

モスク内は絨毯が敷かれていてこの絨毯を汚さないためにモスクに入る時は靴を脱ぎます。
(入り口には、靴入れ用のビニール袋も完備)

現役のモスクでもあるので、1日5回お祈りの時間には、イスラム教信者の方が真剣にお祈りをしている姿も見ることができます。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【諸葛亮孔明】赤壁の戦い、天下三分の計、数々の発明…天才軍師の歴史ざっくり復習
静岡の温泉地やおすすめの温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
中国の世界遺産を全部解説!52件の世界遺産、あなたはどれが好み?
猛攻、謀略、虐殺、そして敗退へ「日中戦争」とは?
インド観光前に知りたい、世界遺産の全36件を徹底解説
そんな理由で独立?繁栄の都市〈シンガポールの歴史〉
中国4000年の歴史でたった一人の女帝「則天武后」の歴史
連携と敵対を繰り返した?朝鮮に高句麗・百済・新羅の3国が成立した歴史
【ベトナムの歴史】ふだんのイメージと違う!?ベトナム苦難の歴史