歴史ある街、シリアの古代スポット5選

昨今、シリアの名前は私たち日本でもよく聞く名前となってしまいました。戦いの場になってしまっているシリアですが、私たちが知らない古代の貴重な建物が今なおたくさん残されていることをご存知でしょうか。今回はそんな知られざるシリアの遺跡を中心にご紹介していきたいと思います。

世界最古の美しきモスク、ウマイヤド・モスク

世界最古の美しきモスク、ウマイヤド・モスク

image by iStockphoto

独特の装飾が美しいウマイヤド・モスクは705年に作られた世界最古のモスクと言われています。
その規模も世界で一番大きいもの。
世界遺産である、古代都市ダマスカスの一つです。
歴史あるこの場所を守ることも私たちの役目ではないのでしょうか。

ウマイヤド・モスクの住所・アクセスや営業時間など

名称 ウマイヤド・モスク
住所 Damascus, シリア
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウマイヤド・モスクのスポットページ

神々しいアーチが立ち並ぶ広間

神々しいアーチが立ち並ぶ広間

image by iStockphoto

規則的に並ぶ橙色に照らされたアーチと開けた空間が印象的。
暗雲とした空も雰囲気がありますね。
まさに神様と言葉を交わせるのではないかと思えてきます。

ウマイヤド・モスクの住所・アクセスや営業時間など

名称 ウマイヤド・モスク
住所 Damascus, Syria
営業時間・開場時間 10:00-18:00(冬季16:00)
利用料金や入場料 非イスラム 50SP
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウマイヤド・モスクのスポットページ

シリア最大の都市であるアレッポに存在する古代の城

シリア最大の都市であるアレッポに存在する古代の城

image by iStockphoto

トルコとの国境近くに位置するアレッポはシリアで最も大きな都市。
アレッポ城はアレッポの旧市街の真ん中にある高い丘の上に建てられています。
その景色はまさに絶景。
地震で破損しながらも、今の姿を保っています。

アレッポ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 アレッポ城
住所 シリア 北西部
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/21/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アレッポ城のスポットページ

正面から見たアレッポ城

正面から見たアレッポ城

image by iStockphoto

アレッポの街は城壁で囲まれており、7つの城門があるそうです。
アレッポ城はその中央に君臨しており、まさしく、街を守るための砦だったようですね。
高い丘は一部人工のものだそうです。








アレッポ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 アレッポ城
住所 アレッポ ジャバル・サムアーン アレッポ
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 150SP
参考サイト http://www.ealeppo.sy/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アレッポ城のスポットページ

世界遺産ボスラの古代劇場

世界遺産ボスラの古代劇場

image by iStockphoto

世界遺産に登録されている古代都市ボスラ。
こちらの劇場は2世紀頃に作られたものではないかと言われています。
そんな昔に、現在と変わらぬ形式の劇場があったことに驚きを隠せません。

Ancient City of Bosraの住所・アクセスや営業時間など

名称 Ancient City of Bosra
住所 シリアの首都ダマスカスの南約110kmにある、世界遺産都市パルミア
営業時間・開場時間 ISとの紛争で破壊?
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%A9
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Ancient City of Bosraのスポットページ

美しき聖騎士団の拠点、クラック・デ・シュヴァリエ

美しき聖騎士団の拠点、クラック・デ・シュヴァリエ

image by iStockphoto

かつて、聖ヨハネ騎士団の拠点として使用されていたとされるクラック・デ・シュヴァリエ。
聖騎士団の名の下、今でも美しい色を保っている城は神秘さを感じさせられます。
その名は城塞都市に由来しているんだそう。

Krak des Chevaliersの住所・アクセスや営業時間など

名称 Krak des Chevaliers
住所 Krak des Chevaliers, Syria
営業時間・開場時間 現地時間08:30-19:00
利用料金や入場料 300シリアポンド
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Krak_des_Chevaliers
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Krak des Chevaliersのスポットページ

歴史を感じさせるその内側

歴史を感じさせるその内側

image by iStockphoto

私たちからは想像もできないくらいの時間を過ごしてきているにも関わらず、その内側は当時の様子をよく物語ってくれています。
長い時間の中、大勢の人々と共にあったことを思うと感慨深くも感じられますね。
次のページでは『シリアといえば、やはりパルミラ遺跡』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

中東の記事を見る

高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
どんな国?意外と知らない「ドバイ」の歴史と魅力を徹底解剖!
神様の教えのもとでたくましく――〈サウジアラビア〉の歴史
華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
国境を持たない遊牧民族、中東に住むベドウィン族の変わりゆく姿とは?
【ペトラ遺跡】何百年も忘れ去られていた不思議な古代都市
死海文書ってなに?2018年に終末戦争が起こり人類は終焉を迎えるって?
現在に続く混迷の先に――〈中東戦争〉の歴史
玉の輿に暗殺未遂、預言者と波乱万丈の人生を送ったムハンマドってどんな人生だった?
神様から知恵を授かったソロモンと絶世の美女シバ王女のエピソードってちょっとユニーク
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?