神はここにいたか…イランで見れる幻想的な絶景5選

世界的に有名な物語群、「アラビアンナイト」の国であるイラン。神秘のヴェールに包まれたイランは、中近東の国の中で最も世界遺産が多い国でもあります。アラビアン情緒あふれる広場やモスクは、まさにアラビアンナイトの絵本から飛び出してきたかのよう。今回は、そんな神秘の国イランの幻想的な名所・観光スポットを5つご紹介します。

「世界の半分がここにある」、唄にも登場した美しき広場「イマーム広場」

「世界の半分がここにある」、唄にも登場した美しき広場「イマーム広場」

image by iStockphoto / 87281035

イマーム広場とは、イランの首都、テヘランから約340㎞離れた場所にある「イスファハーン」にある世界遺産です。
イスラム教の聖典「コーラン」に記された理想郷の描写をもとに作られた広場には、かつての栄華をしのばせる美しい幾何学模様が施されたモスクや優雅な噴水が遺されています。
イランは、かつて「世界の半分がここにある」と歌われるほどの文明が栄えた国。
イマーム広場は、その優雅な文明を垣間見ることができる名所のひとつといっても過言ではありません。

image by iStockphoto / 87279091

Imam Square (Meidan Emam)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Imam Square (Meidan Emam)
住所 Naqsh-e Jahan Square, Isfahan, Iran
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://nl.wikipedia.org/wiki/Meidan_Emam
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Imam Square (Meidan Emam)のスポットページ

かつての繁栄を偲ばせる古代遺跡「ペルセポリス」

かつての繁栄を偲ばせる古代遺跡「ペルセポリス」

image by iStockphoto / 78848251

ペルセポリスとは、かつてイランの地で栄えた王朝「アケメネス朝」の都市遺跡です。
そのスケールは王朝が滅びてから2000年以上経った現在でも壮大で、総面積にして約13万平方mといわれています。
この規模はイランでは最大、中近東諸国の遺跡群でもひときわ目を引くスケールとなっています。
これらの遺跡群には、宮殿の入り口や玉座の間、貴重なレリーフが施された階段などが遺されています。
一歩足を踏み入れれば、古代文明の地へとタイムスリップしたかのような不思議な感覚が味わえますよ。

image by iStockphoto / 82143197








ペルセポリスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ペルセポリス
住所 About 50 Km North of Shiraz, Persepolis 71364, Iran
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/114/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ペルセポリスのスポットページ

人々で賑わう歴史的商業施設「タブリーズのバザール」

人々で賑わう歴史的商業施設「タブリーズのバザール」

image by iStockphoto / 41875208

タブリーズは、シルクロードを行き来するキャラバン達を多く迎え入れる商業都市として発展した街です。
そんなタブリーズのバザールは、1000年以上の長い歴史を持つ貴重な商業施設であり、名称もそのまま「タブリーズのバザール」としてユネスコ世界遺産に登録されました。
現在のバザールの原型は、15世紀ごろにはすでに出来上がっていたといわれています。
古き良きアラビアン情緒が残る市場は、多くの買い物客やきらびやかな商品たちで溢れかえっており圧巻のひとこと。

image by iStockphoto / 36944158

タブリーズのバザール(B?z?r Tabriz)の住所・アクセスや営業時間など

名称 タブリーズのバザール(B?z?r Tabriz)
住所 Tabriz, East Azerbaijan.
営業時間・開場時間 お店による
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1346/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タブリーズのバザール(B?z?r Tabriz)のスポットページ

「ローズモスク」の別名でも知られる「ナシールアルモスク」

「ローズモスク」の別名でも知られる「ナシールアルモスク」

image by iStockphoto / 14595562

イランでも有数の美しい街として知られる「シラーズ」にあるモスクです。
18世紀から20世紀初頭にかけて栄えた王朝・ガージャール朝の時代に建てられた、美しい礼拝堂として知られています。
ナシルアルモスクの最大の特徴は、モスク内部にあるステンドグラスです。
色とりどりのステンドグラスから光が差し込めば、モスクの絨毯に美しい模様が浮かび上がり、なんとも神秘的な光景を見ることができます。
また、モスクのいたるところではバラのモチーフが施されています。
この特徴から、ナシルアルモスクは別名「ローズモスク」とも呼ばれているそう。

次のページでは『レンガ造りの美しいバザール「ヴァキール市場」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イランの記事を見る

【イラン・イラク戦争】真っ直ぐ続く不自然な国境線が、いまも戦争の歴史を語っています
完璧な国家体制は後世まで見本とされたイランの王朝!ローマ帝国が倒せなかったササン朝ペルシアってどんな歴史?
もう、現実には戻れない?! この世の楽園モルディブであなたを待っている絶景
地上の楽園とは此処のことだったんだ…パラオ共和国の世界遺産、ロックアイランドと南ラグーン
奇跡の絶景「ロックアイランド」を見よう!パラオ共和国観光の見どころ・スポットまとめ
アトラクションではしゃいだ後に!山梨「富士急ハイランド」周辺の人気スポット6選
歴史を感じる絶景ばかり!イランの世界遺産21選
旅行業界もいま改めて注目している国「イラン」の魅力
西アジアで成長著しいイラン「テヘラン」で行くべき観光スポット5選