歴史を感じる絶景ばかり!イランの世界遺産21選

今後注目の観光地として各国から注目されているイランは、中東で最も世界遺産が多い事でも知られており、現在21個ものスポットが世界遺産として登録されています。今回はイラン芸術の発展と、宗教など文化の歴史に触れられるイランの世界遺産についてご紹介します。

楽園を元に作られたイスファハンのイマーム広場

楽園を元に作られたイスファハンのイマーム広場

image by iStockphoto / 19916380

イスファハンのイマーム広場は、1598年、サファヴィー朝の首都がイスファハンへ遷都された際に築いた街「イスファハン」の中心に建てられた広場です。
当時のイスファハンは「世界の半分」といわれるほどの繁栄を誇り、その美しさは「イランの真珠」ともいわれています。
コーランに記された楽園を目標に作られたといわれており、青を基調とした繊細なアラベスク模様のタイルで覆われたモスクや宮殿が広場の周囲を囲んでいます。

イマーム広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 イマーム広場
住所 Isfahan Province, Isfahan, ????? ??? ?????, Iran
営業時間・開場時間 24時間 
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Naqsh-e_Jahan_Square
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イマーム広場のスポットページ

青のアラベスクが美しいイスファハンのマスジェデ・ジャーメ

青のアラベスクが美しいイスファハンのマスジェデ・ジャーメ

image by iStockphoto / 70622497

「金曜モスク」ともいわれるイラン最古のモスクであるイスファハンのマスジェデ・ジャーメは、ペルシャ王朝の8世紀に創建されたといわれて

います。
イスラム教では偶像崇拝を禁止しているため、イスファハンのマスジェデ・ジャーメでは幾何学模様のアラベスク模様などを取り入れた美しい装飾で、祈りを捧げています。
美しい外観は1000年以上の時を経ても色あせぬ事なく輝き、現在でも金曜日には大勢の人が集まり礼拝が捧げられる聖地となっているようです。

Masjed-e J?m? of Isfahanの住所・アクセスや営業時間など

名称 Masjed-e J?m? of Isfahan
住所 Isfahan Province, Isfahan, Majlesi St, Iran
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1397/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Masjed-e J?m? of Isfahanのスポットページ

ペルシアの神殿跡・ペルセポリス

ペルシアの神殿跡・ペルセポリス

image by iStockphoto / 87274359

ギリシア語で「ペルシアの都市」という意味を持つペルセポリスは、紀元前518年ごろ、アケメネス朝ペルシア帝国時代にダレイオス1世によって建てられた神殿跡です。
ペルセポリスを陥落させたアレクサンドロス大王が、宮殿から財宝を運び出すために一万頭のロバと五千頭のラクダを使ったという言い伝えから、およそ450mx300mの基盤の上には宮殿や王座、宝物庫、ロバや幸運を表す鳥・ホマの像が並んでいます。

ペルセポリスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ペルセポリス
住所 Marvdasht, Fars Province, Iran
営業時間・開場時間 現地時間8:00~20:00 
利用料金や入場料 150,000リアル(外国人) 20,000リアル(イラン人)
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Persepolis
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ペルセポリスのスポットページ

天然素材で作られた広大な要塞都市・バムとその文化的景観

天然素材で作られた広大な要塞都市・バムとその文化的景観

image by iStockphoto / 28181190

イラン南東部ケルマーン州にあるバムは、砂や粘土、藁などの天然素材で作られた要塞都市遺跡です。
過去に2度、アフガニスタンとシーラーズの攻撃を受けた事で、それ以降廃墟となってしまい、2003年に発生したマグニチュード6.5の地震によって大きな損傷を受けましたが、懸命な修復作業で危機を乗り越え、現在では以前のままの要塞都市が広がっています。

日干しレンガのような白く温かみのある都市は「砂漠のエメラルド」とも讃えられています。








Bam and its Cultural Landscapeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Bam and its Cultural Landscape
住所 Kerman Province, Bam District Iran
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1208/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Bam and its Cultural Landscapeのスポットページ

荒野で発見されたピラミッド・チョガ・ザンビール

荒野で発見されたピラミッド・チョガ・ザンビール

image by iStockphoto / 14016704

イランで初の世界遺産に登録されたチョガ・ザンビールは古代エラム人によって荒野の中にぽつんと建てられたレンガ造りを積み重ねて作られたようなピラミッドで、宗教施設として建てられたといわれていますが、人が住んでいた形跡はなく、謎に包まれた遺跡です。
1935年、油田調査中の飛行機によって偶然発見されたチョガ・ザンビールですが、保存状態は非常に良く、歴史的にも価値が高い遺跡として世界遺産に登録されました。

Tchogha Zanbilの住所・アクセスや営業時間など

名称 Tchogha Zanbil
住所 Khuzestan Province, Shush, ????????, Iran
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/113/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Tchogha Zanbilのスポットページ

イランで初めてのペルシャ式庭園・パサルガダエ

イランで初めてのペルシャ式庭園・パサルガダエ

image by iStockphoto / 87018011

パサルガダエは古代ペルシャの都市で、アケメネス朝によって建てられた最初の都市でしたが、キュロス2世の死により街の建設は途中で終わってしまったそうです。
パサルガダエの中でも、丘の近くにそびえるタレ・タフト要塞と王室の庭園で構成された「キュロス2世の墓」といわれている建造物が有名で、この庭園はイランで最初に四分法に基づいて建てられたペルシャ式庭園といわれています。

Pasargadaeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Pasargadae
住所 Pasargad, Fars Province, Iran
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1106/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Pasargadaeのスポットページ

ヨーロッパに憧れて建てられたゴレスターン宮殿

ヨーロッパに憧れて建てられたゴレスターン宮殿

image by iStockphoto / 76481299

ゴレスターン宮殿は18世紀末、カージャール朝の4代目の王・ナーセルッディーン・シャーによって建てられたヨーロッパ風の宮殿です。
ヨーロッパを何度も訪問し、その優雅さに憧れを持っていた王は、ヨーロッパ、ペルシャ建築様式を取り入れた宮殿を建てたいと命じました。
特に美しいのが、一面鏡張りで、シャンデリアの光が美しい「輝きの間」と名付けられた部屋で、こういった様式が後のイラン芸術に大きな影響を与えたといわれています。
次のページでは『ソロモン王の伝説が残る聖地タフテ・ソレイマーン』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イランの記事を見る

【イラン・イラク戦争】真っ直ぐ続く不自然な国境線が、いまも戦争の歴史を語っています
完璧な国家体制は後世まで見本とされたイランの王朝!ローマ帝国が倒せなかったササン朝ペルシアってどんな歴史?
もう、現実には戻れない?! この世の楽園モルディブであなたを待っている絶景
地上の楽園とは此処のことだったんだ…パラオ共和国の世界遺産、ロックアイランドと南ラグーン
奇跡の絶景「ロックアイランド」を見よう!パラオ共和国観光の見どころ・スポットまとめ
アトラクションではしゃいだ後に!山梨「富士急ハイランド」周辺の人気スポット6選
神はここにいたか…イランで見れる幻想的な絶景5選
旅行業界もいま改めて注目している国「イラン」の魅力
西アジアで成長著しいイラン「テヘラン」で行くべき観光スポット5選