イスラム教とキリスト教の聖地。シリア「ダマスカス」の神々しい絶景

シリアの首都ダマスカスはアラビア語ではディマシュク、シリア人はシャームと呼んでいます。砂漠の中をオアシスに囲まれた町です。旧約聖書の時代から存在する都市であり、4000年の歴史を持つとされます。現在はシリア内戦により観光はできませんが、平和が再び訪れることを祈って内線以前の画像をもとに見どころを紹介して行きます。






聖地を結んだ駅舎、ヒジャーズ駅

ダマスカス国際空港から30kmほどの場所にあるヒジャーズ駅。
ここはダマスカス中心部に位置します。
オスマン帝国時代に開かれたヒジャーズ駅は、1908年-1920年までサウジアラビアの聖地マディーナへの区間を結んでいました。
現在は列車の乗り入れはありませんが内部を見ることは可能で、ステンドグラスや手摺の装飾が美しいです。

活気ある旧市街のスーク、ハミディーエ

ヒジャーズ駅からナセル通りを通った旧市街の入り口にあるのがスーク・ハミディーエ。
スークとはイスラム教国の市場のことで食料品、衣料品、香辛料、雑貨などありとあらゆる品々が売られています。
通りを外れて迷路のように入り組んだ路地にもお店があるので、好奇心のおもむくままに回ってみましょう。

シリアではアラビア語が公用語として用いられており、英語はほとんど通じません。
アラビア語の勉強はしておくべきでしょう。
人々で賑わうスーク・ハミディーエの終わりに差し掛かると右側にウマイヤド・モスクのミナレット(尖塔)が見えてきます。

スーク・ハミディーエの住所・アクセスや営業時間など

名称 スーク・ハミディーエ
住所 Souq Al Hamidya St, Damascus, Syria
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://search-ethnic.com/souq-al-hamidiyyeh
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スーク・ハミディーエのスポットページ

イスラム教聖地の1つ、ウマイヤド・モスク

ここは715年に建てられた世界的に有名なモスク。
イスラム教第4の聖地として知られています。
しかし元々はキリスト教の教会として作られて洗礼者ヨハネの墓があることから、キリスト教徒の聖地ともされています。
ウマイヤド・モスクはそのような複雑な歴史を背景に、双方の巡礼を認めているのです。

モスクの入り口は靴を脱いでから入ります。
ミナレットからは1日5回、イスラム教徒への礼拝の呼びかけが行なわれ(アザーン)、人々はメッカの方角に向かってお祈りをします。
1日の最後、夜の礼拝(イシャーン)の頃モスクはライトアップされて幻想的な姿に変わります。







Umayyad Mosqueの住所・アクセスや営業時間など

名称 Umayyad Mosque
住所 Old City, Damascus, Syria
営業時間・開場時間 不明
利用料金や入場料 50SP
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Umayyad Mosqueのスポットページ

ダマスカス統治者が建てた、アゼム宮殿

アゼム宮殿はオスマン帝国時代、1749年にダマスカスの統治者アサド・パシャ・アル・アゼムが建てたイスラム建築様式の宮殿です。
現在は、民族博物館として公開されています。
宮殿の外壁のグラデーションは石灰岩、砂岩、玄武岩、大理石などいくつかの石材を組み合わせて作られています。

広々としたパティオに噴水が1つあるだけで、外気の暑さが和らいで感じられますね。

アゼム宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 アゼム宮殿
住所 Al-Hariqah, Damascus,Syria
営業時間・開場時間 9:00~15:30
利用料金や入場料 150SP
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Azm_Palace
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アゼム宮殿のスポットページ

死してなお英雄の墓、サラディーン廟

ウマイヤド・モスクの北門を出ると見えるのがサラディーン廟。
サラディーンは聖地エルサレムを十字軍から取り戻したアラブの英雄です。
彼の優れた点は軍事的才能けではありません。
血をなるべく流さずに戦いを終わらせようとしたサラディーンは、当時エルサレムの地にいた身代金を払えない捕虜を解放するなど寛大な心を見せました。
次のページでは『世界で初めて殺人の起きた場所、カシオン山』を掲載!
次のページを読む >>
Eileen

Writer:

ギターを弾いて唄ったり踊ったりするのが好きです。 初めて訪れる場所、見知らぬ土地。けれど住む人々とひとたび心を交わせば、次は自分の帰る場所、故郷になっている。そんな旅行が好きです。

この記事のカテゴリ

中東
建築
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

中東の記事を見る

高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
どんな国?意外と知らない「ドバイ」の歴史と魅力を徹底解剖!
神様の教えのもとでたくましく――〈サウジアラビア〉の歴史
華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
国境を持たない遊牧民族、中東に住むベドウィン族の変わりゆく姿とは?
【ペトラ遺跡】何百年も忘れ去られていた不思議な古代都市
死海文書ってなに?2018年に終末戦争が起こり人類は終焉を迎えるって?
現在に続く混迷の先に――〈中東戦争〉の歴史
玉の輿に暗殺未遂、預言者と波乱万丈の人生を送ったムハンマドってどんな人生だった?
神様から知恵を授かったソロモンと絶世の美女シバ王女のエピソードってちょっとユニーク
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?