大自然の神秘…イエメン・ソコトラ島で見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景

アラビア半島の縁にあるイエメン共和国から200kmほど南の洋上に浮かぶソコトラ島は、傘のような姿をした竜血樹をはじめとする独特の生態系から「インド洋のガラパゴス」と呼ばれ世界遺産に登録されているほか、各所にある美しい砂浜と対照的な島内の険しい山地との強烈な魅力あふれる景観が注目されています。今回はそのソコトラ島の見どころの中から水にまつわる風景を紹介していきます。


ソコトラを代表するコバルトブルーの集落、カランシア

ソコトラを代表するコバルトブルーの集落、カランシア

image by iStockphoto / 24075326

ソコトラ島を訪れたら、まず外せない見どころの一つが島の北東部に広がる美しい遠浅のビーチ。
そのカランシアはソコトラでは2番目に大きな村です。
いまだリゾート化されていない素朴なありさまがかえって魅力です。

image by iStockphoto / 25215563

カランシアからは漁のためのボートが澄んだ海原にそろって繰り出す光景がしばしば見られます。
沖のイルカを見学できるボートも発着しています。

聖域の海岸、シュワブ・ビーチ

聖域の海岸、シュワブ・ビーチ

image by iStockphoto / 15665598

カランシアからボートで約一時間ほどのシュワブ・ビーチの砂浜の美しさも圧巻です。
手つかずの白い砂と青い海のコントラストが鮮やかな、自然そのままのビーチの素晴らしさを体感できる聖域です。

image by iStockphoto / 37833964

シュワブ・ビーチ近くにある洞窟。
ソコトラ島にはこのような海岸の洞窟や内陸の山腹に鍾乳洞が多く見られます。

青と白の感動の絶景、デトワ・ラグーン

青と白の感動の絶景、デトワ・ラグーン

image by iStockphoto / 16266269

カランシアのすぐ北側に広がるデトワ・ラグーンはソコトラ島の中でも最も美しく感動的な場所と言っても良いでしょう。
あたり一面を見回しても白い砂浜と透きとおったコバルトブルーの海、そして空以外には何もなく、ただ強い風のみが吹き渡る光景は、世界の他のどの高名なビーチでもまず見られない、強烈な感動をもたらします。

ディクサム高地の憩いの清流

ディクサム高地の憩いの清流

image by iStockphoto / 83486277

荒涼とした岩肌に巨大なキノコのような竜血樹が点々と生えることで有名な、ソコトラ島内陸のディクサム高地の山服にはところどころに澄んだ谷川があり、キャンプ地としても人気です。

ホムヒル山の青い天然のプール

ホムヒル山の青い天然のプール

image by iStockphoto / 28251720

島の北東部にあるホムヒル山へ向かう途中には、石灰岩の台地のところどころにエメラルドグリーンの淡水池があり、ビーチとは違った魅力が味わえます。

関連記事を見る

イエメンの記事を見る

地球を感じる絶景!インド洋に浮かぶ奇跡の島、イエメン・ソコトラ島の景色5選
【イエメン】砂漠に忽然と現れる「砂漠の摩天楼」!シバームの旧城壁都市の歴史
自然の神秘が詰まったイエメンの絶景10選
絶景はここにもあった!イエメン・サナアで見るべき観光スポット5選
絶景!イエメンの世界遺産「サナア旧市街」がとっても奥深い4の理由
世界はこんなにも美しい!死ぬまでに見ておくべき25の絶景
イスラムとアラビアが混同する世界最古の街『サナア旧市街』