神はここにいたか…シリアで見れる幻想的な絶景6選

シリアは世界史の縮図といわれるほど、様々な国の支配を受けてきた6000年の歴史をもつ国です。その中には戦争や紛争といった悲しい歴史もありますが、それらを凌ぐ文化や宗教の豊かな歴史がありますのでご紹介します。

ウガリット神話①始まり『古代都市ウガリット』

ウガリット神話①始まり『古代都市ウガリット』

image by iStockphoto

古代都市ウガリットは、地中海東岸のラタキア県から北 数kmのラス・シャムラにありました。
この古代都市遺跡から出土された粘土板文書に記されていたのがウガリット神話です。
日本の古事記に少し似た感じの神話です。

ウガリット遺跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウガリット遺跡
住所 Ras Shamra,Latakia Governorate,Syria
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88_%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウガリット遺跡のスポットページ

ウガリット神話②出会いの場所『地中海』

ウガリット神話②出会いの場所『地中海』

image by iStockphoto

ウガリット神話の最高神エルが、海で洗濯をしていた女神アーシラトとアスタルトを見初め招待、その後2人は妻となりエルと彼女たちの間に神々が生まれるんです。
その海が地中海かどうかは分かりませんが、とても美しい海ですね。

地中海の住所・アクセスや営業時間など

名称 地中海
住所 Laodicea ad Mare
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%AD%E6%B5%B7
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

地中海のスポットページ

ウガリット神話③主人公バアル『パルミラ』

ウガリット神話③主人公バアル『パルミラ』

image by iStockphoto

シリアのホムス県にあるパルミアです。
ここはシルクロードの中継都市として発展し、交易の関税により都市国家として繁栄した遺跡が残る場所です。
最高神エルの子バアルが祀ってあります。

image by iStockphoto

バアルの神殿です。
神話でバアルは嵐の神、その雄々しい活躍ぶりは自然界を模した表現で描かれていて、なんとなくスサノオノミコトに似てる感じなので親近感を感じると思いますよ。








image by iStockphoto

ほかにも豊穣の神、太陽の神、月の神と、かなりハードな神が登場し戦いを繰り広げる神話なのですが、このシルクロードの先にある日本にも話が届いたのかもしれませんね。

パルミラの住所・アクセスや営業時間など

名称 パルミラ
住所 Palmyra, Syria
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%A9
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パルミラのスポットページ

キリストの言語?『マアルーラ』

キリストの言語?『マアルーラ』

image by iStockphoto

マアルーラはダマスカスの北東にあり、イエス・キリストが話したアラム語という方言を使う人々が住む、数少ない村の一つ。
神殿などがあり多くの巡礼者が訪れるそうです。
どんなに険しい場所でも、そこで文化を守っていてくれる人達がいてくれているって有り難いですよね。

シリア マアルーラ の住所・アクセスや営業時間など

名称 シリア マアルーラ 
住所 シリア・アラブ共和国 リーフ・ディマシュク ダマスカスの北東56km
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A9
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シリア マアルーラ のスポットページ

神秘の街『ダマスカス』

神秘の街『ダマスカス』

image by iStockphoto

ダマスカスは世界で最も古くから人が永続的に住み始めた都市です。
また、あのアダムとイヴが登場する『エデンの園』のモデルとなった場所がここにあります。
なにか、とんでもない魅力がありそうな街ですね。
次のページでは『天空の城『クラック・デ・シュヴァリエ』』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

中東の記事を見る

高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
どんな国?意外と知らない「ドバイ」の歴史と魅力を徹底解剖!
神様の教えのもとでたくましく――〈サウジアラビア〉の歴史
華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
国境を持たない遊牧民族、中東に住むベドウィン族の変わりゆく姿とは?
【ペトラ遺跡】何百年も忘れ去られていた不思議な古代都市
死海文書ってなに?2018年に終末戦争が起こり人類は終焉を迎えるって?
現在に続く混迷の先に――〈中東戦争〉の歴史
玉の輿に暗殺未遂、預言者と波乱万丈の人生を送ったムハンマドってどんな人生だった?
神様から知恵を授かったソロモンと絶世の美女シバ王女のエピソードってちょっとユニーク
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?