オスマン帝国の栄光も残る、トルコ・イスタンブール観光の見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。トルコ・イスタンブールの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。


世界で最も美しいモスク『ブルーモスク』

世界で最も美しいモスク『ブルーモスク』

image by iStockphoto / 78631767

イスタンブール旧市街に建つブルーモスクは、正式名をスルタンアフメット・モスクといい、1609~1616年にかけて建てられました。
世界でここだけしかない6本のミナレット(尖塔)に囲まれた直径27.5mのドームが美しく、遠くからでもその大きさがわかります。
遠くから見ても近くから見ても魅力的な存在感があり、世界で最も美しいモスクと言われるのも納得です。
朝・昼・夕方・夜、どの時間帯に訪れても空の色との調和が見事で、見飽きない外観となっています。

スルタンアフメット・モスクの住所・アクセスや営業時間など

名称 スルタンアフメット・モスク
名称(英語) Sultanahmet Camii
住所 At Meydanı No:7, 34122 Fatih/İstanbul
営業時間・開場時間 08:30 – 11:30, 13:00 – 14:30, 15:30 – 16:45, 金曜は13:30−
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://sultanahmetcamii.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スルタンアフメット・モスクのスポットページ

繊細で豪華な『ブルーモスク』の内観

繊細で豪華な『ブルーモスク』の内観

image by iStockphoto / 30087626

ブルーモスクの内部は、壁・柱・アーチすべてが青と白のタイルやモザイクの幾何学的な装飾で隙間なく埋められています。
その名のとおりブルーの光に包まれた内部の繊細で美しい装飾には、時を忘れて見入ってしまうほどです。
今もモスクとして機能しているため、礼拝の時間は観光客は見学することが出来ません。
礼拝の時間は季節によって変わるので注意が必要です。
また、女性はスカーフをかぶる必要がありますが、入口で借りることが出来ます。

オスマン帝国の贅を尽して建てられた『トプカプ宮殿』

オスマン帝国の贅を尽して建てられた『トプカプ宮殿』

image by iStockphoto / 75147175

トプカプ宮殿は、オスマン帝国の支配者の居城として1459~1465年という7年近くの歳月をかけて建てられた宮殿で、400年の間政治の中心だった場所です。
海に囲まれた丘の上に建つ宮殿内はとても広く何箇所も部屋があり、大理石の柱や庭園などどこを見ても豪華絢爛で、オスマン帝国の贅を尽して建てられた様子が伺えます。
他にもハレム、宝物庫など見どころがたくさんあり、中でもエメラルドが数個はめ込まれている短剣と数10カラットある大きなダイヤモンドは必見です。

トプカプ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 トプカプ宮殿
名称(英語) Topkapi Palace
住所 Cankurtaran Mh., 34122 Fatih/İstanbul
営業時間・開場時間 9:00 – 16:45
利用料金や入場料 40トルコリラ
参考サイト http://topkapisarayi.gov.tr/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トプカプ宮殿のスポットページ

長い歴史の中姿を変えていった『アヤソフィア』

長い歴史の中姿を変えていった『アヤソフィア』

image by iStockphoto / 69878589

ブルーモスクの対面に建ち、地上55m、直径31mもある巨大なアヤソフィアは、長い歴史の中で姿を変えていった歴史的価値がある場所です。
360年ビザンチン帝国時代にキリスト教の教会として建設されましたが、オスマン帝国時代にイスラム教のモスクに作り替えられ、現在の博物館に至りました。
今はモスクとしての機能はありません。
支配者が変わると破壊される建物も多い中、キリスト教時代のモザイク画が漆喰で上塗りされただけで済んだアヤソフィアは運がいいと言えます。


アヤソフィアの住所・アクセスや営業時間など

名称 アヤソフィア
名称(英語) Hagia Sophia Museum
住所 Sultanahmet Mh., Ayasofya Meydanı, Fatih/İstanbul
営業時間・開場時間 9:00 – 19:00(夏期), 9:00 – 17:00(冬期)
利用料金や入場料 40トルコリラ
参考サイト http://ayasofyamuzesi.gov.tr/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アヤソフィアのスポットページ

イスラムとキリストが共存する独特なアヤソフィアの内観

イスラムとキリストが共存する独特なアヤソフィアの内観

image by iStockphoto / 88979641

アヤソフィアの内観は、イスラム教とキリスト教が共存する独特な雰囲気と、トルコの長い歴史を体現していた建造物としての価値が魅力的です。
キリスト教の教会をモスクに作り替えたため、壁の一部が剥がされた箇所にはキリスト教時代に描かれたモザイク画があり、イスラムの世界観の中に、キリスト教時代の名残を感じることが出来ます。
また、2階からはドームに描かれた見事なモザイク画を近くで見ることが出来ます。
窓から見えるブルーモスクも美しく、特に夕暮れ時はおすすめです。

神秘的な巨大貯水池、地下宮殿

神秘的な巨大貯水池、地下宮殿

image by iStockphoto / 25742863

地下宮殿は、4~6世紀に作られた巨大な貯水池で、王宮や宮殿に水を供給するために使われていた空間です。
地下へおりると、静寂な雰囲気の中ライトアップされた何本ものイスラム様式の柱が水面に浮かび神秘的です。
奥へ進むとメドゥーサの首が二つ、逆さ向きと横向きで鎮座しています。
なぜ不自然な向きで置かれているのかは諸説あり、メドゥーサの首が持つ見る者を石に変えてしまうパワーを地下に向けたという説や、貯水地の工事作業員が作業中にメドゥーサと目が合うのを避けたかったからという説があり興味深いです。

イスタンブル地下宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 イスタンブル地下宮殿
名称(英語) Basilica Cistern
住所 Alemdar Mh., Yerebatan Cd. 1/3, 34410 Fatih/İstanbul
営業時間・開場時間 夏期 9:00 – 18:30, 冬期 9:00 – 17:30
利用料金や入場料 20トルコリラ
参考サイト http://yerebatansarnici.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イスタンブル地下宮殿のスポットページ

新市街のシンボル、イスタンブール旧市街が一望できる『ガラタ塔』

新市街のシンボル、イスタンブール旧市街が一望できる『ガラタ塔』

image by iStockphoto / 81687043

イスタンブール新市街のシンボル・ガラタ塔は、9階ある高さ66.9mの石造りの円筒形の塔です。
528年ビザンチン帝国時代に灯台として建てられました。
小高い丘の上にあるため、旧市街からもよく見えます。
また、屋上へはエレベーターとらせん階段でのぼることが出来るため、イスタンブールの美しい街並みをパノラマで眺められる絶好の観光・撮影スポットとなっています。
アジア側とヨーロッパ側を見渡すことが出来るのも魅力です。
屋上階はレストランとなっているので、素晴らしい景色を見ながらゆったりとした時間を過ごすのもおすすめです。
次のページでは『観光の拠点『スルタンアフメット広場』』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

トルコの記事を見る

華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
最も保存状態の良い円形劇場ヒエラポリスをはじめ、トルコ「パムッカレ」で見たい絶景10選
徒歩圏内でアートが楽しめるトルコ「コンヤ」で見たい絶景10選
収容人数1万人と言われる円形劇場アクロポリスをはじめ、トルコ「ベルガマ」で見たい絶景10選
美しい遺跡の数々を擁する絶景の宝庫!トルコ「エフェス」
がっかり世界遺産なんて呼ばせない!トルコ「トロイ遺跡」の魅力
モスクがそのまま博物館になった!イスタンブールの「カーリエ博物館」
イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」
ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」