妖精の煙突と呼ばれた奇岩が並ぶ不思議な風景『カッパドキア』

広大な土地に広がる奇岩と、それをくり抜いて暮した人々の知恵。まるで妖精たちの住処のようなカッパドキアの奇岩は「ペリバジャ=妖精の煙突」とも呼ばれています。ここではそんなトルコのカッパドキアについてご紹介します。

カッパドキア(Cappadocia)

photo by ephesustourguide.com

カッパドキアは、標高1000メートルを超えるアナトリア高原中央部に広がる岩石台地。その広さは100平方キロメートルにもなります。中でも有名なのがネヴシェヒル県 (Nev?ehir)にあるギョレメの町で、ギョレメ国立公園(トルコ語でGoreme Milli Parklar)は1985年にユネスコの世界遺産リストに加えられました。

カッパドキア(Cappadocia)

photo by trips4photographers

キノコや煙突のような形の奇岩、巨岩が立ち並ぶ景観はまさに自然の驚異。この不思議な風景は、地層の柔らかい部分が数千年もの年月の間に風雨によって削られ、固い地層残って生み出されたものです。

カッパドキア(Cappadocia)

photo by 3.bp.blogspot

ギョレメとは「見てはならぬ」の意味。3世紀半ば、ローマ帝国の弾圧を逃れたキリスト教の修道士たちが、カッパドキアに移り住み、ここで岩をくり抜いて地下都市を築きました。
今ではこれらの住所跡を利用した「洞窟ホテル」がたくさんあり、世界中から観光客が訪れます。

カッパドキア(Cappadocia)

photo by turkeyculturaltour.com

イスラム勢力に包囲され、絶えず脅威にさらされていたキリスト教徒たちは、この地に数多くの地下都市を築きました。その中のひとつ、1965年に発見されたカイマクル地下都市は地下8階、深さ65メートルに及ぶ巨大なもので15,000人以上がここで暮していたと考えられています。

カッパドキア(Cappadocia)

photo by turkish

ギョレメの屋外博物館の壁面のあちこちに穴があいています。これはキリセと呼ばれる岩窟教会で、異教徒たちに教会の存在がわからぬように作られたものです。

カッパドキア(Cappadocia)

photo by robleavesamerica

キリセの内部では美しいフレスコ画を見ることができます。日の光にさらされていないため保存状態もよく、この荘厳なフレスコ画に囲まれていると中世にタイムススリップしたような感覚に陥ります。

07
カッパドキアは世界でも珍しい「複合遺産」。数億年にも及ぶ地球の活動が生み出した「自然遺産」と、信仰心に突き動かされた人々が作り出した「文化遺産」のふたつの融合が認められた地です。自然と人間心理の神秘を体感できる場所、カッパドキア。ぜひ一度は訪れたいスポットです。

カッパドキア(Cappadocia)への行き方

旅の起点はトルコの首都イスタンブール。成田、関西からの直行便があり所要時間は約13時間です。その他、アジア主要都市やヨーロッパ各都市からの経由便も多く、アクセスは非常に便利です。
イスタンブールからは国内線で約1時間半でカッパドキア観光の拠点カイセリ空港へ向かいます。イスタンブールからは陸路もあり、時間のある場合は長距離バスを利用してトルコの風景を楽しむのもオススメです(約13時間)